投稿者:キャン
披露宴で

無事に式を終え、披露宴会場へ
サプライズ入場として通常入り口からではなく、庭から旦那が私をお姫様だっこして入場するという計画を立ててました。
予定通り司会者の方がアナウンスして通常の入り口にみんまが注目している音と声がしてました。カーテンでなかの様子は分かりませんでしたが、ホテルのキャプテンという私たちを誘導して下さる人がいるのですが、その方に
「はいでは、カーテンが上がりますのでご準備お願いします。」夫が私をお姫様だっこし準備万端!
しかし、2分経ってもカーテンは上がらず夫の腕がプルプルしてくるのがわかりました。
思わず「まだですか?」と聞く私たち。
キャプテンはとオロオロしながら情けない声で「動かないでください。もうあがりますから〜」とも答え。さらに30秒たっても幕は上がらず、限界を感じた夫は
「もう限界!一回おろす!」と叫びおろしかけたその時に幕が上がり、会場からは「新郎新婦の入場です!!」との声が。
片足が夫の腕からずり落ち青ざめた新婦、まっかっかの顔をした夫。最悪です・・・
入場して一番近かったのが新婦の家族席だったので、こんな表情がみえたのは私の家族だけだったので不幸中の幸いです。

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話