みなさんから寄せられた結婚の節約術を、新着順に表示しています。

<<  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  >>

最初の見積もりがとにかく肝心です!!!
どのホテルも最初の見積もりで軸を作ります。ですので、本命のホテルの前に、対抗ホテルとして何件か同じレベルのホテルを回り、見積もりを出してもらいます。あとは、電気屋さんと同じ方式で値下げ交渉。
その軸が決まれば、その後はいったんやりたいことをふんだんに盛り込んだプランを自分らなりに作ります。あとは、プランそのまま。やりたい式は作るけども、金額は削る。
削り方は簡単。
披露宴
花:見た目は豪華に、価格は安いのにしてもらう。(これで半額。約10万円)
映像:自分で作る。(20万円)
席札:ホテル提携以外のところに外注が安くて内容も良い。

ドレス:ホテル提携以外で契約。ホテルに10万円の違約金を支払ったのだが、それでも他社で借りた方が安かった。(約40万円安くなった上に、提携では4着しか借りれなかったものが6着借りれた。聞くと、レンタルのドレスは2回貸し出しした時点で元が取れるので、2回以上着てるものは正味クリーニング代で元が取れるのだそうだ。)
この節約術のURL


まずは、
席札・メニュー・プロフィールは全て手作りしました
これだけで数万変わってきます。(会場により異なりますが)

安っぽくならないように、紙質も工夫し
写真を全面プリントなど、かっこよく仕上げ大変好評でした。
特別なソフトを使うわけでもなく、全てエクセルのみで★


映像関係も、かなり頑張りました。
オープニング・生い立ち・エンドロールと3つ流したのですが、
3つ作るのは至難の業でした・・・・
(簡易んして安っぽくなるのが、嫌だったので)

オープニング・生い立ちは業者に頼みました。
これまた、会場に頼むと数十万と請求きたものが
3万円で済みました!!

オープニングは、ディズニーのトイストーリーのもので
生い立ちもとても可愛くかつかっこよく仕上げていただきました。

普通に、業者検索しただけでは高くついてしまうので、
mixiの結婚式コミュニティーなどを使って、格安業者さんを探しに探しました^^


エンドロールは自作で作りましたが、映画のエンドロールみたいだったとかなり好評で、くまを作って頑張ったかいがありました♪

使ったソフトは、無料のWINDOWSメーカーというソフトで
初心者でも、本当に簡単に作れますよ!!


あとは、ウェルカムボードを創作文字が得意な弟に書いてもらったり
会場装飾を、持っているツリーも使用したりと

できることは全てして、かなりの節約になりました★


会場やお料理引き出物はケチらず、他は全てケチりました^^笑 この節約術のURL

投稿者:らんこ
会場に頼まず節約!

多才な知り合いが多いのを活かし司会、カメラマン、ヘアメイクは友人に頼みました!
他、招待状、花屋、ケーキ、引出物プチギフトに至るまで自分達で探しました!
かなり大変でしたが楽しかったです(*^o^*)♪

ドレスは都民共済さんで借りるとなんと!19800円!
種類も多く試着も沢山できますのでオススメですよ☆ この節約術のURL

昔から母の影響で裁縫が好きでした。
なんとなく結婚式でウェディングドレスを作れたらいいなと夢見ていました。
いざ自分の結婚式。
レンタルのウェディングドレスを見て、こんな素敵に作れるだろうかと不安でしたが、思い出に残る式にしたい!手作りいっぱいのあたたかい雰囲気にしたい!みんなを驚かせたい!
そんな思い出作りはじめました。
時間が空くたびに少しずつ少しずつ作って、製作期間4ヶ月。
無事にオフホワイトのレースのウェディングドレスが完成しました!!!!
自分で作ったのでサイズもぴったり。
予算もドレスだけで3万ほどで作れました!!!!!
残りの生地でリングピローやヴェール、アクセサリーなども作れて
かなり節約になりました。

手作りにこだわったので、招待状、席札、メニュー表、ウェルカムボード、花冠(これは友達の手作り)作れるものは全部作りました!

みなさんにも好評で、特に母親が喜んでくれました。
むしろ式場の方や、前撮りでお世話になったスタッフの方が好評でした。珍しかったみたいです。

節約になったので赤字も少なかったです。
大変だったけど手作りは心がこもるし、それが来てくれた皆さんにも伝わると思います。
もちろん節約も大事ですからね!!! この節約術のURL

式場のアルバムがものすごく高く、一冊10万円というレベル。とても複数冊作れないので、自分たちであとで結婚式の写真から選りすぐって別にアルバムを作ることにしました。こうすれば普通の手作りアルバムで一冊数万円もせずにやってくれるところがたくさんあります。式が終わり、そろそろアルバム作ろうね、、、と二人で言い続けてはや2年。結局、アルバム代はまるまる浮いてしまいました、、、かな? この節約術のURL

投稿者:おぴ
身内総動員!

式場は実家(寺)、導師は父親、司会は従兄弟。衣装は友人から借りてヘアメイクは自分で。派手な披露宴はせず近所の料理屋で食事会をしました。引出物もカタログギフトと小さな箱入り菓子のみで。いい結婚式だったと意外に好評でした。 この節約術のURL

投稿者:紺です
今より先の思い出作りを

式は私が小学生の修学旅行で初めて行って初めてお嫁さんを見た京都で。親のみです。これが今迄のお互いの元家族との最後の旅行とも考え、又新婚旅行も兼ねました。新生活はワンルームから。身分相応でと一人ぐらし分で、家具は買いません。そのスペースに合わせて家財、品物が増えていくからです。家計簿はつけて、日本の昔のスタイルでの生活を心掛けました。例えば給与が25万なら実際23万はかかると計算算出したら20万の生活でやりました。万一足りなくなればキャッシングで無く友人に借ります。ローンは借金、カードは持ちません、心理作戦なので。友人を金銭で失いたくないから必ず節約も身が引きしまります。それで預金をしていきました。 この節約術のURL

投稿者:ふきたま2
何でも自分で!

ウェディングプランナー等に言いなりにならないで、自分でできることは何でも自分で作るし、やる。ペーパーアイテムなんて全部自作でOK。何を注文するのでも、見積もり+競合が基本。

教会最安値込み込みプランで挙式→自分で抑えた近場の会場へ移動→自分たちで用意した食事8割とプロに用意してもらったケーキ+メインディッシュ2割を会社の後輩に給仕→司会進行も受け付けも裏方も全部知り合いに依頼し、ウエディングドレスは当然共済の最安値を利用し手持ちのアクセサリーでデコレーションしてごまかす。メークも着付けも全部自分でやる。

これで100万以上楽に削れます。苦労した分=節約分、そのまんまですね。 この節約術のURL

<<  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話