みなさんから寄せられた結婚の失敗体験談を、新着順に表示しています。

<<  170  171  172  173  174  175  176  177  178  179  >>

投稿者:くみっぺ
教会式

ネールがはずれるので、接着剤でつけました。
指輪交換で手袋外れにくかったです。 この体験談のURL

投稿者:悔やんでも悔やんでも・・・
ドアが・・・

披露宴って、曲が流れて、良い感じのところでドアが開いて、うわーって拍手があって、二人は一礼の後一時停止して写真をパチパチ撮ってもらって・・・ってイメージですよね。友達の披露宴行ってもそうじゃなかったですか?
私達、曲を全て選択して、イメージして、ここで入場して、盛り上がるこの部分が高砂で・・・って、とにかく曲選びにこだわったんです。

なのに、ドアが開いたらまず会場内の大きな金屏風の後ろを通って、新郎→新婦みたいに登場。会場内はどこで拍手していいのかわからず、拍手はバラバラ。高砂に着いても曲はそのまま2番の頭が流れてる状態。ここは曲の中で一番盛り上がる部分を流すところやろ!!と。

営業担当に文句を言ったら、隣の会場の御客様が通るので。と言われたんです。だったら会場の外に屏風をたてたらいいんじゃないのか・・・。会場選びは、担当者が規則なんで。を言い訳に使わないところを選びましょう。有名ホテルだから大丈夫とあなどらず、細かいことまで確認を。

この体験談のURL

式場での打ち合わせで招待状や席次表等のペーパー関係の金額が想像以上に経費がかかりそうだったので、自分達で創ろうということになり、さっそく文房具やさんで一式セットになっているものを70人分注文しました。その後式場の打ち合わせとおもっていた以上に仕事が忙しくなってきたので、やはり全部式場におまかせして少し割高になってもしかたないということで、文房具やさんの手作りキットのキャンセルに行きました。そうしたらいきなり店員さんが血相をかえてそれは困ります!!一セット、二セットならともかく七セットキャンセルはメーカーにも返品しかねますので、全部お引取り願いますと言われ、しぶしぶ買い取りし、結局全て手作りすることに。おかげでフルタイムで働いている新郎新婦は毎晩深夜までかかって、何度も何度も修正を加えながら納得いく手作り招待状、席次表、メニュー表、席札などを作ったのでした。手作りで素敵だ!と多くに方々に感動していただきましたが、実は
こんな事情がありまして。。。 この体験談のURL

結婚式を最後の7月20日の海の日に(来年からは第三月曜になる)と決めたのに、お姑さんに親戚はみんな着物をきるんだから暑いし駄目!と却下され、披露宴の料理は勝手に一番高い物に変更してくるし、夫は親のいいなりで自分の意見を貫かないし、この先を考えると結婚自体迷い始めました。結局秋に式をして、料理は一番高い物とお姑さんの思うままにしましたが、親戚が着物を着るのも大変ということで、ほとんどの人が正装でした。だったら夏でもよかったのにと今でも悔しく思います。
この体験談のURL

いつも欲張りな私は、新婚旅行でもスケジュールをもりだくさん。
旦那さんは、当日までわけがわからずミステリーツアー状態。
にもかかわらず、現地のガイドのおすすめでタイで像に格安でのれると
いわれ、朝6:00にホテルに迎えにきてもらったりと。。
くったくたの毎日。夫婦揃ってまじめなので、遅刻厳禁とへんな責任感が出て「大切な初夜」は当然なし。
学生時代の合宿(運動部)よりもハードスケジュールでした。
新婚旅行はほどほどのスケジュールで皆さんは愛を育んでください この体験談のURL

投稿者:ゆゆ
評判がよかった料理

結婚式をもう終えた友達から、新婦は結婚式の料理食べる暇無いよ〜とは聞いていましたが、本当に食べるタイミングが無い!!
飲み物も飲めず(お酒が飲めない私に友達が気を使ってくれていてらしい・・・)、口の中はカラカラ。。。
付き添い人の方が気を使ってくれて、健康食品のクッキーをくれたのですが、口の中に一切水分が無いので、全然飲み込めず、式の間中、ず〜っと空腹でおなかがなっていました。。。

友達からは、とっても評判がよかった料理ですが、一口も口にできず、嬉しいような、悲しいようなです。。。
この体験談のURL

投稿者:kazenobuntarou
結婚式の当日

私の家内の話です。
もともと便秘症だった家内は、緊張してるせいもあり結婚式の2週間前から更に酷い便秘に悩まされていました。
あまりに便通が無く、お腹も痛いので式の2日前病院に診て貰ったそうです。
すると凄く強力な便秘薬とイチジク浣腸を処方されたみたいです。
帰ってからまず浣腸をしたのですが、全く効果がなくダメだったので、薬を飲んでみたそうです。
しばらく待ってみたけれど全く反応がなく、次の日も試してみたのですが結果は同じ  結局式当日を迎えてしまいました。
すると式の最中に急に便意を催して来たのです。あまりの頑固な便秘だったので2日たってから薬が効いてきたらしく、何度も席を離れてトイレに駆け込んでいました。
結局式が終わる頃にはげっそりとやつれてしまい見る影も無いほど疲れていました。今でも写真をみると2人で笑ってしまいます。 この体験談のURL

投稿者:もちみか
海外の挙式で、、、

GUAMで挙式をあげる為に海外へ両家の両親と、うちのいとこ3名で行きました。
日本と海外の旅行会社でずれがるのか、話が当日きいたところ、
ドレスの値段や、金額などまったく違うことになっており、
ドレスを1着着るのに30万かかるといわれてしまいました。。
無料貸し出しはたくさんあると日本で言われていたのですが、
実際行くと、きばんだ糸がほぐれているドレスが私のサイズで選択できるのは1着のみでした。。

悩んでからきめてもいいですよ、あと39分まちますね

と言われ、

一生に一度なので、30万だしても夫は着てもいいよと
やさしくほほえむなか、二人で決断しきることに。。


その着用中、うちの父が真っ赤な顔でとんできました!

「さぎじゃーー!もうここで結婚式なんてしなくていい。日本でやるぞ!」と飛びこんできました。

結局しぶしぶ黄色いドレスを着たのですが、
父が、入場する前「ごめんね、この大事な日に」
とつぶやきました。

もうそれでよかったです、
ドレスなんかより、こうやって愛するひとと結婚でき、
両家の両親にもお祝いされ、幸せでした。

確かに着飾ることも女のこの夢ですが、一番は祝福されることが大切だなと感じます。

失敗といえば、しっかりウエディング会社を選別できなかったことですね笑 この体験談のURL

<<  170  171  172  173  174  175  176  177  178  179  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話