みなさんから寄せられた結婚の失敗体験談を、新着順に表示しています。

<<  140  141  142  143  144  145  146  147  148  149  >>

投稿者:えっつん☆
妊娠発覚で突然の挙式。

去年の12月に妊娠が発覚し、
旦那の実家と私の実家の宗教も一緒だったこともあり、
あっという間に神前に決定。
挙式は親族だけで一ヶ月後ということと、
旦那の両親が結納代わりに式の費用をもってくれるとのことでした。

私と旦那自身は前日まで
式の進行がわからず、
あたふた。

全て、
お義母さんに任せていたので、
ホテルの席順がおかしく、
私と母で直しました。

お義母さんもよかれとおもって開いてくれたのですが、
私の親族の方が多いかえって気をつかってしまいましたし、
会場が旦那の実家の方だったので、
私の親戚にも大変な思いをさせてしまいました。
できてからの出産ということもあったので、
ばたばたしてしまいましたが、
もっとよく話あってゆっくり準備をしたかったなぁと。
この体験談のURL

投稿者:緋美
神前式

結婚式をあげる際、和装での式をしたかったので神前式を選び、主人の家へ報告に行きました。すると、母は大の着物好きという事もありとても喜んで頂けたのですが、テンションのあがった義母はどの神社でするか意見してきたのです。でも、義母が名前をあげた神社は既に私たちも考えていた所と一緒だったのでそこでは何の問題も無かったのですが。。。式当日、「この神社は私が選んであげたの〜」と両家の親戚中に言って回っていました。
すると私の母が「何であんな事言われなあかんの。あんた達が場所を探しまわっていたのにあの人はそれを...」と怒ってしまいました。
結婚して3年達ちますが今でも両家の仲は最悪です。。。 この体験談のURL

投稿者:アンパンチ
今思えばもっと遠くへ…新婚旅行

無事結婚式を終え、さぁ新婚旅行へレッツゴー!!
何も計画立てず、どこへ行こうか?から始まり、とりあえず隣の県へ。泊まるとこも行き当たりばったりでの「今日あいてますか?」
2泊3日で、ずっと計画なしの新婚旅行でした。
今思えば、海外や東京などなかなか行けないところに行けばよかったなぁと悔みます。てゆうか、新婚旅行行くのに計画なしなんてある意味すごいなぁ。 この体験談のURL

投稿者:6月に...
二次会も

式のことで頭がいっぱいで、二次会は打ち合わせからバタバタし、主人側に任せっきりでした。そのため幹事と司会者が別の方になって、その両者で話し合いが出来ていなかったり、司会者が式の1週間前に急用で司会をキャンセルし、代役を立てたり、またその方に二次会の内容が全く渡っていないことが二次会の開始10分前に分かったり....始まってから新郎新婦が当初予定していた二次会が全く思わぬ方向に進んで行ったので、少しイライラしてしまいました。状況は分かるものの、一生に一度の結婚式の日、二次会とはいえとても大切な時間だったので、こんなことなら何とか時間を作って、きちんと最終打ち合わせをするべきだったと後悔しています。 この体験談のURL

投稿者:ちこ
はりきりすぎて

今日は結婚式だぞーと張り切って少し早めに美容院に行きました。和装と洋装を着たのですが最初はかつらをかぶり着物を着ての和装でした。すぐにセットしてもらい化粧もしてもらったのですが完成したのは披露宴の1時間以上も前。披露宴が始まるまで1時間以上も重いかつらをかぶったまま。そして写真撮影。そして式に出てと何時間この状態が続いたことでしょう。あまりのかつらの重さに頭は痛くなるは肩はこるはで散々でした。早く洋装に着替えたいと美容師さんにいいながらももう少し我慢してくださいねと言われその間は早く終わってくれーという状態でした。かつらを取った時はほんと頭の何かがすーっとなくなった感じですっきりでした。何かがとりついていたかのようでしたから。 この体験談のURL

投稿者:あおい
引き出物

こんくらいでいいだろうと決めた引き出物
いざ見てみるとお菓子のバームクーヘンは小さいし、品数も少ない・・・
なのに袋だけはやたら大きい・・・
とてもちんけなものに見える・・・
だから結婚式のあとさらに内祝いとしょうし再度贈りものを配る羽目になりました
この体験談のURL

投稿者:ねん
チャペルで…

バージンロードで父親と歩くのを楽しみにしてたのに…
感極まって泣いたりするかも何て思ってたのに…
パンプスの高さが低くて、何度もドレスの裾を踏んでしまって、感極まるどころか下ばっかり気にしてしまって…気がつけば、旦那様のところでした。お父さんごめんなさい(悲) この体験談のURL

投稿者:キャン
披露宴で

無事に式を終え、披露宴会場へ
サプライズ入場として通常入り口からではなく、庭から旦那が私をお姫様だっこして入場するという計画を立ててました。
予定通り司会者の方がアナウンスして通常の入り口にみんまが注目している音と声がしてました。カーテンでなかの様子は分かりませんでしたが、ホテルのキャプテンという私たちを誘導して下さる人がいるのですが、その方に
「はいでは、カーテンが上がりますのでご準備お願いします。」夫が私をお姫様だっこし準備万端!
しかし、2分経ってもカーテンは上がらず夫の腕がプルプルしてくるのがわかりました。
思わず「まだですか?」と聞く私たち。
キャプテンはとオロオロしながら情けない声で「動かないでください。もうあがりますから〜」とも答え。さらに30秒たっても幕は上がらず、限界を感じた夫は
「もう限界!一回おろす!」と叫びおろしかけたその時に幕が上がり、会場からは「新郎新婦の入場です!!」との声が。
片足が夫の腕からずり落ち青ざめた新婦、まっかっかの顔をした夫。最悪です・・・
入場して一番近かったのが新婦の家族席だったので、こんな表情がみえたのは私の家族だけだったので不幸中の幸いです。 この体験談のURL

<<  140  141  142  143  144  145  146  147  148  149  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話