みなさんから寄せられた結婚の節約術を、新着順に表示しています。

<<  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  >>

入籍から1年後に結婚式を行う事になった私達。
一緒に住むために、今まで正社員で働いていた私は
通える距離でないので仕事を辞めなくてはいけなくなり
経済的に余裕がなくなって節約の鬼に!

北海道は既に寒いのですが、暖房費節約のために
夕方以降はストーブをつけず、キッチンで料理をしながら
ガスで暖を取り(笑)、湯たんぽやダウンジャケットも活用!

休日はデパートや家電量販店に行って、デパ地下の試食や
家電売り場の実演販売でお腹を満たしてみたり(笑)
節約と言うか、ちょっとえげつない感じですが
毎回ではありませんし、外食もたまにはしてますけどね!

あとは、実家から要らない服をどっさり持ってきて
市内で一番高く買い取ってくれるリサイクルショップへ
持って行って現金に替えました。かなりの収入に♪

こうやって、コツコツと結婚式資金をためております!
この節約術のURL

投稿者:みこたん
徹底的に調べる。

安くするといっても、やはりゲストには来てよかったと言われ式にしたいもの。そこで、引き出物はこれがほしいと決めたら、価格ドットコムで調べ、送料を含んで結果的に一番安い店にカードで払いました。一個につき800円ほど安くなったので、800円×80人分=64000円は安くなりました。カードで払えばポイントも貯まり、新たに買い物ができました。
あと、他の会場ではこの値段でと言われたので、迷っていますてきなかんじで、提示された金額より30万円ほど安くゆうと、それで受けてくれました。値切るのも一つの手です。できるかできないかはべつにして、初めに提示された金額をうのみにしないことです。 この節約術のURL

席札やメニュー&プログラム、ウェルカムボード等はもちろん手書きやパソコンで自分たちで作りました。「思い出のアルバム」という二人の生い立ちから出会いまでの内容をまとめた映像を制作会社に勤める友人に無料で頼み一つのドキュメンタリー映画風に作ってもらいました。他に頼むと十万以上もかかるとのこと・・ブーケは生花の師範である祖母に頼みお祝いだからということでコレも無料で作ってもらい、ドレスに合わせたネイルチップはネイルサロンを営む友人に頼みこれまた無料!司会者も地元では名の知れたパーソナリティーを友人のコネで紹介してもらい式場紹介よりも更に割安でお願いすることができ総額50万円ぐらいは節約出来たかも♪その分式場と料理は招待するお客様にがっかりさせたくなかったので式場は県内でも格式の高いホテルで料理もいい物を選びました。終わってからは友人にとっても料理がおいしかったと喜ばれ、ここの式場で挙げれるなんて凄いねと嬉しい言葉を頂きましたよ!持つべきものは友人・知人・親族!!そして自分自身の根気とやる気だと思います。 この節約術のURL

ペーパーアイテムやウェルカムボードの手作りだけでなく、他にも式場で頼むより安くなる物がたくさんあります。
◎ウェディングドレス用の下着→某大型スーパーで式場の半額以下で購入
◎キャンドルリレー用キャンドル→ウェディング用品専門店のセールで式場の半額で購入
◎プロフィールビデオ→専門店(ネット)で注文し、式場の1/5の価格で作成
◎両親贈呈記念品→ウェディング用品専門店のセールで購入
式場の言いなりになるばかりでなく、自分で情報収集してみると安く入手できる物がたくさんある事がわかりました!
20万以上は確実に節約できました。 この節約術のURL

投稿者:あまのじゃく
一人旅感覚で新婚旅行

仕事が忙しく、長期の休暇が難しかったせいもあるが、新婚旅行は3泊5日でパリに行きました。なかなか休みがうまく取れなかったのでいつでも日程を気楽に変更できるよう最少携行人数2名からのプランで申し込んだところ、学生さんの旅行や、旅慣れた人たちと一緒になり新婚旅行ムードではなかったものの二人で楽しく遊びまわれました。予算は当初予定していたよりはるかに安く済みました。 この節約術のURL

以前働いていた旅館では結婚式や披露宴的なパーティーも受けていました。
そんなに大きな所ではありませんでしたが、モダンな感じの所で予算やスタイルなどどんな小さな事でも新郎新婦の意見を聞きながら進めていました。
黒人さんのゴスペルシンガーを呼んで歌ってもらったり、各テーブル毎に鏡割りをしたり、参列者全員でケーキ入刀をしたいという要望を受け4mくらいの細長い特注のケーキと全員分の小さいナイフを用意したり、ほんと色々な演出をしました。
できない事もあるかもしれませんが言ってみると以外とできるかもしれません。どんな事でもまず担当の人と色々相談してみるといいと思います。
この節約術のURL

投稿者:みかん
貸切バス

新幹線代を渡す予定のゲストが12名いましたが、
全員同じ駅からの乗車予定だったため、
貸切のマイクロバスを用意しました。
各自にお車代を渡すよりも16000円安くなった上、
端数を自己負担していただく必要や
面倒な電車の乗り継ぎをしていただく必要もなく、
非常に好評でした! この節約術のURL

投稿者:はるのん
ビデオは友達に!

ビデオは友達に撮ってもらいました。
プロに頼むと20万〜30万・・・

もちろんプロとは比べものにはなりませんが、友達のにぎやかな声やコメントが入っているので、それはそれで面白くて、思い出になりました。

いっぱいDVDにもできるので、両家にも送ったりできました! この節約術のURL

<<  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話