選りすぐった結婚のおすすめ体験談を、新着順に表示しています。

<<  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  >>

投稿者:mimi
式開始直前!

夫側の祖父が神社の宮司で、式は神父様無しの形が絶対条件。
挙式当日、衣装に着替えてメイクアップも済ませ、控室で夫と担当者との打ち合わせの時に問題発生!
式場に神父様の姿が!!
担当者も慌てて司会者等の段取りの手配をして、夫も頭真っ白で周りの声が届かない状態…
なんとか無事に式は始まったけれども、打ち合わせが出来てなかったので、誓いの言葉は夫がその場で考えてましたし、誓約書へ署名する時もすごい震えてました。
その後も小さなハプニング続きで、慌ててる夫を見ているほうは面白くて終始笑いっぱなしでした。 この体験談のURL

投稿者:トミ子
やっぱり何かあった…

結婚式まで準備に追われて、パニックになっていた私に
母は「まー、どれだけ準備しても当日何かあるわよ」と私に言いました。
何かその言葉に少し気持ちが楽になったのですが。

結婚式当日。そんなことは忘れて結婚式を満喫していました。
が、中座してブライズルームに戻ってきた時、ふとカバンに目をやると
お車代一式が!受付の友人に渡すのをすっかり忘れていた私…
すぐにマネージャーさんに頼んで、中座中に両親に一人一人手渡してもらいました。旦那様の分は旦那がしっかり受付に渡していました。
あぁ、私だけ…
母の言うとおりやっぱり何かあったなあと思っていたのですが…

二次会も無事終わり、ゲストをお見送りしているとき…
「あぁ!」と声が。旦那の受付をしてくれた友達が、手にお車代をごっそり持っているではないですか!!
「受付で渡し忘れた〜」と、その時に気づいたそうで…

その後、旦那は私を置いて、一人一人を走って追いかけお車代を
渡しに行きました。後日、この話で母と大笑いです。 この体験談のURL

投稿者:さいたまのおばかさん
もらってうれしいはずが・・・

結婚式の2次会で友人から大きくて綺麗な花束をもらった妻。2次会の後、3次会も行き新居へ帰宅したのは夜中の1時過ぎ。二人とも結婚式・披露宴で疲れていて、翌日の成田空港出発が早い時間だったので、慌てて新居をでて新婚旅行へ。楽しい新婚旅行から帰ってきて部屋で見たものは、和室スペースの畳の上に寝かせた状態で1週間放置した花束の水分・養分!?による畳のシミ・カビでした。まだ入居したばかりなのに、畳を交換するはめに。2人して苦笑いしたのは良い思い出です。 この体験談のURL

投稿者:桜咲いた?
姉ちゃんの結婚式に

実の姉の結婚式なんですが、真面目すぎて仕事一直線で、男友達はいるけれど深くおつきあいはしたことがなく、結婚はまだいいよと言っていましたが、妹の私が先に結婚し子供も生まれ、子供づれで帰省するようになってから、あせりだしたようで、親戚のおばさんが持ってきた見合いを、歳も歳だし相手も良い人だからと強引にすすめてきて、『こんな人と結婚するの?結婚ってこんなもん?結婚したらうまくいくのか?』と半分疑問に思いながらも、しょうがないとあきらめて結婚を決めました。 父も母も、おばさんの強引さに負けましたが(おばさんは父の母親の妹で結婚相談所に勤務)疑問に思っていました。
結婚式の直前、父が大腸がんが見つかり緊急手術で、結婚式には出られないことになり、だったら中止するか延期するかで悩み、私と母は相手の人は絶対姉とつりあってない、たぶん性格的にも合ってない人と気づき始めていたので、中止をしようとすすめましたが、招待状も送っているし仕事先のこともあるので、延期にしました。父が元気になってから結婚式を挙げました。結婚式の日、うちの子が花束贈呈を頼まれ、うちの子が姉に買ってもらった、一番気に入っていていつも持ち歩いているのと同じ蛙の大きいぬいぐるみにひまわりの花束を持たせ、蛙丸ごと贈呈したら、花束はテーブルに残し、蛙のぬいぐるみだけを抱いて、お色直しに退場しました。その後もずっと蛙のぬいぐるみを抱いていてくれました。実はそのぬいぐるみは、私と父と母の『蛙=帰る』という願いが込められてました。性格の合わない人と結婚させられてつらい思いをするなら帰って来いと。
結婚してからわかったのですが、相手の人は子種がなく、子供が出来ない体質で、性格もひねくれていて、お金に対する執着がはげしく、ネチネチしていて、過去にお見合いを断られた人に陰で嫌がらせをするような人間で、今までそれが原因で48回もお見合いで断られてきたのだと知りました。だから、お付き合いの経験のない姉に押し付けたようです。その後、性格の不一致と、旧家なので跡継ぎを生まなければならないと言う理由で9ヶ月で離婚しました。そして、父の母親の妹とはもう関わらないように、縁を切りました。
姉は実家に戻り、バリバリキャリアウーマンで頑張ってます。
次に結婚する時はあせる必要ないから、みんなの意見も聞いて選ぼうねとアドバイスしました。たとえ親戚であっても、お見合いを勧められて、しょうがなく結婚というのは絶対避けましょう。
そして、歳も歳だしとあせるのは絶対ダメです。妹に先越されても、あせってはダメです。それに、親戚が結婚相談所に勤めているからと信用するのは問題ありです。どうせなら、大手のちゃんとしたところに相談しましょう。
そして、結婚できるかどうかの基準は、1つのこたつに24時間気を使わずに入っていられるかどうか。車中泊みたいに狭いところで普通に自然体で寝て起きてご飯食べて過ごせるか。 落ち着かなかったり、イライラするなら、結婚したらそれが毎日続くと思え〜!!!
この体験談のURL

当日は、挙式のみ業者に写真撮影を頼んでいました。

見事な晴天だったので、チャペルからいったん外に出てフラワーシャワーを行いました。
フラワーシャワーの終点にはベルがあり、「二人で幸せの鐘を鳴らす」というような内容でした。

そこで、いよいよ二人のツーショット。

もちろん業者の方もバチバチ写真を撮ってくれていたのですが、参列者も撮る撮る!

色々な方から声を掛けられ、どっちを向いて良いやら・・・
業者の方の「撮りますよー」との声も(屋外だったこともあり)旦那には届かず、結局、二人が同じカメラを向いて映った写真が一枚もなかったのです・・・

後で気付いて後悔し、事前に確認しあうべきだったなあと心から悔やんでいます。 この体験談のURL

投稿者:ぴっきー
天災人災・・・。

結婚式の朝、とんでもないどしゃ降りの雨で、オープンカーとハートバルーン(でっかい風船をわるとハートの風船がいっぱい飛び出す)は中止かも・・・。とあきらめていたのですが、その時間に奇跡のギリギリいきなり晴天!! しずくできらきらの中、無事予定通りできてよかった。 と思ったのはそこまで。披露宴の時にどしゃ降りの雨になり、雷がなり続け、二次会の時に震度5の地震が来た。その間にも雨は降り続け、友達の携帯が次々になり始め、洪水で国道と電車が止まったから水が引くまで高台にいるようにと。会場が高台だったから気づかなかった。近くに落雷があり駐車場が洪水になり、結局二次会が6時間。家に着いた頃にまたまた震度5の地震。テレビで確認しようとしたら、海外で爆破テロが起こり日本人がまきこかれたとかなんとか・・・。友達が全員家に帰れたと確認が取れたのは明け方近く。とんでもない日なりましたが、みんなからは『これだけ起こればもう大丈夫。これからは何もなく平和な家庭になるに。』と笑い話にされました。 この体験談のURL

投稿者:むさし
親が原因で・・・。

共通の趣味で知り合って、共通の友人が縁を結んでくれたのですが、私たち家族(旦那と私と子供)は普段けんかもなく仲良く、一緒にいてもとても心地良い感じで幸せなのですが、問題が・・・。
旦那の親と旦那の姉が、異常なくらい干渉してくるというか、もうストーカーとか変質者に近いくらいの異常に執着してきて、旦那の親が関わると、私たち家族は激しい喧嘩になります。
旦那の姉は、私が子供を産んでから、子供に異常なくらい執着し、旦那の実家に行くたびに、うちの子を部屋に連れ込んで出てこなくなったり、押入れに連れ込み『○○ちゃんの本当のお母さんは私なんだよ。○○ちゃんは私が生んだ子なんだよ。』と言い続けたらしく、子供が幼稚園の時に急に泣き出し、『ずっとそう言われ続けて本当なのかがわからなくなった。ずっとずっと恐かった』と話してくれて初めてわかりました。会社でも自分の子供だと言いながら、うちの子の写真を見せびらかせたりしているらしいです。旦那の姉は40代で独身です。男性とお付き合いしたことはありません。
旦那の両親も、子供を勝手につれまわしたり、うちの予定を何も考えず子供を独占し、私に『あんたはさっさと仕事行くなり家出るなりしろ』といいます。
一緒に住んでいるわけでもなく、家庭は別なのに『息子のものは私のもの』と言う考えのようで、子供まで自分たちのものと思っているようで、声が聞きたくなったと、うちの家の外のフェンス越しから家を覗き、会話を盗み聞きし、やめて欲しいと言うと、わざわざうちの駐車場に車を止めさせてと強要してきて、その時にうちを覗いていったり、盗み聞きするようになりました。
私の実家にまで押しかけ、私を引き取れだとか、離婚させたいような口ぶりで怒鳴り散らしたりだとかで、私の親もかなり怒っています。
私たち家族はすごく仲良く、幸せに暮らしているのに、旦那の実家がからむと、とてもギスギスし喧嘩になります。
旦那はちゃんと自分にあったいい人を選びましたが、これから結婚する方には、旦那の親をちゃんと知ってから決めた方が良いと言いたいです。
ちゃんと親離れ子離れが出来ているかがポイントです。
うちの旦那の親は40代の娘を『まだまだ何も出来ない子供だから嫁になんて出せないし、出さない』と平気で言うような異常者です。
この体験談のURL

出来ちゃった結婚の私たち。
出産前に大きなお腹で式を上げるよりも、出産後落ち着いてから挙式を行うことにしました。
妊婦専用のドレスもあるようですが、やっぱり普通のドレスのほうが種類が豊富だし・・・なんて考えて心を躍らせていました。
無事に出産が終わり、子育ても奮闘しながらいよいよ来年あたりに挙式をと思い式場のパンフレットなどを集めだしたのですが・・・
なんと体重が落ちないんです!
妊娠前の体重と比べると10キロ近く太っていたのです!!
案の定ドレスの試着をしても思い描いていた花嫁姿とは程遠いものでした。
産後にもっとボディーケアをしておいたら、と今でも悔やまれてなりません。
慣れない育児のストレスや子供中心の不規則な生活のためなかなか体重も落ちなくてすっかりブルーの私・・・。
皆さんはそんな失敗のないよう、妊娠中のBIM値の管理はしっかりしてくださいね(笑) この体験談のURL

<<  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話