みなさんから寄せられた結婚の失敗体験談を、新着順に表示しています。

<<  148  149  150  151  152  153  154  155  156  157  >>

投稿者:アソパソマソ
一生モノなのに・・・

私たち夫婦はいわゆる「さずかり婚」のため、結婚式は挙げずに入籍だけをすることにしました。

両家に挨拶に行き、結納をするかどうかを確認したところ両家とも「しなくてもいい」との返事が・・・

それならばということで、2人で入籍日を決め、マリッジリングを注文したのです。もちろん入籍日入りで・・・


そしたら・・・
もうすぐリングが出来上がってくるという頃になって両家が口をそろえて「やっぱり結納はしておこう」とのこと・・・ orz

結局結納のおかげで入籍も延期になり・・・

今、左手にはまってるリングに刻まれている日にちは「希望の」入籍日になってしまいました


今となっては笑い話ですけどね
この体験談のURL

新婚旅行も終わり、お土産をもって挨拶回りに行ったときのことです。
主人の親戚の家にお邪魔し、話ているとだんだん足がしびれてきて、、、。長い長い話もしびれたままでしていたのですが、では失礼します。と立ち上がったとき、「ブチッ。グキッ」と足をひねってしましいました。しびれていたおかげて全く痛くはなく、「あはは」なんてごまかして帰ったのですが、帰ってみると靴が脱げないくらい腫れ上がっていました。しびれもおさまってくるとだんだん痛くもなってきました。
痛くて夜も眠れず、次の日病院へ行くと右足のじん帯が切れていて、ギブスをするはめに、、、。
そして会社もギブスをしての出社でした。
みんなからは「そんなにはしゃいだの?」「そんなにハードなことしたの?」なんてからかわれました。 この体験談のURL

投稿者:てらてら
結婚前夜

披露宴で流す為の、二人のプロモ用パワーポイント。
前夜にほぼ徹夜で完成させたため、
披露宴は夢うつつでした。 この体験談のURL

投稿者:かぼちゃん
新婚旅行の飛行機で、、、

結婚式の翌日、待ちに待った新婚旅行へ出発。行先はバリ島。私も夫も空港からテンション上がりっぱなし。空港内の免税店を見たり、レストランで軽食をとったりと優雅にのんびり過ごしていました。
さぁ、いよいよ搭乗時刻が迫ってきたので搭乗口に向かうと係員の方に「航空チケットを搭乗券に替えてきてください」と言われ、私も夫も呆然、、、そうです。私たちは両行会社から受け取った仮チケットを搭乗券に帰るのをすっかり忘れていたのです。慌ててカウンターに駆け込みましたが時すでに遅し、、、なんと離れ離れの席になってしまったのです。私は夫の2列後ろの席で夫のうなじしか見えない席に座るはめに、、、しかも隣はでっぷり肥ったアブラギッシュなおじさま、、、バリ島まで悪夢のような空の旅となりました。
この体験談のURL

投稿者:ブライトマン
式場選びに親が・・・

昔から結婚式場に対してすごい憧れを持っていた私。絶対に教会式で、チャペルにはパイプオルガンがあり、バージンロードは長く、カーペットの色は赤!!って決めていた。結婚する相手と一緒に式場めぐりをしていたとき、自分の理想にぴったりマッチする会場があったが、そこは、街中のビルとビルの間に建っている場所だった。(まるで、北海道の時計台みたいな感じ)私はそれでもかまわないと思ったが、相手が「こんな、ビルに囲まれたところじゃ、俺の親も親戚も納得しないよ。やっぱり結婚式を挙げるなら、名前の通ったホテルじゃないと・・・」って言われ、なくなく、駅直結のシティホテルで結婚式を挙げました。そこのチャペルはパイプオルガンは無く、バージンロードも10秒ぐらいで到着するぐらい短く、足元は大理石で色は白。パンプスで歩きながら、滑ってしまい、あやうく転びそうに・・・やっぱり自分の意見を通せばよかったと思った式場選びでした。 この体験談のURL

投稿者:みやざん
食事会で・・・

私たちは、お互いの家族だけでホテルで結婚式、食事会をおこないました。
担当してくださったホテルの方もとてもよい方で、ささやかながら大満足しておりました。
ところが、食事会を司会してくださった方も私や新郎が緊張しないようにといろいろ気をつかってくださったのですが、両家の名前を呼ぶ時堂々と名前の読み方を間違えてしまったのです!!
そのときの義母の顔が忘れられません・・・。 この体験談のURL

投稿者:moezo
つ、つめが・・・

前撮りの際の爪は「自爪でネイルアート」、当日の爪は
「付け爪でネイルアート」。
前撮りは大成功。
当日は、白無垢で何もかも和風で良い感じ・・・
と思っていたら、爪が浮いているわ式途中ではがれるわ
さんざんでした。
爪をひっしに押さえている姿がばっちりビデオに写ってた。 この体験談のURL

投稿者:ぽんたろう
頑固なヘアメイクのおばちゃん

去年の結婚式のこと。
今こんなスタイルがはやりですよー、とか言って私の希望とはかけ離れたスタイルを強引におしつけていきたヘアメイクさん。
勇気を出して「流行にのったようなスタイルにはしたくないので、最初にお願いしたとおりにしてください」と伝えると、明らかに不機嫌になり、「はあっ、こっちの方が似合うのに・・・」とぶつぶつ言っていました。
あれだけ言ったのに、よっぽど頑固な人らしく、前髪をオールバックふうにされてしまい、今でも悔しくて写真を見ることはありません。
いなかの美容室は駄目ですね。
この体験談のURL

<<  148  149  150  151  152  153  154  155  156  157  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話