選りすぐった結婚のおすすめ節約術を、新着順に表示しています。

<<  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  >>

投稿者:hiboshi
新婚旅行にタダで行く!

結婚に関連して必要になる費用は、全部合わせると相当なもの。
これらの費用は大きく3つに分類することができます。

それは、
 1.自分たちで自作することで節約できるもの
 2.グレードを下げたり我慢したりすることで節約できるもの
 3.どうやっても一定額以下には節約できないもの
という3分類です。

1つ目は、例えば披露宴の席札を自作したり、新居への引越し作業を
可能な限り家族や友人に手伝ってもらって行うことで節約できます。

2つ目は、安い結婚式場を探したり、あえて仏滅の日を選んだり、
衣装(ドレス等)などを安価なものにすることで節約できます。

そして3つ目。実は、これが一番厄介なものです。
例えば、新婚旅行の飛行機代。ハワイやヨーロッパに行くとなれば、
エコノミークラスにしても大きな費用が必要です。
これを節約しようとすると、「本来は行きたかった場所に行かず、
行き先を変更する」あるいは「そもそも行かないことにする」、
といった本末転倒な手段を使うしかありません。

そこで、おすすめなのが、1つ目・2つ目で分類した諸費用を、
すべてJALカード等のマイルが貯まるクレジットカードで決済し、
マイルを一気に貯めてしまう、というやり方。

式場選びをするときには、式・披露宴の費用をカードで決済できる
ところを絶対条件としたり、必要な家具・家電を買うときも、
それこそどんなに小額の出費をするときも、必ずカードを使うこと。

私たちの場合、結婚準備にまつわるほとんど全ての費用をカードで
決済し、マイルを貯めたことで、新婚旅行の往復航空券代がすべて
貯めたマイルで賄うことができました。しかも、ビジネスクラス!

要するに、どのみち「避けられない出費」なのであれば、
「ついでにマイルが貯まるようにする」を、ただひたすら
心がけることが大事です。 この節約術のURL

投稿者:白くま・ジュン
写真は、出席者に撮ってもらいました!

結婚式の費用の中で、以外に多い比率を占めているのが、写真とビデオ撮影の費用だと思います。
素人が大人数の写真を撮影すると綺麗に撮れないことが多いので、出席者全員の写真はプロに1ショットだけ撮影してもらいました。この写真は、結婚式・披露宴に出席した全員の写真を撮ってもらいました。私たちの場合60名ほどですが、とにかく結婚式披露宴にきていた全員を写したかったのでそのようにしました。
この写真は1枚だけプリントして、スキャナーで読み取り、自分で親戚にはちょっと大きめ、友達には小さめのプリントを作って全員に差し上げました。

それ以外は、すべて出席したかたに撮影していただき、そのほとんどをメモリーにコピーさせていただいて、クラウドに保存してそこから良さそうな写真をフォトブックにしました。
ビデオは、姪っ子に持たせ、結婚式から披露宴に移動する時もライブでまわしつつずけてきろくしました。今でも楽しい記録になっています。
 
撮影費用12000円、プリントは自前で1枚30円から200円で60枚プリントしましたが、総額で6000円ほどでした。
ホトブックは、新郎・新婦の両親とわたしたちの分3冊で4500円
ビデオの編集は、甥と姪がしてくれました。

ビデオと写真の総額が、22500円ほどでできてしまいました。

この節約術のURL

私自身が実際に自分の結婚式で50万のプラスを出した節約術を紹介します
1.引き出物は直接メーカーに自分で依頼する。
2.来賓は友達の数を最小限に絞り、両親関係の来賓を増やす(これで祝儀単価がぐんと上がる)
3.引き出物のお菓子はケーキ・和菓子はやめて、パンにする。
4.会場に飾る花は半分にする。(全くわかりませんでしたよ。)
5.席順表・箸置き等はすべて手作りにする。
簡単な事ですが、これをやるだけでだいぶ浮きますよ!
この節約術のURL

結婚式では、やりたい事がたくさんありました。色々なこだわりもあり、妥協したくないけど、コストがどんどん高くなり…どうしようか悩み考えました。こだわりを捨てず、出来るものは自分達で用意し、手作りしよう!と決め、少しでも安くなるよう努めました。
席札、席次表、メニュー、プロフィールのペーパーアイテムを始め、生い立ちビデオの映像系も自分達でつくりました。私達にはある『テーマ』があり、それに沿ってアイテムをひとつひとつ用意しました。ガーデンで使うフラワーシャワーも会場のものは高かったので、フェザーシャワー(天使の羽)に代え、持ち込んだり、ゲストハウスだったため比較的持ち込みしやすかったので、それを利用し、待合室やロビー、トイレに置くアイテムも、会場の高いものは使わず、自分達でお花(生花は不可)や置物、自分達の小さい頃の写真など…用意し、華やかに演出しました。ウェルカムボード、ウェルカムベアも、もちろん手作り。お見送り時にゲストにお渡しするプチギフトも持ち込みにし、大幅コスト削減。少しでも安く、かわいい物を…と、アイテムひとつひとつ、インターネットで探したり、つくったりするのは大変だったけど、彼と二人の大好きな『テーマ』に沿って、協力し合い、楽しみながら頑張り、当日はたくさんのゲストの方に私達らしい素敵な結婚式だ、と喜ばれました!とってもとっても、心に残る自分達らしい結婚式を挙げる事ができました! この節約術のURL

世の中にはいろんなエステサロンがあるし値段もお高いので迷っちゃいますよね。
そんなあなたに朗報!

それぞれのエステサロン、全部試しちゃうんです!
・・・ただし、体験でね。笑
体験だからお手頃な値段だし、色んな所のエステ施術を試せてお得感満載。

一か月前に予約して片っ端から体験するんです。もちろん勧誘も笑顔でスルー。

この節約術のURL

投稿者:tiara
ドレスをセミオーダ!

レンタルドレスを検討していましたが、実際見てみると高い!
そして種類が豊富すぎてとても選べない!!と思い、
恵比寿にあるセミオーダーのお店を発見し、
いくつかのパターン(プリンセスライン、マーメードラインなど)を試着し、決めました。
サイズを自分に合わせて作って頂けて、料金もフルオーダーでなければウエディングだけですと5万円前後!
自分のものなので、結婚式と披露パーティーの2回で着られました。

あとは席札も席次も自分たちで作成しました。
席札はサイズ的に普通のプリンターでは作成できないので、私が手書きしました。
結構好評でした!

この節約術のURL

まず式場を決めるに当たっては、いろんな結婚式場に実際足を運んで見積もりまでもらっておくことが大切だと思います。
私は4つの式場の見積もりをもらい、徹底的に中身の比較をしました。

金額・スタッフのサービス・会場の雰囲気・ゲストのことなどを考え、口コミも沢山見て比較&検討して式を挙げたい会場を決定し、そしてここからは値下げ交渉の為に時間を尽くしました。

実際に式を挙げたい会場(Aホテルとします)と同等レベルの式場(Bホテル)にも見積もりをもらい、BにはAで式を挙げるか迷っていると伝え両方の式場で競合させました。

何度も値段の交渉を重ね、その結果両方の会場がどんどん値下げをしてくれ金額も初期見積りの段階よりかなり安くなりました。

ここでAホテルに決めてもよかったのですが、押しの一手で主人にAホテルの担当者に「Aホテルさんで式を挙げたいのですが、Bホテルがもっと値段を下げてくれて○○万円まで落としてくれたので、Aホテルさんももう少しなんとかなりませんか?この金額にしてもらえたらぜひAホテルさんで契約させてもらいたいです。」と電話で交渉し、最後の最後に更に10万円値引きをしてもらうことができました。

AもBも高級ホテルなので、どこまで値下げ交渉が出来るか不安でしたが、ここまで値下げしていただいて旦那の交渉力と最後まで真剣に向き合ってくれたAホテルのスタッフの方にはとても好感がもてました。
(素敵な担当者だったのでこの方に式の最後までずっとお世話してもらいました。)


それともう1つお伝えしたいのは、式場の金額は季節と日取りで随分左右します。

私たちは主人が夏生まれだったので季節は夏、両家の親も日取りはこだわらないと言ってくれたので仏滅にして、それだけで披露宴会場の使用料とウェディングーキ(デザイン生ケーキ)が無料になり、料理とドリンクも3%OFFになりました。
それだけで50万以上は安くなっています。

更に私たちの披露宴が2時間もオーバーしてしまったのですが、その後に宴席がなかったので延長料金も一切取られることなく、まさにオフシーズンに式を挙げられてよかったなぁと思いました。

準備段階でもドレスも先約が入っていることは少なかったですし、式当日も1組しか被らなかったので、挙式後に焦らされたり写真スポットなど混雑することなくよかったです。
(ハイシーズンになると写真スポットの時間に制限がかかるとスタッフの方も言っていました)

季節と日取りをオフシーズンに変えるだけで金額もぐっと下がりますし、準備や当日も他のカップルとバッティングすることもなく余裕が生まれるのでいいと思います。

ちなみに私の知人は秋にBホテルで式を挙げましたが、ハイシーズンの大安に挙げたのでゲスト90名ほどで600万かかったそうです。


最後に…
披露宴の支払いが全額クレジットカードで出来る会場は更にオススメします。

クレジットカードの請求は翌月以降になるので、手持ちが少なくてもご祝儀で支払うことも可能になりますし、何より高額なポイントがつくのでお得です!
私たちは結婚式場に支払った金額だけで5万マイル溜まったので、遠方に嫁いだ私はこのマイルで実家に帰ることが可能になりました。
九州⇔東京間を4往復できる程のポイントをタダでもらうことができたので大満足です。


みなさんも素敵なお式が挙げられますように…
この節約術のURL

最初の見積もりがとにかく肝心です!!!
どのホテルも最初の見積もりで軸を作ります。ですので、本命のホテルの前に、対抗ホテルとして何件か同じレベルのホテルを回り、見積もりを出してもらいます。あとは、電気屋さんと同じ方式で値下げ交渉。
その軸が決まれば、その後はいったんやりたいことをふんだんに盛り込んだプランを自分らなりに作ります。あとは、プランそのまま。やりたい式は作るけども、金額は削る。
削り方は簡単。
披露宴
花:見た目は豪華に、価格は安いのにしてもらう。(これで半額。約10万円)
映像:自分で作る。(20万円)
席札:ホテル提携以外のところに外注が安くて内容も良い。

ドレス:ホテル提携以外で契約。ホテルに10万円の違約金を支払ったのだが、それでも他社で借りた方が安かった。(約40万円安くなった上に、提携では4着しか借りれなかったものが6着借りれた。聞くと、レンタルのドレスは2回貸し出しした時点で元が取れるので、2回以上着てるものは正味クリーニング代で元が取れるのだそうだ。)
この節約術のURL

<<  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話