結婚レシピ > 結婚式のスタイル > 結婚式・披露宴の日取り

結婚式のスタイル

結婚式・披露宴の日取り

充分な結婚準備期間をつくる

結婚レシピ

結婚式の日取りは、できちゃった婚など、急を要する場合でなければ、半年〜1年先に設定します。人気のホテルや式場の場合、1年前から予約が入り始めるので、1年以上先でもいいと言えます。

婚約後、結婚式までの間には、挙式、披露宴の様々な準備、新生活、新婚旅行の準備など、やるべきことが山ほどあります。充分余裕を持てるような時期に設定しましょう。

仕事の都合などと合わせる

まずふたりの仕事の都合などを考えて、大体の時期を決めます。新婚旅行を式直後にする場合は、1週間前後の休みをとれるかどうかも検討します。一般的に真夏や真冬、梅雨などは避ける傾向がありますが、逆に予約がとりやすかったり、料金が安い場合もあります。

両親、仲人、招待客の都合を考える

次に両親の都合を聞きます。仲人を立てる場合は、依頼を済ませたあとに都合を聞いて日取りを決めるのがマナーとされています。また招待客のことも考え、お盆や年末年始、連休の中日などは避けた方がいいでしょう。平日は仕事があるので、週末、特に土曜日に行うことが多いです。

希望の会場の空き状況をチェックする

結婚式、披露宴の会場を絞っている場合は、その会場の空き状況もチェックします。候補日をいくつか挙げておくといいでしょう。どんなにすてきな会場でも、やりたい時期にできなければ、場所を変えることを検討する必要もあります。

お日柄を気にする?しない?

結婚式は大安に行うもの、というのは少し昔の考え方で、最近ではあまりお日柄にはこだわらなくなっているようです。ただ、両親や年配者の中には気にする人もいるので、その場合は多少考慮してもいいでしょう。仏滅でなければいいというのが、最近のスタンダードのようです。

六輝

大安や仏滅などのお日柄を、六輝といいます。中国から日本に伝わったもので、お日柄が良い、日が悪いなどと使います。

先勝(せんしょう)
先んずれば勝つという意味で、午前中が吉とされ、祝い事は午前中に始めます。

友引(ともびき)
何をしても勝負がつかないという意味で、午前中と夕方が吉とされ、忌事は避けます。

先負(せんぶ)
先んずれば負けるという意味で、午後が吉とされ、祝い事は午後に始めます。

仏滅(ぶつめつ)
お釈迦様の崩御の日で、一日中が凶とされ、祝い事には向きません。

大安(たいあん)
一日中が吉とされ、祝い事が行われることが多いです。

赤口(しゃっこう)
正午前後が吉とされますが、午前と午後は凶とされています。

本当にあった結婚式の話