結婚レシピ > 結婚式のスタイル > 見積もりをチェックする

結婚式のスタイル

見積もりをチェックする

見積もりをもらう

結婚レシピ

気に入った会場をいくつかに絞ったら、大体の人数やスタイルなどを伝えて、見積もりをもらいましょう。見積もりは何回出してもらっても無料なので、複数の会場で見積もりを出してもらい、比較してみましょう。

ただし、最初に出してもらう見積もりは、含まれていない項目も多く、ランクも最低ランクで計算されているので、総額だけを鵜呑みにして比較しないようにしましょう。それぞれの見積もりに含まれている項目をチェックして、値段がわからない項目は質問するようにします。


見積表の例

70人(+子供2人)の場合

項目 単価 数量 金額 項目 単価 数量 金額
料理(大人) 13,650 70 955,500 引出物 3,150 60 189,000
料理(子供) 5,250 2 10,500 引菓子 1,050 60 63,000
飲物 3,150 70 22,050 紙袋 315 60 18,900
ウェディングケーキ 735 72 52,920 プチギフト 315 60 18,900
※イミテーションケーキ 10,000 1 10,000 新婦衣装 210,000 1 210,000
会場使用料 84,000 1 84,000 新郎衣装 105,000 1 105,000
※席料 735 70 51,450 生花ヘッドパーツ 5,250 1 5,250
控室使用料 21,000 1 21,000 ブーケ・ブートニア 21,000 1 21,000
音響使用料 21,000 1 21,000 花束(両親用) 5,250 2 10,500
サービス料 ※上記合計の10% 116,697 花束(子供用) 3,150 2 6,300
挙式料 157,500 1 157,500 新婦美容着付 31,500 1 31,500
フラワーシャワー 8,000 1 8,000 新郎着付 5,250 1 5,250
メインテーブル装花 42,000 1 42,000 引上げ料 3,250 1 3,250
ゲストテーブル装花 3,150 9 28,350 ヘアメイクリハーサル 10,500 1 10,500
ウェディングケーキ装花 10,500 1 10,500 記念写真 21,000 1 21,000
ケーキナイフ装花 3,150 1 3,150 焼き増し 5,250 1 5,250
ブライダルキャンドル装花 10,500 1 10,500 スナップ写真 105,000 1 105,000
キャンドル点火棒装花 3,150 1 3,150 ビデオ撮影 105,000 1 105,000
カラーコーディネート 525 70 36,750 司会 52,500 1 52,500
招待状 350 70 24,500 ウェルカムボード 10,000 1 10,000
※切手代 80 70 5,600 キャンドルサービス 21,000 1 21,000
※返信はがき用切手代 50 70 3,500 プロフィールビデオ 21,000 1 21,000
※筆耕料 150 70 10,500 プロジェクター使用料 10,500 1 10,500
メニュー表 315 70 22,050 介添料 5,250 1 5,250
席札 210 70 14,700 送迎バス 21,000 0 0
席次表 525 70 36,750 宿泊 0 0 0
芳名帳(ゲストブック) 3,150 1 3,150 全合計 2725,917円

見積もりに含まれていないことが多い項目

・記念写真の焼き増し
・ウェルカムボード
・ウェルカムドリンク
・フラワーシャワー
・お色直し用の美容着付け
・ヘアメイクリハーサル
・ヘアメイクを元通りに戻す引上げ料
・衣装の小物・生花
・引出物の紙袋
・招待状と返信用はがきの切手代
・招待状の筆耕料
・ドレス用下着(自分で用意)
・ドレスや引出物などの持込料
・贈呈する花束
・プロジェクター・スクリーン使用料

見積もりは上がるもの

見積もりは、結婚式までに3回ほど出してもらいます。下見の段階で最初に出してもらった見積もりはあくまで参考程度。その後、演出や必要なものが決まってきた段階でもう一度、最後に2週間前ぐらいに人数や引出物の数が確定した時点で、最終的な見積もりを出してもらいます。

グラフ

見積もりは、最初のものより金額が上がっていくものです。準備を進めていくにつれて、必要なものや加えたいものが増えていくからです。実際に約7割のカップルが、最初の見積もりより金額がアップしています。

しかも、その上がる金額は大きいです。平均で72万円で、100万円を超える人も多いです。理由として多いのは、料理、衣装、装花、演出の追加やランクアップです。

早い段階で見積もりを出してもらい、その総額だけで考えていると、後々予算をオーバーして、痛い目に合うこともあります。見積もりは、できるだけ細かい項目まで含めてもらい、ランクもひとつ上のものにしておくなど、高めに計算しておくといいでしょう。披露宴は、何をするにもお金がかかるものと考えましょう。

本当にあった結婚式の話