選りすぐった結婚のおすすめ節約術を、新着順に表示しています。

<<  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  >>

投稿者:竜ママ
ナイスぱぱ

結婚式の日取りが新郎・新婦どとらかの誕生日と同じ日であれば10万円安くなると聞き、新郎の誕生日がちょうど休日だったのでその日に結婚式を挙げました。ちなみに授かり婚(できちゃった結婚)の場合も10万円安くなるので、私たちは20万も安く結婚式を挙げることができました。 この節約術のURL

まず必ずブライダルフェアに行く。式場・ホテルによってはフェア参加によって得点が付くところも有。
私の場合デザートビュッフェがつきました。


手作りで言えば・・・
ウェルカムボード   二人の子供のころから今に至る写真をうま〜
           くデコレーション

ブーケ・ブートニア  花屋に勤めていたこともありすべて自分で作           りました
両親の花束


その他ドレスの時の手袋・ベールは友人からかりました。
ティアラなどの髪飾りもレンタルでも高いので生花でヘアオーナメントにしました。

お色直しはしないで、髪型・ブーケ・お化粧をかえました。
髪型をアップからダウンへ変えるだけでも印象が違うようです。
私の後に結婚した友人はその方法をつかいました(^^♪


この節約術のURL

投稿者:ハローアイアイ
「結納も全て一緒に・・・」

全て自分達でやりました。3階建ての1軒のスタジオを貸切にして 当日午前中から両家食事会式の結納をして 地下1階で結婚式 その後2階にパーテーィー会場をつくり会費制でパーティーをしました。ウエディングドレスは中古で5万円で買い お色直しのドレスも2万円でしたよ! メイクやヘアーはプロの友人にただでしてもらい ウエルカムボードや会場のお花やブーケはフラワーアレンジの仕事をしていた友人に素敵なお花で格安でやっていただきました。引き出物も用意しましたが、格安のお店で注文したので良い品を安く揃えました。パーティールームには、5人のオーケストラも入れました。とても大変でしたが、楽しかったです。  この節約術のURL

投稿者:みなみちゃん
友人知人フル出動!

ウェルカムボード・・・趣味で似顔絵を描いている友人に依頼
席札&招待状宛名・・・小さい頃から習字を習い、段を持っている友人に依頼
司会・・・元職場の先輩(テレビ局で働いていた時の先輩でアナウンサー)
ブーケ・・・趣味でフラワーアレンジメントを習っている友人に依頼
引き出物・・・百貨店勤務の友人に依頼し、社員価格で購入

持ち込み料はそれぞれかかりましたが、全体的にはかなりの節約になりました。協力してくれた方は全員招待し、披露宴の中でも紹介したこともあり、みんな喜んでくれました。
この節約術のURL

衣装代って、披露宴の費用のかなりのウエイトを占めるものですよね!
そこで、私のばあい、ウエディングドレスを1着、カラードレスを1着にして抑えました。
挙式ではウエディングドレスにロンググローブ、マリアベールに、手持ちのパールのシンプルなネックレスとイヤリングを付けて、ヘスタイルもシンプルにまとめました。
そして、披露宴の入場の時は、ウエディングドレスはそのままで、グローブは短いタイプに変え、ベールをはずし、ヘアスタイルはカールを付けて生花をあしらって華やかにし、ネックレスは借りると高いので、自分の好みのチョーカーをサテンのリボンで手作りしました。
写真を見ても、同じドレスとは思えないくらい、ガラリと印象が変わっていて、我ながら感心しました! この節約術のURL

投稿者:ハニーキャラメル
とにかくプラン内で節約!

ホテルでの挙式・披露宴。契約する前に見たプランは最低ラインの見積書。(これはどの結婚式場に行ってもそうです。)
それから何かとつけていけば10万単位でどんどんあがっていきます。そこで。。。お客様に来ていただいて喜んで、楽しんで、満足してもらいたいとゆうことが私の一番の目的。みんなが喜んでくれたら主役は一番うれしいです。なので、ドレス・エステはプラン内で。(ドレスはショップの方に少しまけてもらうよう説得(笑))エステはどんなに進められてもプラン内で!!の一点張り。
招待状・席辞表・メニュー表はプラン内で一番豪華に見えるものを選択。料理だけ一部変更しながらも金額は決めてその中で料理変更してもらうよう依頼。披露宴ではお客様に暇をさせないよう、お金がかからない程度でいろんなサプライズを考えました。私がしたサプライズは友達にプーケのプレゼント。会社の先輩にデザートのお皿の裏に当たりシールを貼りお菓子をプレゼント。祖父母にお色直しのエスコート。両親に生まれた時の体重のテディベア・花をプレゼント。
どこの席からでも楽しめるよう計画したらすごく喜んでくれました。
又、これは式が終わって半年たって知ったのですが・・・
引き出物をカタログにしていました。カタルグを頼める期限は半年。
カタログ会社から郵便で7名様がまだ頼んでいません。とのこと。
こちらから選んであげて送るのもよし、好きなものを選んで自宅に送ってもらうのもよし。とのこと。半年たって頼んでないのだからいらないのでしょう。と主人と話し合い、私たち夫婦で使うことにしました。カタログにしておけば必ず頼まない人は一人はいると思うからこれはかなりお得!!だって食器だとみんな持って帰りますもんね。
一冊3000円だから約2万千円浮きました。しかも半年たってからだからなんだかめちゃくちゃお得な気分になります。 この節約術のURL

投稿者:saki_wara
けちけちアットホーム!!

まずは、式場で働いている人の知り合いを捜して、その人からの紹介ということで、いろいろなサービスをしてもらいました!!
それから、式の司会進行をまたまた知り合いに頼み、半額以下で引き受けてもらいました。
もちろん、席次表や招待状などは、自分たちで手作り!テーブルに置く名前カードの裏に、ひとりひとりにメッセージを書いて、招待客の皆にも喜んで頂きました。時間と手間はかかるけど、お金も浮いて、とても良い結婚式になりました。
とにかく、使える知り合いは全部使って、わがまま言いまくりでした。でも、一生に一度のコトなので、みんなも快く!?協力してくれましたよ!! この節約術のURL

投稿者:yuyu
手作り

すべてが手作りでした。
ペーパー関係(家で作るのは当たり前)から始まり、お花はいつも通っているお花屋さんへ発注。お客様の目に近いものは質の高いものを。あまり目に触れないところのものは、似ている安いお花をお願いしたりと、こちらの希望をかなりくんでもらいました。
ドレスはいいものが良かったのですが、そういうのはたいてい高い!そこで、ブランドで開催しているユーズドの買取セールなるものを利用。50万以上のものがお直しを入れても15万ほど。ドレスは自分のものになるうえ、小物はおそろいのものをレンタルできました。
式そのものも手作り!友人たちにスタッフをお願いしました。
結婚式、親族の食事会、スタッフをしてくれた友人たちとの打ち上げ。親族とスタッフとの食事の会場を近くに設定し、事前に予算にそってメニューを組み立ててもらいました。追加注文に関しては予算は決めずに好きに頼んでもらいました。親族の食事会でもらった花を、小分けにして、スタッフに配り、そのほかにもスタッフには引き出物をプラス!とても喜んでくれました。
なんだかんだ100万でも充分お釣りの来る式ができました。
安いですが、式前の3ヶ月は嵐のような忙しさです・・・6ヶ月前なら少しは余裕があるかもしれませんね。 この節約術のURL

<<  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話