結婚レシピ > 結婚式のスタイル > 結婚披露宴会場の選び方

結婚式のスタイル

結婚披露宴会場の選び方

結婚披露宴会場の候補を絞り込む

結婚レシピ

特別思い入れやツテがあって、特定の会場に絞っている場合以外は、まずたくさんの会場の情報を集めて比較することが大事です。希望する挙式、披露宴のスタイルを決め、大体の予算や招待客の人数、日取り、場所を決めて、それに合った会場の情報を集めます。

雑誌やインターネットで、ある程度詳しく情報を知ることができるので、たくさんある会場の中で目星をつけて、その中から3〜5ヶ所程度に絞り込みましょう。気になる会場はパンフレットなど、資料を請求してもいいでしょう。

結婚披露宴会場の下見に行く

数ヶ所に絞り込んだら、必ず下見に行きます。実際に見るのと、写真や文字でイメージするのとは、大きく違います。会場全体の雰囲気や、スタッフの応対、心配り、交通アクセスの良し悪しなど、実際に行ってみないとわからないことはたくさんあります。

結婚披露宴会場のブライダルフェアに行く

ブライダルフェアとは、ホテルや結婚式場、披露宴を扱っているレストランなどが、結婚を考えているカップルのために基本的に無料で提供している結婚の相談・見学会です。

ブライダルフェア

各披露宴会場を見学できるのはもちろん、会場によっては、模擬挙式や模擬披露宴などが体験できたり、ウェディングドレスの試着や、一部有料ですが、料理を試食できたりします。

また大抵の会場で相談会があり、希望のプランを言えば、簡単な見積もりを出してもらえたり、いろいろな質問に答えてもらえます。候補の会場でブライダルフェアを開催している場合は、そのタイミングで下見にいくといいでしょう。一部予約が必要な場合があるので、雑誌やインターネットで確認しましょう。

基本的に土日に開催しているところが多いですが、最近では平日の夕方に相談会を開いている会場もあるので、下見に行くときはぜひ利用してみてください。

結婚披露宴会場を仮予約をする

下見やブライダルフェアに行き、気に入った会場を見つけたら、とりあえず仮予約をしましょう。仮予約の有効期間は会場によって違いますが、大抵は一週間程度です。この期間に細かい見積もりをもらったり、さらに詳しく内容を説明してもらい、最終検討に入ります。

仮予約には特に料金はかかりません。人気の会場だと、日がたつにつれてどんどん予約が入ってしまうので、気に入った会場があったらとりあえず仮予約をすることをおすすめします。

結婚披露宴会場に見積もりを依頼する

仮予約をしたら、希望のプランや日程、だいたいの人数などを伝えて見積もりを出してもらいます。見積もりを出すのは何回でも無料なので、複数の会場に見積もりを出してもらい、比較するのもいいでしょう。

ただし、この時点での見積もりは、会場によって含む項目と含まない項目があるので、単純に総額を比較するということはやめた方がいいです。項目ごとに比較し、含まれていない項目については、担当者に確認しましょう。

結婚披露宴会場を正式予約する

こうして見積もりを比較したら、正式な予約をします。ここで初めて予約金が発生します。会場にもよりますが、5万〜30万円ぐらいが相場のようです。

この時点で念のためキャンセル料についても確認しておいた方がいいでしょう。半年前までが無料、3ヶ月前までが半額、それ以降になると全額というのが大体の目安です。

項目の追加、キャンセル、変更は融通が利きますが、あまり近くなってからだとキャンセル料が発生する場合もあります。最終的には、招待客の人数や、引出物の数が決定した段階で、最終見積もりを出してもらい、1〜2週間前に残りの金額を支払うことが多いようです。

結婚披露宴会場選びのチェックポイント

・予算に合っているか
・プランは充実しているか
・どんな特典があるか

・交通の便はいいか
・挙式と披露宴を別会場でやる場合、距離はどれくらいか
・駐車スペースはあるか

・招待客の人数と広さは合っているか
・新婦のメイクや着替えの場所はあるか
・親族控え室、更衣室は充分か
・親族紹介の場所はあるか
・化粧室の数は充分か
・チャイルドルームはあるか
・宿泊施設はあるか

・音響、照明の設備は充分か
・BGMのメディアは何か
・BGMのオペレーターはいるか

・衣装や引出物などの持ち込み料はいくらか
・挙式と披露宴の時間は充分か
・演出や進行はどこまで融通が利くか
・担当スタッフや当日の介添え人、進行役がどうか
・引出物の種類はどうか
・衣装の種類やサイズ直しはどうか
・親族や招待客の着付けやヘアメイクは頼めるか

こんなとき、どうする?
ブライダルフェアにはどんな服装でいけばいいんですか?

実際に式に参加するわけではないので、そこまで堅苦しくする必要はありませんが、場所が場所だけに、カジュアルになりすぎないようにジャケットなどを着ていった方がいいでしょう。特に、模擬挙式や模擬披露宴、試食会などに参加する場合は、気をつけましょう。

できちゃった婚に適した会場はありますか?

最近では婚約中に妊娠するケースも含め、約3割ができちゃった婚です。妊婦の体調を第一に考えるべきなので、移動が少ないように、挙式と披露宴を同じ場所で行えるホテルや結婚式場がいいでしょう。事前に担当スタッフに伝えておくと、いろいろな気遣いをしてくれます。

本当にあった結婚式の話