選りすぐった結婚のおすすめ節約術を、新着順に表示しています。

<<  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  >>

投稿者:スターこぶた
手作り満載!結婚式

席札、メニューなどのペーパーアイテムは当たり前。
ウェルカムベアーのような小さな人形も近くで安く布を買ってきて、素敵なはとを作りました。(型は図書館で借りた本にて)
人前式だったので、承認の拍手も拍手にせずに小さなベルとリボンを買ってきて職場のみんなに手伝ってもらって作りました。ハンドベルも職場でただで借りてきました。
ウェルカムボードはお得意の書道で手作り。(ものによりますが売っているのは2,3万とかします)職場で「自分で寿って書くなよ・・・。」って笑われましたけど。ちなみにウェルカムボードを置く三脚も借りると5000円と言われ、職場から借りました。
細かいことだけど、ブーケトスも投げたくなくてリボンを自分で用意。(式で用意してもらうと高いんですって)
・・・とここまでは自分たちでやったところ。大切なのは時間です。時間や見通しがあればここまでできます。そして友人に手伝ってもらったり、物がありそうな仕事をしている人に借りましょう。
さらに終わった人の感想としては、マイクや自分たちの席の前などの花はたいして気にならないということ。わからないから上、中、下とあったときにたいてい中を選びますが、マイクがリボンか花か、それが豪華かなんてよほどの人じゃない限り見ないと思いますよ。
既成のもの以上のやりがいと思い出と、もちろんお金が浮きますよ! この節約術のURL

投稿者:おいたん
新婚旅行

新婚旅行でイタリアに行ったのですが、ツアー自体が抽選で当たった格安ツアーでした。
また、オプションツアーにも申し込まず、自分たちで、回るところを計画、現地での移動もタクシーが怖かったので徒歩で移動。
お土産についても、地元のスーパーを聞いておいてそこで買うという徹底ぶりでした。
また1日フリーがあったのですが、その日は別会社のイタリアブランドアウトレットツアーに申し込んでおり、専用タクシーで一日プラダ、グッチ、バーバリーなど買いまくりました。結構日本では売っていないものもあり、面白かったです。(バーバリーのTシャツが1500円でした。)
ただ、片言の英語しか話せなかったためコミュニケーションが取りにくかったのと、ローマではジプシーが多く、裏道を抜けるのがとても怖かったです。 この節約術のURL

昨年結婚したのですが、節約術というより、当時の反省を
踏まえての提案です。

時々利用していたレストランの雰囲気や料理がとても
気に入って、そこで披露宴をお願いすることにしました。

普段の料理(夜でもコースが3000円台からありました)が 
お得な割りにとても工夫されていて美味しかったので、
披露宴の食事(12000円の予算)なんてどんなメニューが
出されるのかしらと楽しみにしていましたが、提案された内容は
ホテルの披露宴でありがちなフィレステーキとかで、
ちょっとがっかりしました。


今 振り返ると、あえて普段お店で夜に出されている
5000円とか6000円の予算でお願いすれば、むしろ
お店側が創意工夫をした料理が楽しめたかなぁ、、、と
思ってしまいます。
私はオーナーシェフの方に正直な思いを言えずじまい
でしたが、これから一生に一度の結婚披露宴をなさる方は
是非後悔のない内容にしてほしいものです。





この節約術のURL

投稿者:てにばか
新婚旅行の日程

僕らは新婚旅行先にスリランカを選びました。
理由は、
まとまった休みじゃないと行けない国
自分たちで行きたい観光場所を選べる
世界遺産がある
なにより物価が安い  です。
他の国に比べ物価は半分以下だったと思います。
結果として、一番お金のかかるお土産代がカナリ安くなりました。

他にも普通は式場側で頼む物で作れる物は全部作りました。
手作りだと思い出も出来、作ってて楽しいし、みんなにも驚かれるので嬉しいもんですよ。 この節約術のURL

投稿者:もっT
お土産を現地購入

私たち夫婦は中国で出会ったので、
中国の小物にこだわりました。
中国でシルクのポーチや、
中国茶を購入してきて結婚式に参加してくださった方々に
帰りの際に渡しました。
日本で購入するとすっごい高いので節約できたと思ってます。 この節約術のURL

投稿者:ハイパー・ルー
会場で設定は自分達で

結婚式での節約はその会場で設定されているものはその会場以外にお願いすることで節約しました。
メイクさん、美容院、司会者は会場が用意してくれる業者ではなく、自分で直接探して依頼をしました。
これだけで11万円の節約
ペーパーアイテム(招待状・席次表・席札)は自分達で簡単に作成しました。
ともすけはインターネットサイトからテンプレートを無料でダウンロードして作りましたよ。
芳名帳 は会場に頼まなくて東急ハンズで格安で買いました。
引き出物のカタログギフトもネットオークションで格安で手にいれました。
引菓子 もネットで特売をやっていたので、その時に送料無料でゲットしました。 この節約術のURL

ペーパーアイテムは全て自分たちで手作り。東急ハンズなんかだとかわいいシールがたくさんあるので、そういうものを貼るだけでちょっと素敵になります。

ドレスは姉が作ったものをリフォームして活用。一枚で二次会まで着まわしました。

引き出物はホテルに任せると高くなるので、自分たちで紅白ワインをお店から直接自宅に郵送というかたちにしました。見栄えもするし、けっこうもらってうれしいし、飲めない人は人にあげれるのでいいかなと思います。

披露宴会場の装飾もできるかぎりけずり、テーブル花などは一番チープなものを選択(十分華やかです)。キャンドルサービスはワインサービスで代用、人前式にして費用をおさえる、などで大分違ってきます。

しかし、全てけちると安く見えてしまうので、私たちは料理だけはできるだけ削らない方向で考えました。一人16,000円くらいのコースでみんな大満足。結局料理がおいしければ人って満足してくれるんだと思います。

最後にプチギフトとして宝くじとちっちゃいお菓子を袋につめて直接お客さんに手渡しして終了。

間に合わないかもって言うくらい式直前はばたばたしたけど、今となってはあれほどがんばったことを懐かしく思います。 この節約術のURL

投稿者:ともぴん
100円ショップをフルに活用!

昨年神前式で挙式し、式場のエントランスの飾りに100円ショップや手芸ショップの小物を使用しました。
 ・紅葉の季節に合わせて、ディスプレー用のもみじをハサミでばらし落ち葉風に敷く(費用500円位)
 ・友達に、二人の似顔絵を色紙に描いてもらい、金色の台紙や手芸ショップの組みひもや100円もみじのデコレーションで和風ウェルカムボードに(費用1000円位)
 ・リングピローも市販のキット+100円ショップの漆塗り風お盆でひと工夫

100円ショップは、テイストの違うグッズが安く手に入るので、式の雰囲気に合わせて選べますよ!
手作りキットを使用する方は、プラスひと工夫すると自分らしさも出せるしゲストにも喜ばれますよ。
この節約術のURL

<<  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話