選りすぐった結婚のおすすめ節約術を、新着順に表示しています。

<<  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  >>

投稿者:どらえもん
お手伝いは、ポイント制

我が家は、お手伝いは、ポイント制にして、1年間で貯まった分をクリスマスプレゼントにして返しています。1ポイント1円です。貯まったポイント分の額が、プレゼントの代金なので、旦那さんは、必死に毎日お手伝いをしてくれます。 この節約術のURL

投稿者:あみるん
冷蔵庫スッキリご飯

冷蔵庫に残ってるもの(梅干し、余った肉を冷凍したもの、お弁当のおかず)などを、使い、オリジナルのご飯を作って、買い物に行く回数を減らした。
私の旦那さまは細身なのにご飯を食べる量が多いので、よりお腹いっぱいに、腹持ちを良くさせるために、ご飯を炊く量も減らし、おかずでお腹いっぱいになってもらいました♪
それにご飯に具材を混ぜ、炊き込みご飯風にしてみたりなど、おかずとお米を同時に食べてしまうと、食べる量が増えてしまうので、おかずならおかず。お米ならお米。と、別々に食べてもらうように料理を作ることで、より、お腹いっぱいになると言っていました♪ この節約術のURL

結婚式の際、憧れの生花フラワーシャワーの金額の高さにびっくり!
また、カラフルなフラワーシャワーが多く、私のイメージする白と黄色のみ等とイメージに合うものがありませんでした。
造花のフラワーシャワーを見ると、なんだか安っぽい…
そこで、自分好みの色や素材のリボンを数千個小さく結び、リボンシャワーに!
フワフワと落ちる速度が花よりもゆっくりで、長いウェディングドレスのトレーンに乗るととってもきれいで…なによりも友人達が楽しそうに拾って持って帰ってくれたことが嬉しかったです。
縁を結ぶ、という意味も込めて、製作中は様々なゲストとの縁を振り返ることも出来ました。
この節約術のURL

投稿者:にこにこさん
個人手配で新婚旅行費用節約!

新婚旅行でどうしてもやりたかったのは【地中海クルーズ】でした。しかしツアーで頼むと1人50万で100万円の出費??その後の生活もあるのでそんな贅沢はしてられない!と、式の準備でヘトヘトだった身体に鞭を打ち、飛行機、船を個人手配しました。当然現地での移動や観光も自分達でなんとかしなければやらないので本当に大変でしたが、なんと2人で50万に??お土産代は別ですが、現地での食事代を含みます。式の準備以上に協力してくれた旦那さんに感謝です。 この節約術のURL

投稿者:みくむし
食材のお肉 デザートは冷凍!

買ったお肉は買ったスーパーで開けて無料の透明袋で小分けし 冷凍します!
半額時間を狙って半額しか買わないです!
小さい子どもがいるので毎回夜遅く大変ですが家計の為にはしょうがないです!子どもも一緒に頑張ってくれています。もともと1週間の食費は5000〜6000円だったのが3500円ほどになりました。 この節約術のURL

投稿者:まろにーちゃん
なんでも前もって

結婚式や新婚旅行、結婚後の住まいなど結婚が決まったら二人で決めることが山積みです。なので日ごろはしませんが、結婚が決まってまず1年のやらなきゃいけないことリスト、優先順位をふたりで決めました。
1年後に式、式が終わってから新婚旅行、新婚旅行から帰ったらマイホーム引っ越し。
式は1年前に予約で割引、旅行は3か月前から予約で割引、マイホームを建てるために土地探ししながらホームメーカーさんを決め歩く。
パスポートも取りにいかなきゃだし、もちろん引き出物や二次会の準備などほかにもたくさんやることはありましたが、事前にやることはリストアップしてたしだいたいかかってくるお金も事前に計算していたので、びっくりするぐらいスムーズの行きました。

マイホームも税金が上がる上がらないと不安定な状態だったので早めに契約したことで約200万安く契約できました。

なんにしてもやるなら早く、計画性をもって!が1番経済的にも精神的にもお得かと思いました!!

結婚してからの節約はどうとでもなるけれど、一生に一度の結婚式や新婚旅行をケチるのは嫌だったので、内容を削るのではなく早期予約や早期契約で値段交渉しました! この節約術のURL

仕事終わり、ついつい付き合いで飲みに行ってしまうことが多い私だったため、毎月の食費が予算オーバーすることが多々あった。
そこで、妻が私に自炊ポイントカードを手渡した。
これは、私が飲みに行かず帰ってきて、かつきちんと事前に妻へ夕ご飯を食べることを伝え、妻が作ってくれたものを食べると、ポイントがもらえるというもの。
1回5ポイントで、妻への連絡が漏れると2ポイントに減ってしまう。
月に50ポイントたまると、ご褒美がもらえる。(ご褒美は、お小遣いや週末に妻とのデートなど、2人で楽しみながら決めている)
これで、二人共楽しみながら、無駄な出費がなくなった。 この節約術のURL

会場見学の際に大体の見積もりを頂ける事が多いですが
その見積もりには実際結婚式を、行うには足りない物が多く結果的に見積もりよりも予算が高くなりがち!
その為、最初の見学の際に、実際に式でやりたいこと
必要な物すべて盛り込んで最大で予算はいくら位になるのかの見積もりを出してもらいました。

やりたい事を全て盛り込んでいるので、あとはここから必要の無いもの、時間的に難しい物は省いていくので
結果的に当初の予算より必ず下がります。

勿論漠然と見積もりをもらうだけでは無く
なぜこんなにかかるのか?
等疑問に思った事は質問をして納得できない所は交渉します。
具体的にはケーキカットの値段が事前のネットで調べた価格の二倍だったので確認した所カット様とゲストに出すようは別でケーキ2個分の値段がかかる
と説明があり
なんとも納得がいかず、カットしたケーキは持ち帰ります
と伝えると
それは出来かねるので
半額にいたします
との事で半額になりました。

二次会のヘアセットに使うお花も
披露宴で使用したメインテーブルのお花を使うので
新たに二次会用に出費は避けたいと申し出ると
メインのお花を事前に数本上手く抜いて保管して頂きました

これだけで6000円無駄な出費を避ける事ができました。

衣装も会場に着たい物が無かったので
遠慮せずに伝えました。
具体的にこの様な物が着たいと。
担当の方の計らいもあったのかもしれませんが
着たい物を着たい
でも持ち込み料が高くて…と素直に伝えると持ち込料金80%オフになりました。

自家栽培の食材を沢山持ち込んだ事でワンランク上の料理がコールでは一番安い料金で見積もりを出して頂けました。


司会、カメラマン等は持ち込みで同じ会社から受注する代わりに割引してもらいました。

席札などのペーパーアイテムはキットを買い手作りしました。

ペーパーアイテムはキットがあるので時間もあまりかからず作れる事や
オリジナル感もだせます。
席札は祖母自作の絵を使用する事で家族孝行もできました。

BGMや映像編集も個人でやったので無料でした。

二次会は系列の場所を使用する事で色々割引がききました。

最初の最大限の予算の見積もりからのスタートだったので
後々額が増える心配も無く
予算もゲストからのご祝儀は期待しないという前提で全額払える額で設定したため
支払いの心配はありませんでした。

勿論支払いはカードで行いカードのポイントを商品券に変えたりと後々もお得でした。
家族、親族の宿泊代も会場からのサービスで付けてもらえるよう交渉するとだいたいつけてくれる事が多いです。


通常値段より総額で200万程度浮きましたが
浮いた分は新婚旅行や来てくださったゲストの皆さんへ還元出来るよう心がけました。


料理、飲み物、引き出物、
会場の場所、環境など直接ゲストに繋がる物はケチらないように心がけた為
料理がとても美味しかった
駅から近くてよかった
品のある会場

等反響は良かったです。

親族の集合写真も会場の基本パックについている物以外は外部業者に会場の一番良い場所で撮影できるよう事前にスケジュールにも組み込んでもらったので
外部業者からもらったデータで自分達で焼きましして親族に配布、出席出来なかった近親者には手作りアルバムを作成
映像も自分達で編集し焼きましして
配った為、万単位でお金がうきました。

自分達でやってもプロに任せても然程変わらない物に関しては自分達でやる事がオススメ!
その代わりゲストを喜ばせる物にはしっかりとお金をかける

そうすればゲストも喜んでくれますし
見栄えも華やかな式になり
予算も低予算です!
この節約術のURL

<<  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話