選りすぐった結婚のおすすめ節約術を、新着順に表示しています。

<<  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  >>

投稿者:さっちゃん
挙式は極力シンプルに

両家の親があっさりした性格だったこともあり、
挙式は二人だけで済ませ、披露宴も行いませんでした。
新婚旅行と挙式を同時にするため、
教会のあるホテルに連泊して、連泊特典(ランチ無料など)
を利用。教会まではホテルの部屋から徒歩5分という
近さで余分な交通費はかかりません。
挙式のプランではブライダルサロンの方に組んでもらった
価格を超えないよう、ドレスもいちばん安いものを借りました。
また、友人たちへの結婚報告の葉書は、外注にせず
パソコンで自作しました。
指輪も、婚約指輪はいただかず、シンプルな結婚指輪のみ。
とにかく削れるだけ削りました。
それでも、旅行も挙式もとても楽しくて良い思い出です♪

この節約術のURL

投稿者:みんみん
大胆節約!!必見!!

私の知人の話しです。学校卒業直後の結婚でお互い金銭的余裕がなかったため、2人は考えたすえに披露宴に来てくれた人に出す食事から「エビ」を1匹づつ抜くことに。これで費用が数万円ういたそうです。また飲み物もキャンドルサービスが始まったら、「飲み物は○○ください。」って頼まれたら出すようにと式場の人に頼んでおいたらしいです。それだけで数万円費用がういたとか。
参加した私たちはそんなこと気付きませんでした。 この節約術のURL

投稿者:riko
両親へのプレゼント

もう産まれたときの体重ベアプレゼントってありきたり。
と担当のスタッフさんに言われ考えながら
前撮りした後、たまたまアルバム&前撮りの予約してたので
オプションに「式の写真すべて現像する」か
「CD-Rにおい経ち+前撮り写真の映像を作って1枚プレゼント」を選んでください。と言われました。
カメラマンさんが話やすく仲良くなったので
「あと2枚焼き回しできません??」と聞いたらOKだったのでそれを両親へのプレゼントに(笑)
CD-R用のケースとカバーは手作りで作成し当日花束と一緒に渡しました。
ちゃんと音楽も入れてくれたので普通なら何万もするところ0円。
自分たちの分も貰えたので計3枚頂いたことになります。
花束とケース代でも合計1万位でかなりの節約でした。
両親は帰りの車の中や帰ってからも何回も見てくれ大好評でした!!
この節約術のURL

投稿者:ちゃっぷり座衛門
場所にこだわらなければ・・。

海外で2人だけで挙式とハネムーンをかねて行きました。現地に行く前に日本で挙式する教会の予約をする時に、限定して予約するよりかは、挙式する日に空いている教会ですると、10万円近くツアー代が安くなりました。海外の教会はどこも綺麗で回りも整っているので何処で挙式を挙げても感動は同じだと思います。10万円はハネムーンの小遣いにしちゃいました。 この節約術のURL

投稿者:ゆう
母の手作り

結婚式の最後にお客さんにドラジェを配りますよね。
私はできちゃった結婚で急な結婚式を行うようになったために、資金不足。
ドラジェを頼むほどの余裕もなく。。。、
結局、花嫁の母である私の母が前日徹夜して、クッキーを200人分作ったのです。
包装やら、リボン結びやらで、大変だったと思います。
けれどかなりの出費が抑えられたと思います。
結婚式関係は、ちょっとしたものがすごく高いですもんね。 この節約術のURL

席札、席次表などのペーパーアイテムを自分で作ったのはもちろんなのですが、それらのペーパーアイテムを会社で印刷しました^^;
会社のプリンターはレーザープリンターできれいに印刷できるし、トナー代も浮かせることができました!もちろん、本当はやってはいけないことですが、アットホームな職場だったので上司も「自分で作るなんてすごいなぁ」と驚かれました。
また、ウェルカムボードはガラス屋の友人に頼んで作ってもらったり、ブーケ・ブートニアは母に作ってもらったりと色んな人に協力してもらいました。
「参加型結婚式」と名づけた私たちの結婚式は、うまくモノと人と使って節約しつつも、それがかえって列席者の記憶にも残る結婚式だったと大好評でした! この節約術のURL

投稿者:いわこ
できるところは手作り!

はじめから式場をかりて派手にするつもりは無かったけれど、
貯金も無いことだし、自分たちができる範囲でお披露目しようと言うことになりました。

まず会場は知り合いのレストランを格安で貸し切り。
会費制で気軽に参加していただけるようにしました。

招待状などペーパーアイテムは全て夫の手作り。
家のプリンタと手書きで全てできました。

衣装は貸衣装屋さんで白のシンプルなドレスに。
小物付きで着付け・メイク・セット全部で3万円。
夫はタキシード1着で1万くらいです。


すこし予定より浮いた分で、お料理を豪華にしたり、会場装花分にしたり、これまた知り合いのジャズバンドの方に生演奏をしていただきました。


ウェディングケーキはお店に勤める友達に依頼。
3人で話し合ってチョコといちご、2種類も作ってもらいました。


お料理もケーキもたいへん美味しく、いろいろな方に満足していただけました。

全部で会費分を差し引き、20万以内にはおさまったように思います。
規模も人数も違うので一概に比べれませんが、最近人気の式場で結婚した方にきくと250万かかったとか。


もちろん知人の方々の協力無しには実現しませんでした。
大変なこともあったし、喧嘩もしたけど、そういったことも含め様々なことがいい想い出です。


結婚式のかたちは、自分の中で何を重視し、取捨選択するかによります。わたしたちはこのかたちを選んで良かったと思います。



この節約術のURL

結婚前に仕事も辞めていたので時間はたっぷりありました。
もともと保育士の仕事をしていて作り物が好きだったのもあり、手作りできるものは全て自分で作りました。
招待状、席次表、席札はもちろん、ふたりのプロフィール、メニュー、リングピロー、ウェルカムボード、ウェルカムベア。
招待状、席次表、席札などは無料のPCサイトからダウンロードしたり、リングピローは自分でデザインして作りました。
ミッフィーが好きなのでウェルカムベアを持っていたぬいぐるみにしてタキシードとドレスを着せました。
作るのが楽しくて全然苦ではありませんでした。
ゲストの方にも手作りの温かさが伝わったと言って頂けました。
全部で20万円近くは浮いたと思います。 この節約術のURL

<<  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話