一生に一度の結婚式!自分だけのオリジナルなものにしたい&少しでも節約していいものを!という思いから、人前結婚式スタイルで手作り感いっぱいのものにしようと、招待状・ウェルカムボード・リングピロー等の小物を自分で作るのはもちろんのこと、披露宴の入場から最後の退場までの曲も一つ一つ自分で考え編集、寝る間もおしんで用意をしました。しかも、旦那とは結婚前から同姓していたため、家事もこなし、仕事も朝から晩まで働き、もういっぱいいっぱい・・・結婚式の1週間前に実家に帰り、これで少しは休めるから、式に備えようとした矢先・・「お腹が痛い・・・」。朝から右横腹が痛み、昼前にはかなりの激痛に。昼休みに近くの病院に行き薬を処方され仕事に戻ったのはいいけど、だんだんと冷や汗が出てきて手が震えるほどの痛み・・。でも式が終わると1週間休みをとって新婚旅行が予定されていた私は仕事にも追われていたため、何とか1日をこなし実家へ帰ったのだけど、結局夜中に救急で病院へ。「憩室炎です。1週間は絶食して点滴をしなければいけないし、入院したほうがいいでしょう」「先生、4日後に結婚式が・・」「お友達の?」「いや・・・」「ご親戚?ご兄弟?」「いや・・・私の。」・・・・。「何とか4日間で頑張りましょう」ということで、式の4日前に入院。点滴に加え筋肉注射を打つ毎日。式の日の朝、両親ではなく病院の看護師さんに「お世話になりました」と挨拶をする羽目になるなんて(笑)。筋肉注射の跡であざになった腕には、衣装さんが気を利かせてタトゥを用意してくれていました。入院の間も、親戚一同や式場の方々には心配をかけましたが、何とか当日を迎えることができました。病気の原因はストレスや過労と言われたので、頑張りすぎるのもほどほどにしないといけませんね。

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話