選りすぐった結婚のおすすめ体験談を、新着順に表示しています。

<<  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  >>

投稿者:しゆっき
緊張に耐えられず・・・

結婚式のときの「誓いの言葉」の前から
あのなんともいえない緊張した雰囲気が可笑しくなって
しまってすごく笑いに耐えていました。
後ろから見ていた人に言わせれば二人とも肩が震えてた
そうです。

誓いの言葉を言おうと主人が声を発しようとした
瞬間、やはり耐えられず、ぶーっと噴出してしまいました。
もちろん、耐えていた私も噴出しました・・・

参列者は一緒に笑っていましたが牧師さん(外人の方)を
ふと見るとすごいにらんでいました。

ふざけてると思ったんでしょうね・・・・

この体験談のURL

投稿者:あに子
幼馴染の結婚式で。

0歳のころから仲良くしている幼馴染の結婚式でのことです。
チャペルでの入場の時からすでに涙を流していた私。
0歳のころからの付き合いなのでたくさんの思い出なんかがあるからかなぜだかわりませんが涙が止まりませんでした。
その後結婚式でもかなり泣いました。

実は幼馴染というのは男で、私は女。

後日奥さんから聞いたのですが、結婚式で泣いていた私を見て奥さん側の友人達は私が幼馴染のことを好きなのだと思っていたらしい。。。

ということは結婚式の最中ずっと私は『可哀相な女』って目で見られてたのか?
確かに現在彼氏もいませんし〜
可哀相な女ですよ!!! この体験談のURL

結婚式の当日に台風直撃!!

そんなことはまさか想定してなかったので、バスの送迎や会場変更の連絡など、もうばたばたでした。
パニックの私たちに代わり、式場の方々がきびきび対処してくださったので、失敗というわけではないのかもしれませんが、人生の一大イベントの日に何も台風こなくても・・・と正直へこんでしまいました。
離れふうチャペルでのブーケトスも、ガラス張り宴会場での披露宴も、二次会もすべて変更になり、綿密にねった予定がパー!!!


でも、私たちの地方(鹿児島)では、結婚式に降る雨のことを「島津雨」といって大変縁起よいものとされるそうです。それをあとから知って、「今の幸せは島津雨のおかげかな」なんて思ったりしています。 この体験談のURL

投稿者:まーぼー
友達のスピーチで.........

結婚が決まるとマリッチブルーになりますよね。わたしもその一人で
結婚式が近づいて「この人でいいんだろうか」と思うようになってしまい 今までの私の彼を知っているお友達に不安を相談しました。でも話をしたことで何か吹っ切れて 予定通り結婚が始まり、スムーズに進行して、私の友達のスピーチになったときです。なんと私が結婚前に相談したことをべらべらとしゃべり始めたではありませんか!新郎は「なんだ?何?どういうこと?」と少し私を疑っているし、まわりはざわざわして どうか友達の口をふさいで!と心の中でさけんでいました。なんとか その後は無事に終わりましたが、式の後 私の親に「あの友達は何なの!式を壊したいの!結婚式のスピーチスピーチに言うことじゃないでしょうが!」と怒っていました。私もスピーチの友達を間違ってしまったと後悔しています。でも彼は私を信じていたので 今結婚12年ですがとても仲良しです。スピーチした友達は昔から男運が悪く、今は×3です この体験談のURL

投稿者:みーちゃん
披露宴後、仲人さんが…

一大イベントである披露宴を和やかに無事終えられ、その後、幸せ気分で新婚旅行に出かけました。
旅行後、仲人をして頂いた夫の先輩宅に、お土産持参でお礼に伺ったところ、ご夫婦とも不機嫌顔…
どうも奥さまの方が、挙式当日に嫌な思いをされていたようで、ご挨拶に伺うまでの一週間ほどの新婚旅行の間に、怒りがピークに達したようでした。
何に怒っていたか?
まず、私達の親の仲人さんへの挨拶が簡単すぎた事。
あとは控え室で、疎遠感を感じた。
披露宴中に、私(新婦)が奥さんに声を掛けたりせずに、気を遣わなかった。
お礼(礼金)をすぐに包まなかった…などが原因だったようです。

結婚式など初めての経験で、色んな方面に気を遣い、やっと迎えた披露宴当日は、浮かれてしまい仲人さんへの心遣いが薄れてしまっていたんですね。
仲人さんの奥さまも30歳とお若く、初めて仲人という経験をされて、心身共に疲れられたのでしょう。

せっかく楽しく新婚旅行から帰宅し、これからの新生活に胸膨らませていたのが、その件で一気に台無しになってしまいました。

結婚式は、旅行を終えて実生活が始まるまで気を抜かない方が良いかも、ですね。。
(仲人さんへは、旅行帰宅後に伺った時にお土産と礼金を持参し、後に親達にもお詫びの電話を入れてもらい和解しましたが…)

この体験談のURL

投稿者:ぷうけ
キャンセルした新婚旅行

結婚式の5日程前から夫が連日の高熱。仕事を休めず市販の薬を飲み仕事に行ってましたが、前日リハーサルで式場入りした時には39度もあり、至急ホテルのコンシェルジェに相談、最寄の病院にかけこんだところ「肺炎です」と。親族との食事会を予定してたのに私だけ深夜まで夫の点滴に付き添う羽目に・・・。
式当日もまだ熱があったけど気力で乗り切ってくれ、でも新婚旅行は医師に「行った先で入院になりますよ」と言われキャンセル。しかも土日(式が日曜)で旅行会社に電話が通じず月曜日=旅行出発日当日キャンセルの連絡だったのでキャンセル料を半額も取られました・・・。国内だから20万程度で済んだけど、海外じゃなくて良かった・・・。
罪滅ぼしで半年後、海外に新婚旅行に連れて行ってもらったので良かったですが、あの20万は勿体無かった。 この体験談のURL

日本の伝統的な結婚式に憧れていた私。結婚式は白無垢で、と決めていました。白無垢・わたぼうし姿が、なんとも言えない清楚な感じがしたからです。
ただ、わたぼうしは、式が終わったらはずすんですね。写真を撮ったらわたぼうしをはずされて、カツラ姿に…。カツラ姿になると、日本髪が似合わないことが招待客に知られてしまい、とってもとっても恥ずかしかったです。
主人も招待客も「ウェディングドレスがきれいだったよ〜」と言ってくれるのですが、白無垢姿にはノーコメント…。白無垢を着れて満足はしましたが、大勢の招待客が来るときは、自分の顔やスタイルにあった式の形態を考えるのが大事かも…と思い、若干後悔しています。 この体験談のURL

投稿者:あまのじゃく
式場選びは予算から

結婚式は一生に一度のことと、妻の挙げたい場所の希望を叶えてあげようと、予算は度返しして、立地条件と妻の希望を最優先で検討しあました。12年前のことなので、インターネットの検索も今ほど何でも情報がそろう状態ではなかったので、住所をたよりに最寄り駅からの距離だけで選別し、行き当たりばったりで見に回りました。

結果は・・・

値段を絞らずアタックしたので、当然のことながら高いところほど環境が良く、結局分不相応な式場を借りることになりました。

本当は結婚後の新生活にお金は残しておきたいところですが華やかな結婚式のあとはピーピーの生活がしばらく続くことになりました。

予算を口にするのは男としてちょっと抵抗があるという皆さん。いくら式で見栄をはってもその後の生活が伴わなければその方が惨めですよ。いいづらいけど式場選びはまず予算で選択範囲を絞ってから見学されることをおすすめします。 この体験談のURL

<<  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話