投稿者:ししこ
本当に好きでないと

ど田舎に転勤させられ、文化の違いに翻弄され、毎日の食に困った私、そんな私にけなげに食事を毎日届けてくれる彼女がいた(現地調達)。まるでアラスカに墜落した遭難者のような気持ちで、半年後流れのままゴールイン。でも、そんな私には忘れられない別の彼女がいた(その当時行方知れず)。数年後、その行方知れずだった彼女の所在がひょんな事で分かり、激しい後悔を覚えた。心ここにあらずの毎日が10年も続いた。そして、都会に転勤。やはりというか、かみさんとは別れた。大手を振って長年思い続けた彼女に連絡を取った。残念ながら彼女は私の離婚の1ヶ月前に結婚していた。私は内心ショックだったが、彼女に幸せになってくれと言うことが出来た。本当に好きな相手が幸せになるなら、相手が誰であろうとかまうことはない。でも、好きでもない相手との結婚は正直言って心がすさむ原因にしかならない。人生の汚点である。

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話