選りすぐった結婚のおすすめ節約術を、新着順に表示しています。

<<  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  >>

両親に感謝の意味を昔は父親にブートニア、母親に花束?を私たちの結婚式ではいま流行の父親に花束、母親に産まれた時の体重のテディベアをプレゼントした。テディベアは普通に注文すると1,2万円とるようで・・・。たっ、たかい(--;)と思った私たちがとった行為とは・・・・テディベアを安価で購入しそれに重りを入れ込むということだった。たかが数千円、されど数千円。。。だが一工夫手を入れてあるので注文したウエイトテディベアより愛のこもったプレゼントだと思う。私の母親、彼の母親ともに涙がポロリ。よかったなぁと思った瞬間だった。 この節約術のURL

投稿者:ayapon
結婚指輪

結婚指輪といえば、プラチナやゴールドのものにする人が多いと
思いますが、二人分で10万円〜20万円以上もすることがわかり
びっくりしました。
そこで私たちの指輪は「チタン」にしました。
価格はなんと、二人分で1万5千円ほど。
チタン製のものは安いだけでなく、強度が強い、金属アレルギーに
なりにくいなどのメリットもあるとか。
安いからありがたみがないとかいう感覚はまったくなく、
とても気に入っています。
この節約術のURL

結婚式に招待する方々にお送りする『招待状』。
誠意ある気持ちって文字で相手に伝わるので、PCで作成するにはなんだか味気ない・・。だからと言って自分達で書くには大変な作業だし、達筆でないと返って失礼になってしまいますよね。。
会場によっては招待状の宛名書きサ-ビスなんかもやっていただけるけど、1枚に対して300〜400円位の費用が必要になってしまいます。。。
ドレスやブ-ケ・キャンドルサ-ビス・・会場のお花、食事・・お金をかけたいところは多々あるのに、宛名書きにお金を費やしたくないのが本音ですよね。
そこで、区や市の施設を利用してみました。
『シルバ-人材センタ-』では、名簿と封筒を持ち込めば、一通あたり90円前後の費用で、達筆な宛名書きをしていただけます。
格安な費用で両親も納得の招待状が送れました。
普通は花束贈呈では両家の母にだけお花を贈りますが、宛名書きで浮いたお金で、私達は両家の父にブ-ケとお揃いのお花を当日サプライズで贈り、みんなの思い出に残すことができました。 この節約術のURL

投稿者:でんでんこ
家電製品一括購入!

新居にはやはり不可欠な家電製品。
お互いの分の持ち寄りが一番経済的ですが、冷蔵庫や、洗濯機はやはり大きなものになりますよね。
あちこち安いのを探して回るのもいいですが、時間も手間も掛かる。
リサイクルショップもいいけど、他人の使った物のは抵抗が…。
そういうとき、大型家電ショップで必要なものをまとめ買いして、安くしてもらうように値切り、、いや交渉してみましょう。
競合店をまわるのも手です。
意外と値引きしてくれますよ。
それでもダメなら小物などオマケしてもらいましょう。 この節約術のURL

ロフトにいくとそういったものがたくさんある。パソコンをつかって書式をダウンロードして、編集して印刷するだけ!式場に頼むときれいだけど値段もそこそこするので、手間暇かけてオリジナルを作るのもいい思い出になると思う。 この節約術のURL

投稿者:ななさん
何でも声をかけるべき!

自分たちでオリジナルのプロフィールを作ろうと思っていました。担当者に相談してみると、席次表に印刷できるものがオプションであると教えてくれました。一部100円ということでしたが、担当者が業者に連絡してサービスでつけてくれることになりました。また、事前に披露宴のメニューを試食できるフェアがあったのですが、当日は参加できず残念だったと担当者に話すと、後日二人だけのために試食を準備してくれました。 この節約術のURL

投稿者:tomo
手作りアイテム

リングピローやウェエルカムボードを手作りキットを買ってきて
作ったことにより、市販のものを買うよりも節約することができ
ました。
また、席札や招待状も手作りにしましたが、こちらは失敗すると
かえって時間&お金のムダともなりかねないのでご注意ください。
(私は失敗しました・・)
あとは、引き出物のカタログギフトを、インターネットで購入す
ると20%引きというサイトを利用して注文したので、大幅に費用
を削減することができました。
節約できるところは節約して、演出のオプションや料理など、ゲスト
の方たちに楽しんで帰ってもらうのに必要なことはケチらない!という
のが鉄則だと思います。
この節約術のURL

投稿者:きん
みんながカメラマン!

会場でカメラマンを頼むとかなり高額。二人の写真は前撮りできれいにとっていたので披露宴会場では各テーブルに使い捨てカメラを1台づつ置き出席の方に好きに撮ってもらいました。出席した方同士やお料理などおもしろい写真、もちろん私達二人も撮ってもらい使えない写真も何枚かありましたがオリジナルの面白いアルバムができました。カメラを持ってきていた友達や親戚からは後日焼き増しして写真をもらえたのでカメラマンを頼まなくても良かったです。 この節約術のURL

<<  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話