結婚式に向けて念入りに夫婦で準備していました。
友人代表の際も、みなさんが飽きが来ないようにと
音楽が入った写真のスライドショーを用意したりして、
すべてにおいて飽きのこない披露宴をしようと努力しました。
ですが、当日、友人スピーチの際に
流れるはずだった映像がスムーズに流れず、
スピーチが終わるころに映像が流れました。
その映像は来てくださったみんなと写っている写真で
友人にあらかじめスピーチの時間を確認し、
作ったものだったので非常にショックでした。
そのために友人にも写真を提供してもらったりとしたため、
私は映像が流れなかったことにヤキモキしてしまい、
肝心の友人のスピーチを集中して聞くことが出来ませんでした。
いくら念入りにしてもテストで一度流すべきだったと今は思います。
写真提供した友人も楽しみにしていたらしく苦笑い。
式場の人も言い訳しながら苦笑い。
完璧な式なんてナイんだと感じましたが
今では印象に残る出来事のひとつだったので
笑えるようになりました。
一生忘れないで主人と笑い話にできるといいなと思います。
式場の人には最初はいら立って嫌味を言ってしまいましたが
いまでは式が終わっても仲良くさせていただいています。
あのとき、もう少し、式場の人にも優しくできたらなと思っています。

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話