投稿者:すみころ
三々九度で早とちり

憧れていた白無垢での神前式。リハーサル、記念撮影を終え、いざ本番。両家の父が玉串奉納などをした後、お決まりの三々九度をする時になりました。綺麗な巫女さんがお神酒をついでくれ、順番に口をつける。神聖な儀式のはずが・・・・私の母・妹が、私を呼ぶ声が・・・
でも何で私が呼び止められているのかわからなかったのですが。
後で「三回のうち二回とも、お神酒を注がれる前に飲んだでしょう」と・・・。旦那が残したお神酒が器に入っていたので、私は注がれてから飲まなければならないところを、注がれる前に口をつけてしまっていたようです。お恥ずかしい。
その失敗以外は、とても素敵な結婚式・披露宴になり、良い思い出です。

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話