みなさんから寄せられた結婚の節約術を、新着順に表示しています。

<<  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  >>

オープニングムービーや、プロフィールDVD、エンドロール全て式場に頼むと20万近くになってしまうことが判明。
ムービーメーカーをダウンロードし、自分たちで作成しました。
仕事終わりに作ったので、かなり大変でしたが、自分たちの納得できるものをとことんこだわって作成することができました。
自分たちの写真の他に、友人や親族の写真もたくさん使ったので、評判もよかったし、今度自分たちの時も作ってとお願いされました。
自分たちで作って良かったです。 この節約術のURL

最初の見積もりでペーパー関係は約15万。
席札、メニュー表、ウェルカムボード、会場の案内ボード、作れるものは自作しました!
会場のお花も小さい物ではなく、シャクナゲの花をメインにすることで、数は少ないけれど豪華な印象でした。
手作りしている時間も、とても楽しい思い出です! この節約術のURL

投稿者:あす
結婚に向けて

私は籍を入れていません。子供は二人いてますが訳あって入籍できていません。でも2年後やっと内縁の夫の籍を名乗る事ができます。それが嬉しくて一生懸命節約しています。私は何に対しても手作り、手作り!どーしたら家で作れるかなー?と頭をかしげています。この間、夏祭りに行った次の日から卵せんべい、リンゴ飴、タコ焼き器で作るカステラを子供と一緒に作りました。でも作り終わってから「これって節約になってるんかなー?」って思う時もあるけど、節約になってるって信じて結婚するまでも結婚した後も頑張りたいと思います。 この節約術のURL

仕事終わり、ついつい付き合いで飲みに行ってしまうことが多い私だったため、毎月の食費が予算オーバーすることが多々あった。
そこで、妻が私に自炊ポイントカードを手渡した。
これは、私が飲みに行かず帰ってきて、かつきちんと事前に妻へ夕ご飯を食べることを伝え、妻が作ってくれたものを食べると、ポイントがもらえるというもの。
1回5ポイントで、妻への連絡が漏れると2ポイントに減ってしまう。
月に50ポイントたまると、ご褒美がもらえる。(ご褒美は、お小遣いや週末に妻とのデートなど、2人で楽しみながら決めている)
これで、二人共楽しみながら、無駄な出費がなくなった。 この節約術のURL

会場見学の際に大体の見積もりを頂ける事が多いですが
その見積もりには実際結婚式を、行うには足りない物が多く結果的に見積もりよりも予算が高くなりがち!
その為、最初の見学の際に、実際に式でやりたいこと
必要な物すべて盛り込んで最大で予算はいくら位になるのかの見積もりを出してもらいました。

やりたい事を全て盛り込んでいるので、あとはここから必要の無いもの、時間的に難しい物は省いていくので
結果的に当初の予算より必ず下がります。

勿論漠然と見積もりをもらうだけでは無く
なぜこんなにかかるのか?
等疑問に思った事は質問をして納得できない所は交渉します。
具体的にはケーキカットの値段が事前のネットで調べた価格の二倍だったので確認した所カット様とゲストに出すようは別でケーキ2個分の値段がかかる
と説明があり
なんとも納得がいかず、カットしたケーキは持ち帰ります
と伝えると
それは出来かねるので
半額にいたします
との事で半額になりました。

二次会のヘアセットに使うお花も
披露宴で使用したメインテーブルのお花を使うので
新たに二次会用に出費は避けたいと申し出ると
メインのお花を事前に数本上手く抜いて保管して頂きました

これだけで6000円無駄な出費を避ける事ができました。

衣装も会場に着たい物が無かったので
遠慮せずに伝えました。
具体的にこの様な物が着たいと。
担当の方の計らいもあったのかもしれませんが
着たい物を着たい
でも持ち込み料が高くて…と素直に伝えると持ち込料金80%オフになりました。

自家栽培の食材を沢山持ち込んだ事でワンランク上の料理がコールでは一番安い料金で見積もりを出して頂けました。


司会、カメラマン等は持ち込みで同じ会社から受注する代わりに割引してもらいました。

席札などのペーパーアイテムはキットを買い手作りしました。

ペーパーアイテムはキットがあるので時間もあまりかからず作れる事や
オリジナル感もだせます。
席札は祖母自作の絵を使用する事で家族孝行もできました。

BGMや映像編集も個人でやったので無料でした。

二次会は系列の場所を使用する事で色々割引がききました。

最初の最大限の予算の見積もりからのスタートだったので
後々額が増える心配も無く
予算もゲストからのご祝儀は期待しないという前提で全額払える額で設定したため
支払いの心配はありませんでした。

勿論支払いはカードで行いカードのポイントを商品券に変えたりと後々もお得でした。
家族、親族の宿泊代も会場からのサービスで付けてもらえるよう交渉するとだいたいつけてくれる事が多いです。


通常値段より総額で200万程度浮きましたが
浮いた分は新婚旅行や来てくださったゲストの皆さんへ還元出来るよう心がけました。


料理、飲み物、引き出物、
会場の場所、環境など直接ゲストに繋がる物はケチらないように心がけた為
料理がとても美味しかった
駅から近くてよかった
品のある会場

等反響は良かったです。

親族の集合写真も会場の基本パックについている物以外は外部業者に会場の一番良い場所で撮影できるよう事前にスケジュールにも組み込んでもらったので
外部業者からもらったデータで自分達で焼きましして親族に配布、出席出来なかった近親者には手作りアルバムを作成
映像も自分達で編集し焼きましして
配った為、万単位でお金がうきました。

自分達でやってもプロに任せても然程変わらない物に関しては自分達でやる事がオススメ!
その代わりゲストを喜ばせる物にはしっかりとお金をかける

そうすればゲストも喜んでくれますし
見栄えも華やかな式になり
予算も低予算です!
この節約術のURL

投稿者:もも
必ず節約できる

新聞、チラシ、商品の表紙、インターネットにはお得情報がいっぱいです。
隅々までチェックするのが大事。
しかも結構楽しいですよ(^^)
懸賞申し込みは毎日少なくとも1件はしてください。
スーパーと本屋は懸賞の聖地です。
焦らずコツコツやってくと必ず節約できます!
面倒くさがらずにやってみてください。
本気で書いたので当選お願いします!>_< この節約術のURL

投稿者:ぴにゃお
ほぼ手作り結婚式!

自分側で作成たもの
・プロフィールムービー
・リングピロー
・招待状
・席札
・席次表
・ブーケ
・衣装(ドレス)
・ウエルカムドール
・ウエルカムボード
・フラワーシャワー

結婚式の見積もり400万弱。
これを見たとき「自分で作ります!」と言い、自分で出来そうなものは作ることを決めた。

幸運なことに周りは手先が器用な人が多く
絵をかくのが上手な従妹に
・ウエルカムボード
・招待状のイラスト
を依頼。

小さいころから服を作ってくれた母は
・披露宴〜2次会のドレス
・ウエルカムドールの衣装

昔からお世話になっている美容室の先生は
・ブーケ
・母手作りドレスのヘッドドレス

自分で
・招待状をリコーのコピー機で印刷
(ネットで招待状セットを100部入って1万弱くらいで購入)
・フラワーシャワーを造花を解体して作成
(友人の結婚式で傷んだ花びらを何回も投げたので、絶対に自分の結婚式では綺麗なものを使用したかった)
・席次表はネットで安いところを探して依頼
(写真をふんだんに使った席次表にしかった。式場では1冊1000円のところ、ネットでは500円で出来た。)
・席札
(文房具屋さんで購入。印刷してデコレーションした)
・リングピロー
(鳥かごに風にしたかったので、ネットで探して、その中に造花ピローを入れてデコレーション)

ゲストからは、
なんでもかんでも手作りしたことに驚いた!
でも質素な感じは全くしなかった。
特にドレスはすごい!
とおほめの言葉をいただいた。

お陰で県下で一番高い式場で250万で終らせた。
周りの協力のお陰で素敵な結婚式になりました! この節約術のURL

投稿者:プンプン
冬でもお湯は使わない

旦那に言われて気付いた事なのですが
私は、冬でもお皿を洗うときは必ず水で洗います。
手荒れが嫌で、ハンドクリームもめんどくさいのでいつも水。
落としにくい汚れがあれば、排水溝掃除と一緒にやかんのお湯をかける生活をしていました!

でも、旦那に「ガス使わないから安いよね」と言われて、結果節約になっていました!

冷たいからすぐに洗うし、水も無駄に流してないはずです! この節約術のURL

<<  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話