結婚レシピ > 結婚式のスタイル > 挙式のスタイル

結婚式のスタイル

挙式のスタイル

結婚式とは

結婚レシピ

結婚式、挙式とは、これからの人生をふたりが力を合わせて生きていくということを誓い合う儀式です。誓うというだけあって、神や仏の前で誓う結婚式が大半ですが、最近では、親しい人たちに対して誓う人前式というやり方も注目を集めています。

神や仏に誓う場合、キリスト教式や神前式、仏前式がありますが、どのようなスタイルで式を挙げるかは、二人の希望がもちろん大事ですが、両親の希望にも耳を傾けましょう。


結婚式

和式の挙式にこだわる家や、家が宗教を持っている場合など、意見が食い違うこともしばしばあるので、よく話し合いましょう。また披露宴の会場によっては、挙式のスタイルが限られてくる場合もあるので、合わせてよく検討するようにしましょう。

挙式のみの予算としては、15万〜18万円ぐらいが相場のようです。


結婚式スタイルいろいろ

キリスト教式

最も人気の高い結婚式のスタイルで、約半数の人がキリスト教式で挙式しています。純白のウェディングドレスを着て、バージンロードを歩く、おきまりですがロマンティックな挙式スタイルです。

メリット
ホテルや結婚式場にチャペルとして多く併設されていて、披露宴会場を選ぶ際に融通が利きます。親族だけでなく友人も参加でき、華やかでロマンティックな式を挙げることができます。またチャペルではなく、独立した教会でも挙式することができます。

デメリット
併設ではない独立した教会の場合、信者でないと、何度か説教を受ける必要があることもあります。日本の教会はわりと敷居が低いですが、日曜日は礼拝があるため挙式が行えなかったり、控え室がない場合もあります。

場所
ホテル、結婚式場、教会、ブライダルチャーチ、海外

予算
独立した教会で挙式する場合、献金という形で10万〜15万円ほどを納めます。別に牧師、神父に1〜2万円のお礼を渡すのが一般的です。

神前式

本来は神社で行う和風な挙式スタイルです。大正天皇の結婚式から広まったもので、雅楽の音をバックに神の前で三々九度の杯を交わします。白無垢を着た奥ゆかしい花嫁姿は今でも根強い人気があります。

メリット
最近ではホテルや結婚式場に神殿が併設されていることも多いです。日本古来の伝統的な式を、厳粛な雰囲気で行うことができます。また本格的な神社であっても、信仰に関わらず受け入れてくれます。

デメリット
基本的には親族以外は参列できません。厳かな雰囲気なので、華やかさを求める人には不向きかもしれません。また、披露宴でドレスを着る場合、衣装代がかさむこともあります。

場所
ホテル、結婚式場、神社

予算
神社で挙式する場合「初穂料」と表書きをして渡します。3万〜15万円と幅があります。またこれとは別に神主や巫女に2万〜3万円のお礼を渡します。

仏前式

仏と先祖の前で結婚を報告し、感謝する仏教スタイルです。念珠(数珠)を受けて焼香をし、誓杯を交わします。このやり方での挙式は全体の1%とごくまれのようです。本来は先祖代々のお墓のある菩薩寺か、自宅に僧侶を招いて行います。

メリット
仏教に信仰を持っている人にとっては、厳正で落ち着いた挙式ができます。希望すれば指輪の交換もできる場合もあります。

デメリット
仏前式に対応しているホテルや結婚式場が少ないので、式場探しに手間がかかります。また宗派の違いなどで、両家の希望が食い違うこともあります。

場所
寺院、自宅、一部のホテル、結婚式場

予算
お寺で挙式する場合、5万〜10万円ぐらいが相場です。またこれとは別に僧侶に2万〜3万円ほどのお礼を渡します。

人前式

結婚の誓いを、神や仏ではなく、お世話になった人や親しい人たちに向けてするのが人前式です。特に決まった形式がなく、ふたりらしい挙式ができるので、最近特に都心部で人気を集めています。大抵は披露宴の会場で、誓いの言葉を述べて、婚姻届に署名・押印をして、指輪を交換するケースが多いようです。

メリット
決まった形式がなく、オリジナルの挙式ができます。親しい人たちとの絆を深めることもでき、やり方によっては予算的にも楽になります。

デメリット
結婚式という厳かな雰囲気に欠けることもあり、年配者の中には不快感を示す人もいます。

場所
ホテル、結婚式場、レストラン、ゲストハウス、ガーデン、リゾート

予算
演出次第ですが、披露宴会場で誓いの言葉を述べて、婚姻届の署名・押印、指輪の交換を行うだけなら、費用はほとんどかかりません。会場で用意されている人前式パック(司会、装花など)は10万円〜が相場です。

本当にあった結婚式の話