投稿者:maikikoko
ういてる。

家は、父を早くに亡くし母親がひとりで兄と私を育ててくれました。母は、父親がいないからといって不憫な思いをさせたくないと、ありたっけの事をしてくれました。成人式の時も着物をレンタルしたっていいのに、袴をはきたいという私のわがままを聞き、振袖姿を見たかったはずなのに、付けさげ訪問着を買ってくれ、袴を着させてくれました。そして結婚式の時、成人式の時に見れなかった振袖姿をみたいという母の願いを、唯一の親孝行と思い着ることを決めました。
今はかつらをつけずにかわいい髪形でという形もありますが、当時はかつらをつけるのが当たり前でしたから、なんの迷いもなくつけたのですが・・・・・。
そして当日。色内掛けからお色直しで振袖に替えたのですが、あっちこっちから係りの人たちから着物をひっぱられ、化粧を直され少しずれたかつらを直されたのですが、なんか、おでこ、せまっ!!
はっきり言えないたちの私はあれえ?と思いながらもまた再入場しました。そして終了。
後日ビデオをみたら、なんだよ!!かつら浮いてるし。それにも気づかずにこにこしてる私。まぬけ。その後のウエディングドレスへお色直しの後は片方のまゆが消えてるし。
某ホテルの美容部たち許せません。

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話