選りすぐった結婚のおすすめ節約術を、新着順に表示しています。

<<  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  >>

人前結婚式だったので、ウェルカムボードから席次表、メニュー、式次第にいたるまで、全部自分で作りました。
もちろんハガキも自分で印刷して送りました。
仕事柄、そういうことをやっていたので、どんな風にすればいいかわかっていたので・・。あとビデオ撮影も知り合いにお願いしたので超安くて済みました。業者に頼むと何万と取られますが、仕事のコネを利用して、みんなにお願いしちゃいました。節約はしましたが、おかげでとてもアットホームな結婚式になりました。 この節約術のURL

レンタル店でウエディングドレスは借りたものの、カラードレスも借りると結構高くつく…。しかも気に入った色がありませんでした。
そこで、ドレスショップにて5万円位で購入し、挙式後ネットオークションで売ってしましました。
友人には驚かれましたが、着る機会もないし、家に置く場所もなかったので…。でもこれだけで10万円以上浮きました♪

他にも…
・ウェルカムボード、ウェルカムドールは手作り
・結婚式の写真はプロに撮ってもらい、アルバムはネットの無料加工ソフトを使って自作
・集合写真はホテルで撮ってもらったものを焼き増しするとすごく高いので、写真→写真のプリントを近所の写真店で頼む
・プチギフトや余興に使うものはすべてネットで安く購入
・結婚報告ハガキはパソコンで自作
・内祝はネットでギフトカタログを20%オフで注文して発送

結婚準備は基本的に人まかせにすればするほど高くなると思います。
もしお時間に余裕があればぜひ自分たちでできることは自分たちで済ませてしまうのが一番の節約になるかもしれません!
この節約術のURL

投稿者:sakura
自分で調べる!

招待状、席次表、メニューなどのテンプレートはネットで
無料であります。そういうのを調べて自分で出来そうなものは
すべて自分で作成すると節約だけじゃなくて愛着も沸きます。

あとは司会者や会場装花。
持ち込み料がいるかどうかにもよりますが、要らないなら
持ち込んだほうが安いです。


司会者はネットで探せます。
お花は近くのお花屋さんで探してみるといいです。
ネットで会場装花やりますというところじゃなくても
やってくれます。それでいてお値段は安いです。

プロフィールビデオ等にしても同じです。

とにかく自分で価格が適正かどうかを調べてみると
結構節約になりますよ☆ この節約術のURL

投稿者:まこと
全て自作・自演

結婚するに当たり、本当にお金がなかった私達!
そしてまた、ありきたりの結婚式がどうしても納得いかなかった私達!
丁度二人の友達関係を改めて考えてみると、結婚式場の場所、テーブルに着飾る花、司会者、写真など友達関係を通じると自作・自演できることが判明しました。
全てを補えた訳じゃななく、さすがにドレスと案内状だけは苦労しました!
しかし、ドレスは妻が自ら作ったドレス2着で納得して頂き、案内状は自分達で作る事で解決しました。
披露宴後の周囲の感想としては、生バンドによる演奏を行い、自分達の趣味であるダンスを実施した事が、一番楽しかったとの事でした。
ひとつひとつ見積もりを貰い、試算するのに一番時間を要した事と、友達関係に本当に恵まれた事で本当にいい披露宴をする事ができました。

新婚旅行はというとそれこそお金がない私達!
ラスベガスとロサンゼルスにどうしても行きたい!かといってツアーだとどうしても時間的に束縛されてします。
結局、飛行機の予約、ホテルの予約から全て私がするハメとなりました。
まったく英語なんて喋れない私ですが、日常英語のテキストを片手に現地でのレンタカーの手配から、ロサンゼルスでのモーテルの予約から何とか2週間の新婚旅行から無事、帰ってくることができました。
結局、披露宴で50万、旅行で7万程、安く終えました。
本当にお金が無かった私達ですが、手出しゼロ円で全てを終えました。
本当に恵まれた環境だっただけに実施できたのは事実ですが、私自身が苦労しながら行動を起こした事が全ては良かったと思います。

最後に新婚旅行については、勢いのままに自分達でラスベガスとロサンゼルスに行きましたが、今思うと本当に何事もなく無事に帰ってこれた事が不思議でなりません。

もしも、もう1回行くとすれば絶対にツアーにしたいと思います。(笑)英語が喋れるならば本当に自分達で予約した方がお安くできます。

最後の最後に、本当に色々と苦労しましたが、一生の思い出として最高の始めての二人の共同作業でした。

なせば成る!なさねば成らぬ!行動力が全てでした・・・



この節約術のURL

投稿者:yutakoro
ブーケ代の節約!

ブーケ代ってびっくりするくらい高いですよね。。。

私の場合、和装からウエディングドレスへのお色直しの時、イベントとして「ブーケブートニア」を行い、その花束をブーケとして使用しました。
流れとしては次のような感じで行いました。

?お色直しを済ませた新郎が先に会場に入り、各テーブルに用意した花束を来客の方から受け取り、ひとつの花束にする。

?新婦が父親と入場し、新郎のもとまで行く。

?新郎からプロポーズの言葉とともに花束を受け取る。

?新婦はお返しにブートニアを新郎の胸元に返す。

以上です。

披露宴でのイベントにもなるし、用意するのは各テーブルから回収する花束と新郎が胸につける花で、すでに作ってあるブーケのきれいさとはいきませんが、金額的にもだいぶ安く済みますし、思い出にもなるのでおススメです。 この節約術のURL

 私の結婚披露宴(レストランウェディングでした。)は、とにかく自分たちで動いて作りまくりました。
 まず、招待状。もちろん手作りです。いまはインターネットを見ると例文とか、デザインが無料でダウンロードできるので、2人で一緒に検索して、店で用紙を選んで、作り上げました。
 次に、席次表。これこそ業者に頼むとお金の無駄。簡単に作れるので、自分たちで作りました。そっちの方がデザインが自由だし・・・何より、自分が人の披露宴に行ったときを思い出せば、式が始まった時点でお払い箱・・・それなら節約して、デザイン次第ではみんなの心に残ります。
 そして、私たちの場合、なんと・・・引き菓子引き出物まで、自分たちで購入して持ち込みました。任せると楽だけど、マンネリです。そこで、いろんな店を回ってくる人くる人に合った物を次々と購入(人によってはセット物とか・・・)そしたら、意外にいい物が都合のいい値段で購入できたり。何よりも、自分たちが楽しめました(笑)
 楽しみながら、節約しながらやったので、忘れられないものになりました!! この節約術のURL

作れる物は手作りで作ろう。式場に頼むと結婚式値段でバカ高い…お祝いごとだから仕方ないのか??

手作りで作れる物→招待状・席札・
         席次&メニュー表&プロフィール表・
         サンクスカード・ウェルカムベアー・
         ウェルカムボード・生い立ち映像

これだけでも、かなり安くつく。後は演出でも思考をこらそう。
例えばキャンドルサービスをするところをブーケセレモニーにする。
(ブーケセレモニー→ゲストに花を一本ずつもってもらい、その花を受          け取りながらテーブルラウンドをする演出)
ブーケは元々いるものだしそれを演出に使っちゃおうというわけだ。
演出を少し考えると相当安くつく。

しかし気をつけなければならないこと。節約に目がいきすぎて質素なものにならないこと。ゲストも楽しみに来ているはず。それが期待はずれだとどうだろうか…ご祝儀も包んだのにってなことにならないように…使うところは使うこと。

絶対に節約してはいけないところ→お料理・ドリンク
               
この2つはケチると形になってすぐ表れるので気をつけて。

節約できるかも?→引き出物(探せば安くていい物あるよ)
         花(生け方によって見栄えよく安くできる)

節約はやりようによってはとてもイイ。が、失敗するとシケル結婚式になることを肝にめいじてしっかり取り組むこと。手間もすごくかかるよ。用は自分次第。少しでも安くあげれるよう頑張って☆
   この節約術のURL

投稿者:スタン
節約術そのイチ

まずは式場選び、季節、時期などにより、どこの式場もキャンペーンをおこなっており、場合によっては半額近いところもあります。
探すためには、各雑誌、実際式場の見学などetc

式場が確定したら。人数・披露宴の内容などで総額費用の見積もりを
良く確認する。

特に節約できるのは、食事5000くらいの差であれば、そんなに大きな食事内容の差は、無いと思われ、招待客からも不満足の声もあがりません。

次に引き出物・引き菓子・どこ式場でも持ち込み可のところが増えてきていると思います。引き菓子は難しい場合もありますが、引きで物これが一番コストがかかります。持ち込み料金は1個350円くらいから、なにも全て式場でまかなわなければいけないわけではありません。

衣装・引き出物その他全て、都民共済・県民共済に加入していると式場はもとより全てが格安で購入・借りることができますのでまずは共済の結婚情報センターに確認してください。

座席表・席札・メニューなどは自分で作成、花も持ち込み可ナオところがありますので、手作りでできるところはなるべく手作りでおこなうこと。

あとは、来客者一人当たりの単価が概ねでますので、人数の調整をしてください、少なくても最低料金はかかりますので、70〜80名以上くらいが損益分岐店だと思います。

最後に税金、サービス料などかなり出費がかさみますので考慮して総額を積算してください。 この節約術のURL

<<  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話