選りすぐった結婚のおすすめ体験談を、新着順に表示しています。

<<  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  >>

お互いの両親に挨拶も済ませ、両家顔合わせとゆうことで食事会を開いた時の修羅場です…

なんと旦那の兄とうちの妹が元カレ元カノの関係でした!
顔を合わせるまでお互いそんな話も出なかったため、まさかの出来事(笑)
しかもあまり良い別れ方ではなかったそうで(男の浮気→蒸発)。
その場ではお互いにそんな話は出さず、家に帰ってきてから妹から告白。
旦那の方も兄の様子がおかしかったようで、問いただすと告白。

妹からはこのまま私達が結婚して親族関係になってギスギスするのも嫌だと、元カレ(旦那の兄)との話し合いの場を作り、無事になんとか和解しました。


そしてなんと、今年彼らが結婚することとなったのです。
…いつの間に。。。 この体験談のURL

投稿者:じゃすぱ〜
用心のために頼んだのに・・・

新婦から両親へ向けての恒例の手紙。わたしは思い切り親子ならではのエピソードを盛り込み、父を泣かせようと思いました。しかし・・・問題が・・・私は極度の泣き虫。絶対に自分の手紙を泣かずに読み切ることが不可能。そこで、式場の司会者を頼み、代読していただくことにした。手紙は当日渡すことに。
クライマックス・・・・すでに私は嗚咽するほど泣き、やはり手紙を読むことが無理だった。司会の方も「新婦はとても手紙を泣かずに読むことができないとのことで、僭越ながらわたくしが代読させていただきます」と言って読み始めた。
・・・・つっかえつっかえ、読み始める司会者。「????」読めないの?私の字が・・・いやそんなわけない。消して字は汚くはないと思う。なんでだろう・・・・感じの読み間違い、文章をつっかえながら読むので、意味が伝わりにくい。
頼りないというのをたりないと読む。ひどすぎる。
涙が渇いてしまった。

式終了後の司会者「いや〜事前に読んでおくべきでしたね」
失礼極まりない。感動・・・・するどころか、親類縁者に、「あれでプロ?」とまで言われた。
泣きながらでも自分で読むべきだった。 この体験談のURL

投稿者:らすかる
知らなかった・・・。

旦那のことは温厚で優しい人だと思ってたのですが、
私の方が結婚前まで仕事で忙しかったので、私とあってないときは何してるかまでは把握してませんでした。
しかし・・・結婚後、まさかのギャンブラー(パチンコ)であることが発覚!どうやらちょっとした空き時間でもあれば、パチンコに通っていたようです。
結婚後、子供が小さいのに一日に何万単位で使われ、大激怒!
現在・・・仕事へ行くのに必要な現金のみ持たせ、カードというカード類はすべて没収。
旦那の給料が振り込まれる口座の暗証番号も代えさせてもらいました笑 この体験談のURL

投稿者:りゅうのママ
緊張し過ぎて…

神前式、チャペルでの結婚式を挙げました。
直前まで練習もしっかりしていたのにとびらがあいた途端緊張してしまいました。なんとかバージンロードまでは行けたのですが、参列席4席目までで立ち止まり父が私の手をとり、新郎にお願いしますと預けなければならないのにそれもなく…
父も事前に聞いていたはずなのに…ど忘れ??
親子揃ってなにしてんだかって情けなくなりました。
まぁ会場はドッと笑の渦に…こんな結婚式もいいかなぁと開き直るしかないですね。
てんやわんやでしたが、無事式は終わりました。 この体験談のURL

投稿者:お金は大事だよ!!
旦那の母親に振り回され計画が二転三転

他県同士の結婚で多少の意見の相違は覚悟してはいました。
近所の人を招待するのが常識と言い張る姑に
計画中だった出席者全員参加の大きな教会での挙式、その後カジュアルなレストランでの披露宴は長時間で負担になると反対され
それなら友達も呼ばず、親戚だけで海外挙式という案を進めたら
その後近所の人だけを招待してきちっとした披露宴をしろと言われ、
泣く泣く一般的な結婚式場での結婚式に落ち着きました。
近所の人たちは夫婦で5000円の祝儀、しかも夫婦それぞれに引き出物と大赤字の結婚式になりました。
結婚式のスタイル、料理や引き出物、送迎にまで口を出した姑からは1円の援助さえありませんでした。
10数年たった今でも夫婦げんかするたびついつい口から出てしまいます。
やっぱり主役である花嫁さんが納得のいく結婚式をすることがその後の結婚生活の円満にもつながるのでは・・・。 この体験談のURL

投稿者:まりこ
共働きの家事分担

お互い忙しい仕事をしているので、一緒に暮らした方がすれ違ってでも会えるということで結婚を決めました。一緒に生活してみて大問題だったのは彼がずっと実家暮らしで家事を一切したことがなかったこと!!2人とも早朝出勤なのに朝ごはんが出てくるのを座って待っているし、先に帰っていてもご飯の準備は全くしてくれないし…私が仕事で彼は休日なのに昼まで寝てて起きたらゴルフに行ってしまいヘトヘトで帰ってきたら家はグチャグチャでゴルフ帰りの彼はお風呂を要求するし…
2人で協力していく上でのルールをあらかじめ決めておいて、そのために実家で修行してきてもらえばよかった…
相手の独身生活の過ごし方によって結婚生活は大きく変わりそうです。いまは一つずつ彼に家事を教えているので自分でした方が早いけれど将来のために頑張っています。 この体験談のURL

投稿者:サニーガール
当日までの秘密にする予定がアダに

私が式を挙げた式場は、提携店で衣装を借りることになっていて、それは自分で好きな時に好きなように見学予約をして、好きに選んで下さい、ということでした。
ドレスをご両親と選ぶ花嫁さんは多いと思いますが、私の場合は彼と選びました。母と私は趣味がかなり違うので、一緒に選びに行っても私の着たいドレスと、母が私には着て欲しいドレスが真逆なのは分かり切っていたので。その旨を特に話すわけでもなく、ひっそりと衣装選びに出かけていました。勿論、彼のご両親とも一緒に行ったことはありませんでした。決まったら双方にお披露目、という形を取りたかったのです。
が、しかし、彼は自分の両親に私が試着した全てのドレスを写真です見せていました。それはそれで構わなかったのですが、ある日、何も知らない彼のお母さまが私の母に「あのドレス可愛かったね。ピンクの!紫のも素敵だった」と言ってしまい、何も知らなかったうちの母が「あっちの親は見てるのに私は何も聞いてすらない!!」と大激怒。
引出物や招待するゲスト等、相談したいことは沢山あったのにしばらく口を利いて貰えず、また、彼のご両親との仲もぎくしゃくしたらどうしよう…と焦りました。
結局何事もなく収まりましたが、今になって思うのは、一生に一度のことですし例え趣味は違えど一緒に衣装選びに行けばよかったなぁと後悔するばかりです。 この体験談のURL

投稿者:jimmy_page
すれ違い生活で

結婚願望が強く、23歳で結婚しすぐに子供が生まれました。
まだ若く給与が安く、子供が生まれたので頑張って残業や休日出勤で
(忙しい時期だったので)稼ぎました。が、通勤およそ片道1時間平均。(深夜帰宅だと更に+α)残業+休日出勤(徹夜も)で1か月
残業100時間以上の時も。(平均80時間)たまの休みぐらいしか
妻と子供の時間がなく、すれ違いで気持ち的にも危ない状態でした。
口げんかが増えてきました。最初のこどもということもあり、妻も
育児ノイローゼ状態だったと思います。

その後、残業を意識して減らしていき、育児も協力するようにして
関係が改善できましたが、あの時はやばかったとおもいます。

好きになった人ですが、やはり元は赤の他人ですから、共有する時間は
大切にしないといけないと思います。お金がなくても車がなくても
よく子供をベビーカーの乗せ、いろいろな所に出かけるようにしました。いまではいい思い出でです。 この体験談のURL

<<  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話