みなさんから寄せられた結婚の失敗体験談を、新着順に表示しています。

<<  136  137  138  139  140  141  142  143  144  145  >>

新郎は、普段から何事も「そんなもん練習しなくてもできるわい。」と豪語しながら、結局失敗するパターンが多いのですが・・・結婚式当日もそれが出てしまいました。
誓いのキスをする際、新郎がベールをあげるために少し屈んだ私の肩を新郎が持ち上げて、きちんと立たせてくれてから、誓いのキス・・・という流れがあるのに、全く練習せずに挑んだ新郎。
もちろん緊張のあまり、その手順をすっかり忘れ、私が屈んだ状態のまま新郎は誓いのキスをしてきました。
せっかくの見せ場の場面なのに、私は中腰のままだし、びっくりして目をパチクリさせてる様子が、バッチリDVDに収められ・・・もう2度と見たくない!!
この体験談のURL

投稿者:トレイシー
定番通りに

結婚式も終え、翌日には、友人達を招いてのパーティも済まし、みんなを送って、さあ、これから新婚旅行に。
やっと2人きりになって、成田でフライト待ちのため、カフェへ。
ここから、事件!?が始まりました。
?、頼んだものと違うのが来た。
  別に嫌いじゃないし、受け取ったら、それが気に入らない嫁。
?、なぜなのか、結婚指輪をしてこない嫁に、問いただせば「別にい  いじゃん」の解答

バトル開始です。

生きの飛行機は、全くの無言。
何日目かに、ようやく話をしだせば、その瞬間から、またバトル。
終いには、別々のオプションでの自由行動(修学旅行か!?)
帰りの飛行機ももちろん無言。

成田について、「腹減ったなあ」「うん」で、ようやく仲直り。
かなりの意地っ張りの二人であることをかなり実感しました。



この体験談のURL

投稿者:ぐうたら猫
やっぱり、リハーサルは大事

色内掛けに角隠しで神前結婚をしました。
事前に着物からカツラ、メイクまで付けてのリハーサルをしませんか?と言われたのですが、2万円の料金が惜しくて断りました。
けれど当日、思っていた以上に日本髪のカツラが似合わない自分に愕然。こんな事なら日本髪にこだわらず洋髪でアレンジしてもらえば良かった……と大後悔。
せっかく奮発して豪華な打掛を選んだのに、台無し。
その時の写真は永久封印です。
リハーサルをしていれば、その時洋髪へ変更できたのに……。 この体験談のURL

投稿者:なっち
かつらが・・・

旦那の両親の意向もあり、旦那の実家(新潟)、東京で
式を2回やることになりました。
結果、当初の予算の2倍かかることに・・・。

昔から結婚式は神前式で白無垢と決めていたので、
東京で神前式を行いました。
ただ、予算の関係上、メイクやかつら合わせもぶっつけ
本番でいくことになりました。
かつらも高価なものだと、かなり軽く済むそうなんですが、
予算の関係上プランに入ってるもので。
が、式当日、神前式まではよかったのですが、その後、
披露宴の開始を待っている間に、頭が痛くて痛くて。
それを見かねた担当者が、お金はこのままでいいから、
かつらを軽いものに変更しましょうと言ってくれました。

あのまま式を続けていたら、頭が痛い式で終わってしま
ったと思います。担当者の方に感謝です。 この体験談のURL

投稿者:なな
出費がかさむ

若い二人の結婚、二人ともできるだけ、結婚式の出席者の負担をへらそうと、交通費からなにからなにまでお祝儀以上の出費をしてしまいました。結果としてはまごころも伝わりよかったのですが、まわりに甘えること、思い切ってお祝いしてもらうこと(もちろん謙虚に)も大切だったかと思います。 この体験談のURL

主人の実家はけっこうな田舎で、親戚一同がそこにすんでいました。なので、結婚式は田舎からなんとか出てきてもらえそうな場所を選ぶなど、主人の方に合わせられるものは合わせて決めていました。そんな中、料理を決める時に、主人のお母様が「フランス料理は、みんな口に合わないから」と日本料理を選択。日本料理ってフランス料理に比べてお値段が高いランクからしかなく、いいお値段だったのですが、みんなにおいしい物を食べてもらえるし、私もそれまで日本料理の披露宴に行ったことがなかったので、それもいいかもと賛成。日本料理はそのホテルの日本料理レストランがプロデュース。その日本料理レストランには以前にも食事に行ったことがあってとてもおいしかったので、試食はしませんでした。やはり当日、私たちはほとんど料理を食べられないまま披露宴は終了。料理になんの疑いを持つこともなく新婚旅行へ行きました。が、帰ってきて両親にゆっくり話を聞くと、料理がひどかったそう。どれ一つとしておいしいと思えるものがなかったと聞かされて、ほんとにショック!レストランはおいしいのに何故?とホテル側に聞いてみると、ホテル内の事情を教えてくれました。レストランがプロデュースとはいっても、最初からレストランの料理人と披露宴の料理人は別で、それぞれにプライドがあるので、レストランの料理人は披露宴の料理に口が出せないのが原因と言われ、すごく謝られました。少し人と変わったことをする時には自分の目や舌で確認するべきなんだと遅ればせながら反省しました。 この体験談のURL

投稿者:ハルヒ
反対って・・・?

挙式当日、驚くほどクリアな頭に、自分でもうっとりしながら、打ち合わせを済ませた私。何でこんなに落ち着いているんだろう・・・?
式も始まり、指輪の交換。滞りなく進んでいると思ったら、神父様が何か言いたげ。
「反対。逆だよ。」
と何度かおっしゃいました。
皆さんお分かりですよね。
会場のみんなも分かっていたみたいです。
4〜5回くらい言われましたかね・・・。
ついには指を指されて。じっと手を見つめる私。





はい。
右手でした。

緊張してたんですね。
若気の至り・・・です。 この体験談のURL

投稿者:はーちゃん
指輪交換での・・・!?

入念に準備をして挑んだ結婚式。
ビデオも回り、厳粛な場での挙式に、緊張感も高まります。
向かい合わせになり、いよいよ指輪交換。
新郎が私に手を差し出し、私は左手を添える
はずが・・・!
緊張のためか、
思わず右手を新郎の手の上に添えてしまったのです!
目の前の新郎は唖然、「左手、左手っ」と小声で私に教えてくれました・・・。
恥ずかしすぎる!本番でそんな間違いをしてしまうとは!
でも今では幸せな良い思い出になっています。 この体験談のURL

<<  136  137  138  139  140  141  142  143  144  145  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話