投稿者:ゆん
夫の実家のわんちゃん


夫の実家に行った時の事です。

夫の実家のわんちゃんは、異常なくらい私を気に入ってくれているんです。


結婚した当初、夫の実家に行った時でした。
いつもはわんちゃんのご主人様であるお義母さんが、その日は外出中だったんです。

私が来たからと、ゲージに入っていたわんちゃんを、お義父さんが出したのですが…
その瞬間、私に猛烈タック!!!
私は身長145cmしかありません。その勢いで吹っ飛びました。
そして起き上がると、何やら体に温かいものが…
マーキングされ、洋服やスカートはびちゃびちゃ。
毛が抜けやすいわんちゃんなので、私もすぐに毛だらけに。

その後もわんちゃんの遊び相手をさせられ、もうボロボロでした。

ストッキングは破れ、おしっこまみれ、髪はボサボサ、舐めまわされ化粧は落ち、毛だらけ。

早くお家に帰りたい。
そう思った時、やっとお義母さんが帰宅。

しかしお義母さんが放った言葉は
「みんなでごはん食べに行こう!あと買い物行きた〜い」でした。

なぜ…なぜ…ボロボロの私が見えないのか…

結局、義理家族に高いお寿司をご馳走するハメになるは、ボロボロの状態のところを知り合いに目撃されるはで最悪でした。

やっと帰ってきたと思えば、夫の実家わんちゃんの匂いが染み付いていたのか、嫉妬したウチの愛犬に噛まれ、とてもブルーな日になりました。


体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話