選りすぐった結婚のおすすめ節約術を、新着順に表示しています。

<<  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  >>

結婚式ってあとからどんどん費用がかさみます。
私たち夫婦は事前に某結婚情報誌を読みあさり、結婚式場に下見に行った際に貰う見積もり時点でかなり交渉しました!

他から貰った見積もりを最終的には見せて、何度も担当者の方に交渉しました。
手作り出来るもの(しかも無料で持ち込み可能か確認したうえで)もあえて、業者発注する予定で見積もりを入れてもらい、金額が高い見積書からという理由で、値引かせるという荒業を使いました(笑)

結局式場に払ったお金は、最初に予定した金額よりは50万円ほど下がりましたし(グレードは当初から変えず)、追加費用も入ってトータルで50万円下がったので、結構頑張って節約できたかと思います。

席次表や両親への記念品(私がアレンジメントを習っていたこともあり)は自分たちで手作りし、引き出物も外注しました!
引き出物を郵送するという、斬新な方法をとりましたが、ゲストからはかなり好評でしたよ! この節約術のURL

投稿者:みーちゃん嫁
ウェディングベールは絶対手作り!

ウェディングベールは簡単に作れます!
憧れのロングベール、式場で見積もりしてもらうと、一番安いものでも
数万円…!!
手作りキットでも2万近くしたので、生地からハサミでチョキチョキ作ると、ロングベールでも数千円で作れました!
ベールって挙式でしか使えないので、使用時間に対するコストを考えるとあまりお金をかけたくない…そんな人に是非オススメします!
この節約術のURL

投稿者:まぁちゃんドリカム&ファジコン大好き
自分達で出来る事はする

司会者をプロにお願いしないで友達ネットワークを駆使して頼んだりケーキや結婚リングや引き出物手作り出来れば家から持って行ったり料理はビュフェスタイルにしたりして手作りを増やしてアットホームに作って旦那さんと一緒に作り上げて絆ともっと愛を深める! この節約術のURL

写真やビデオをプロの方にお願いすると、かなりお金もかかってしまいます。
かといって、親戚に頼むわけにもいきません。
せっかくの記念だからきれいな画像・映像で残したいものです。

式場提携の業者相手には、(彼がかなり機械に強いので)使っている機材やスタッフのスキルの聞き取りを怠らず、またインターネットなどで調べた業者にも同じように交渉をして、10社ほどの会社を比較検討してみました。
結果、式場からの提示金額の半額で契約することができました(外注となりましたが)。

言われたまま式場にお願いするケースも多いと思いますが、軽く20万円くらい変わってくるので試す価値ありです。 この節約術のURL

私たちは、全て試算した結果、ハンドメイドの方が安いという結果にいたり、ほとんどのものを自作しました。

招待状や席札にはじまり、披露宴での食事のメニューや、座席表、ウェルカムボードも自作。
ウェルカムドールには市販のぬいぐるみに、自分で服を着させました。
また、生い立ちの紹介ムービーや、エンドロールも作成パソコンに入っていたムービーメーカーで自作、サンクスプレゼントも大量購入で安くして、ラッピングは自分たちでしました。

そして、引き出物。
実は持ち込み料が1件につき500円必要でしたが、それでも持ち込んだ方が得でした!!

全て合計すると、全部で30万円ほどの節約につながりました♪

既製品に比べ、多少見劣りする部分もあったかとは思いますが、自分たちができる、精一杯のおもてなしはできました。
節約ももちろんですが、手間をかけた分、思い入れも強く、私たちにとって大切な日となりました!! この節約術のURL

ウエディングドレスや、タキシードを結婚式場でレンタルしようと思ったら、金額が高額な事が判り、母に相談したところ県民共済でもレンタル出来るよ。と聞いてさっそく行ってみたら、なんとドレスもタキシードも・・・
1万円でした!!なので、二人でお色直しもたくさんしちゃいました。
安いのに、エレガントな素敵な式が出来ました。 この節約術のURL

投稿者:hiboshi
新婚旅行にタダで行く!

結婚に関連して必要になる費用は、全部合わせると相当なもの。
これらの費用は大きく3つに分類することができます。

それは、
 1.自分たちで自作することで節約できるもの
 2.グレードを下げたり我慢したりすることで節約できるもの
 3.どうやっても一定額以下には節約できないもの
という3分類です。

1つ目は、例えば披露宴の席札を自作したり、新居への引越し作業を
可能な限り家族や友人に手伝ってもらって行うことで節約できます。

2つ目は、安い結婚式場を探したり、あえて仏滅の日を選んだり、
衣装(ドレス等)などを安価なものにすることで節約できます。

そして3つ目。実は、これが一番厄介なものです。
例えば、新婚旅行の飛行機代。ハワイやヨーロッパに行くとなれば、
エコノミークラスにしても大きな費用が必要です。
これを節約しようとすると、「本来は行きたかった場所に行かず、
行き先を変更する」あるいは「そもそも行かないことにする」、
といった本末転倒な手段を使うしかありません。

そこで、おすすめなのが、1つ目・2つ目で分類した諸費用を、
すべてJALカード等のマイルが貯まるクレジットカードで決済し、
マイルを一気に貯めてしまう、というやり方。

式場選びをするときには、式・披露宴の費用をカードで決済できる
ところを絶対条件としたり、必要な家具・家電を買うときも、
それこそどんなに小額の出費をするときも、必ずカードを使うこと。

私たちの場合、結婚準備にまつわるほとんど全ての費用をカードで
決済し、マイルを貯めたことで、新婚旅行の往復航空券代がすべて
貯めたマイルで賄うことができました。しかも、ビジネスクラス!

要するに、どのみち「避けられない出費」なのであれば、
「ついでにマイルが貯まるようにする」を、ただひたすら
心がけることが大事です。 この節約術のURL

投稿者:白くま・ジュン
写真は、出席者に撮ってもらいました!

結婚式の費用の中で、以外に多い比率を占めているのが、写真とビデオ撮影の費用だと思います。
素人が大人数の写真を撮影すると綺麗に撮れないことが多いので、出席者全員の写真はプロに1ショットだけ撮影してもらいました。この写真は、結婚式・披露宴に出席した全員の写真を撮ってもらいました。私たちの場合60名ほどですが、とにかく結婚式披露宴にきていた全員を写したかったのでそのようにしました。
この写真は1枚だけプリントして、スキャナーで読み取り、自分で親戚にはちょっと大きめ、友達には小さめのプリントを作って全員に差し上げました。

それ以外は、すべて出席したかたに撮影していただき、そのほとんどをメモリーにコピーさせていただいて、クラウドに保存してそこから良さそうな写真をフォトブックにしました。
ビデオは、姪っ子に持たせ、結婚式から披露宴に移動する時もライブでまわしつつずけてきろくしました。今でも楽しい記録になっています。
 
撮影費用12000円、プリントは自前で1枚30円から200円で60枚プリントしましたが、総額で6000円ほどでした。
ホトブックは、新郎・新婦の両親とわたしたちの分3冊で4500円
ビデオの編集は、甥と姪がしてくれました。

ビデオと写真の総額が、22500円ほどでできてしまいました。

この節約術のURL

<<  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話