選りすぐった結婚のおすすめ節約術を、新着順に表示しています。

<<  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  >>

投稿者:ふぁにぃー
どこまで手作り?

持ち込みOKのところだったので、貧乏な私たちには手作りしかないと思っていた。
だけどお互い仕事もしていたし、労力をかけてストレスたまってケンカしてしまうんじゃないかと全部をするのはやめた。
労力をかけずに済む、ウェルカムボード(中身と外身)・リングピロー(1時間ぐらいで出来る手作りキット)
席次表をダウンロードして、作り変えた。
節約したのは、このくらいでしたが無理なく出来る節約というのが、私たちのテーマでしたので、楽しんでやることが出来ました!! この節約術のURL

投稿者:マーシャ
新婚旅行の節約術

新婚旅行の情報を集めている時、
ハネムーナー向けのツアーは高いなぁと感じ、
別に普通のツアーでも良いっか♪と申し込みに行きました。
でも、結局はツアーカウンターでハネムーンですか?と
聞かれ、そうだと答えると、
追加料金ナシに、添乗員さんの計らいで飛行機の
席は隣同士にしてくれたり、機内食もハネムーナー向けのもの!
同じツアーには老夫婦や親子、女友達同士の人が多かったですが、
写真スポットではみんなが、遠慮しないで!せっかくだから!と
2ショットを撮ってくれたり、とても優しくしてくれました。
最終の夕ご飯時には、ハネムーンのカップルにのみ、
添乗員さんからプレゼントまで頂いて、本当に幸せでした。
先輩夫婦には、夫婦生活が円満にいく術を
伝授して頂いたり、ハネムーナーのみ向けのツアーより
かえって良かったかな?と思いました。 この節約術のURL

ウェディングドレスはレンタルだったのですが、ヴェールは買取と言われました。えぇー!と思ったのですが...しかも価格は最低でも3万円から。ヴェールにはこだわりがあったので、妥協もしたくないし...
そこで、ネットでヴェールを安く売っているところを必死に探し、何とか気に入るものを、安く購入!現物を見られないので、届くまでは不安もあったのですが、いざ届いてみると、かわいくて、大満足でした。 この節約術のURL

投稿者:らむだっちゃ
プロフィールを妹と作って節約

プロフィールを会場に頼むとお金が余分にかかったために、絵が上手い妹に頼んで、自己紹介文などを書いて、絵本スタイルで作り、客席におきました。
画用紙とリボン代など50部作って2500円で作れました?
またひとつだけ、私の絵に花を持たせて、花をもっている絵本の人には商品を渡すようにしたら、みんな楽しんでみてもらえました? この節約術のURL

北海道の結婚式は会費制。
2000年の時点で1万円が相場でした。
でも、私は自分なりのこだわりがあり、せっかく来てくれるからには型にはまっていない自分らしい披露宴をしたいと思いました。
会費も5000円。
なので、まずパンフレットを自作しました。
すべてカラーで、文章も写真も自分で作成。
家のプリンターで1冊両面印刷7ページにわたるパンフレットを、
なるべく読むところを多く、楽しめるようにと作りました。
すべてカラーで、しかも内容盛りだくさんで素敵なパンフレットでしたが、結婚式場に頼むよりもずっと安くすみました。
あとは卓上の花を、帰りに持っていけるようにと、入場の時に小さなブーケにして、花嫁(私)が各テーブルに数個ずつ置いてまわることもしました。
これがキャンドルサービスの代わりとなりました。
ケーキ入刀も、できあいのケーキではなく、シュークリームを重ねてタワーのようにした外国の結婚式で作られるものを注文。
入刀の後は個々にばらしてみなさんに食べていただき、
余ったものはもって帰っていただきました。
この節約術のURL

投稿者:ぴ〜ち
プチギフト

披露宴終了後のお見送りの際に渡すプチギフト…
大した物じゃないのに意外と費用がかかりますよね。
スーパーで<チュッパチャプス>と、100均で<透明ビニール>を購入。
さくらんぼをイメージして二つずつ透明ビニールに入れました☆
(暖色系と寒色系を組み合わせるとより可愛くなりましたヨ)
やや手間だったけど、透明ビニールに入れる係とリボンで結ぶ係に分かれて行えば100人分くらいアッとゆ〜間でした。
ついでに行きつけスーパーのポイントもたまるし(笑)
この節約術のURL

投稿者:スターこぶた
手作り満載!結婚式

席札、メニューなどのペーパーアイテムは当たり前。
ウェルカムベアーのような小さな人形も近くで安く布を買ってきて、素敵なはとを作りました。(型は図書館で借りた本にて)
人前式だったので、承認の拍手も拍手にせずに小さなベルとリボンを買ってきて職場のみんなに手伝ってもらって作りました。ハンドベルも職場でただで借りてきました。
ウェルカムボードはお得意の書道で手作り。(ものによりますが売っているのは2,3万とかします)職場で「自分で寿って書くなよ・・・。」って笑われましたけど。ちなみにウェルカムボードを置く三脚も借りると5000円と言われ、職場から借りました。
細かいことだけど、ブーケトスも投げたくなくてリボンを自分で用意。(式で用意してもらうと高いんですって)
・・・とここまでは自分たちでやったところ。大切なのは時間です。時間や見通しがあればここまでできます。そして友人に手伝ってもらったり、物がありそうな仕事をしている人に借りましょう。
さらに終わった人の感想としては、マイクや自分たちの席の前などの花はたいして気にならないということ。わからないから上、中、下とあったときにたいてい中を選びますが、マイクがリボンか花か、それが豪華かなんてよほどの人じゃない限り見ないと思いますよ。
既成のもの以上のやりがいと思い出と、もちろんお金が浮きますよ! この節約術のURL

投稿者:おいたん
新婚旅行

新婚旅行でイタリアに行ったのですが、ツアー自体が抽選で当たった格安ツアーでした。
また、オプションツアーにも申し込まず、自分たちで、回るところを計画、現地での移動もタクシーが怖かったので徒歩で移動。
お土産についても、地元のスーパーを聞いておいてそこで買うという徹底ぶりでした。
また1日フリーがあったのですが、その日は別会社のイタリアブランドアウトレットツアーに申し込んでおり、専用タクシーで一日プラダ、グッチ、バーバリーなど買いまくりました。結構日本では売っていないものもあり、面白かったです。(バーバリーのTシャツが1500円でした。)
ただ、片言の英語しか話せなかったためコミュニケーションが取りにくかったのと、ローマではジプシーが多く、裏道を抜けるのがとても怖かったです。 この節約術のURL

<<  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話