みなさんから寄せられた結婚の失敗体験談を、新着順に表示しています。

<<  96  97  98  99  100  101  102  103  104  105  >>

投稿者:coco
同級生

私と旦那は、高校の同級生です。高校からお付き合いをして、25歳で、結婚式を挙げました。同級生という事もあり、招待客は、同級生・野球部・バスケット部ばかりでした。みんなに祝福され、とても楽しい結婚式でした。
その後、25歳〜30歳ぐらいまで、結婚式ラッシュです。。。
私達は、同級生なので、どうしても一緒に、招待状が届きます。
今では、小5の娘もいるので、結婚式の招待状が届くと、旦那に、お願いしています。この間の結婚式では、我が家全員出席でした。
バスケット部のメンバー+子供たちで、余興も踊りました。
筋肉痛するぐらい練習もしましたよ。。。
最後の決めに、結婚おめでとうの紙が、曲がったりで、見ている方は、爆笑されていました。。。
30歳過ぎての余興は、恥ずかしいですが、親友の為に頑張りました。


私は、娘の学校のプールの授業で、手伝いをしていました。
女の子の髪の毛を帽子に入れる時に、痛い・・・と言われ、結婚指輪を外してから、ズボンに入れたはずが、見つかりません・・・
何度も探しましたが、見つかりませんでした。。。ショック!! この体験談のURL

投稿者:ナッシー
ここでまさかの・・・!!

私たちはかんなりこだわって準備をしてきました!!
仲間やお店の人たちの協力でとても素敵なものになると!完璧だ!と確信していました!!

そして、結婚式当日!!
神社で朝早くから着替え、その少し後に親族の着替えとなりました。

そこで、母の着物を私と一緒の衣装屋さんに頼んだわけですが・・・

母は丸っこい体型なのでもちろんLサイズ以上でございまして・・

しかーーーし!!
なななんと!来たのが、ここでまさかのMサイズときたもんだ!

衣装屋さんは少し遠いところにあるので、ほかを借りることはできず、時間もないのでそのまま強行突破!

と思いきや・・・おばちゃんもMサイズ〜〜〜〜っ?!!

姉妹そろって無理やりMサイズを切る羽目に

おばちゃんは無理矢理でも着れたことを喜び
母はかんなり愚痴ってました・・・

そんな二人をみて、笑ってしまった私ですが、しょっぱなからこんな珍騒動があって、かんなり思い出になりました。

その後の、式や披露宴は最高に素敵なみんなの気持ちは最高に嬉しかった式になりました。

そんなところも油断しないように!みなさん!がんばって準備してください。
この体験談のURL

バージンロードを父と歩いてゆく。そんな感動的な場面で父がシクシクと頬をおさえて泣き出しました。私も今までの思い出がよみがえり、感動。しかし…ぼそぼそと父が言い出しました。「昨日から親知らずが痛み出していてもう我慢できない」と大事な時にこの人は…。
その後も1日中父は泣きっぱなし。でも思い出に残る素敵な一日でした。 この体験談のURL

投稿者:kz
神前式で・・・

神前式で、父親が親族を紹介する場面がありました。
シナリオでは、
「従兄の○○ ○○(名前)です」
というように名前まで入れて紹介することになってましたが、
あがってしまった父は
「親戚です」
「親戚です」
「親戚です」

すべて親戚で通してしまいました><
親戚だからここにいるのに・・・ この体験談のURL

投稿者:tamayo
グアムでの海外挙式

海の見える教会であこがれの海外挙式!といきごんでグアムに飛んだのですが、当日土砂降りの雨(涙)雨のなか大型のリムジンに乗り込んで(これはぬれなかったので助かりました)挙式をしたのですが、その後数時間後にはカラッと晴れていい天気。。。雨季のグアムで挙式をするもんじゃないな、と思いました。 この体験談のURL

投稿者:sakura
こんなはずじゃ。。。

費用をけちってしまい前撮りやヘアリハーサルを省いてしまいぶっつけ本番に!!!
こんなカンジでと口で説明したり切り抜きを見せたりしましたが出来上がってみるとなんかイメージと全然違いました・・・。でもやり直す時間もなくてそのまま挙式へ。
節約するとこを間違えました。 この体験談のURL

投稿者:マスカット
相手の親族

いわゆるエリートが多くてどうも気に入られなかったようで
そこからなんとなく相手の両親とも疎遠になってしまった。
うまく付きあわなければならないと分かっていてもどうにも
ならないこともある。 この体験談のURL

投稿者:うゆう
シュノーケルにご用心

タイ・プーケットに新婚旅行に行きました。
夫の知人に旅行会社の方がいて、破格のサービスでプール付のコテージなど2箇所をとっていただき最高だったのですが…
最終日、部屋の前のプールでシュノーケルを装備しつて遊んでいた夫が「あっ!」
シュノーケルがずれた瞬間、水が入ってきて事もあろうか、片方の目コンタクトレンズを流し去っていったのです。
ど近眼(自分もだけど)の夫は遠近感がとれなくなり、自宅までの間私がサイドをがっちりホールドしながら帰りました。
階段などの段差が一番怖かったです。せっかくの風景も余裕で見られず…予備のレンズは持って行きましょう… この体験談のURL

<<  96  97  98  99  100  101  102  103  104  105  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話