みなさんから寄せられた結婚の節約術を、新着順に表示しています。

<<  93  94  95  96  97  98  99  100  101  102  >>

投稿者:だぁ
海外で!

私は、新婚旅行ついでに海外で二人だけで挙式をしました。披露宴がないのでかなり安くて済みましたが、さらに日本に帰ってきてから、友人達と二次会的なのを開いてもらったので、自分達ではお金を出してないですし、ついでに祝い金をもらったし、すごくお安くできました。 この節約術のURL

投稿者:さん
二人の紹介カード

私が結婚したのは、もう十年以上も前の話ですが、席札と一緒に料理のメニュー、二人の生い立ちなどを一冊の冊子にまとめ、各席に配布しました。
年齢が違うので、主人が生まれたころには、私の両親はまだ結婚すらしてなかったり、私が小学校で走っているときには、主人は学生服だったり・・・
昔の写真を引っ張りだしてきて、ちょっと大変な作業でしたが、いい思い出にもなりました。
この節約術のURL

投稿者:まとき
折鶴シャワーで!

私たちは神前式ということで、フラワーシャワーではなく折鶴のシャワーにしたので、生花代を折り紙代に節約できました。ゲストの人数×3羽だったので結構な数でしたが、和の趣きもあり、2人で力を合わせて折れたコトがイイ思い出になりました。 この節約術のURL

業者は縁起が良いからと吹っかけてきますw
レンタルドレス⇒2人で105,000円、嫁さんドレス胸元のお直しが5,250円、その他小物レンタルが5,250円と言われたが、全てで84,000円まで交渉しました。
式場⇒とあるレストランで立食形式で行うことにしました。
パーティ代として、料理、ドリンク、ケーキなどで、420,000円。さらに、結婚式の場合は会場使用料が105,000円別途で掛かると言われたが…【結婚式ではなく、ただのパーティです。ドレスを着る仮装パーティ】と言い張り105,000円値切りました。さらに着替えるための個室は31,500円だったのですが、他に式がなかったから、それも無料にしてくれと交渉しました。
もちろん、会場のペーパーアイテム、花、音楽、招待状は全て手作り。
当日の司会は演劇やってる友人に。音響はバンドマンの友人に。受付も友人に頼み、全て手作りで行いました。これが一番安い!

参列者の方々には、御祝儀を頂かない代わりに、会費制(1万円)で行いました。
なので、引き出物はなし。お持たせ的なものは参列者には配りました。
もちろん御祝儀を下さる方々もいました。その方々には後日カタログギフトをお送りしました。
この方法で、私の結婚式は収支0ですw
この節約術のURL

投稿者:桜鯉
手作りの結婚式

結婚式は仲介料などが無駄になるので自分の足で結婚式場を探しました。
教会を5件ほど回り、30万以下で式を挙げられました。
結婚式の連絡や、場所は手紙ではなくメールで通知しました。
披露宴会場も、田舎ではあるけれど、景色がよく、食べ物もおいしく、人数にあった広さの会場を見つけることができました。
リングピローは母が作ってくれました。
全部で50万以下です。 この節約術のURL

投稿者:mikishuji
正月2日に結婚式

主人は東京,私は愛媛の遠距離恋愛でした。おまけに主人の実家は大分・・・どこで披露宴をやっても,遠方から招待客を呼ぶ事になります。
そこで私の実家の愛媛で,親族のみで結婚式を行いました。
しかも正月の二日,値段は格安です。
ご招待したかった皆様には正月早々申し訳ないので・・・と式の写真はガキを送り,無事終了。
まさに格安の挙式で,そのぶん新婚旅行に予算をまわしました。 この節約術のURL

投稿者:ゆうたんママ
ブライダルインナーの節約

ウェディングドレスを着るときって、ブライダルインナーが必要になりますよね。ブライダルインナーってお値段もするし、結婚式当日だけしか着ないしもったいないなあと思っていた私。ドレスをレンタルしたところで質問してみると、必ずしもブライダルインナーを着なければいけない訳ではない、代用できるものがあればそれでもOK、とのこと。結局、ブライダルインナーは購入せず、普通のベージュのTシャツブラ(ストラップ取り外し可)と同じくベージュのガードルを買って代用しました。3万円くらい節約できましたよ。 この節約術のURL

●式場予約
 1年以上前の制約で、10万円割引になりました。「早割」ですね。
●ウェルカムボード自作
 似顔絵のボードでゲストをお迎えしたかったのですが、ウェディング用に新たに描いてもらうと2〜5万円が相場でした。以前横浜のレンガ倉庫で3,000円で描いてもらった似顔絵があったので、その絵に布を切り貼りしてウェディングヴァージョンにし、手作りの造花などをはりつけました。プラス600円ほどで作ることができました。
●プロフィールビデオ自作
 式場に頼むと10万円以上かかります。最初からPCにインストールされているムービーメーカーを使用し、旦那と協力して作成しました。写真のスキャンも自宅で全部しました。
●式場での支払いはクレジットカードで!
 たいがいのカードは入会後数か月の間、ポイント倍増のキャンペーンを実施しています。私は挙式費用支払いの2か月前に新たにクレジットカードを作り、ポイント3倍キャンペーンによって大量のマイルを獲得しました。おかげて新婚旅行の飛行機代をうかすことができました。 この節約術のURL

<<  93  94  95  96  97  98  99  100  101  102  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話