選りすぐった結婚のおすすめ節約術を、新着順に表示しています。

<<  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  >>

投稿者:さと^
ブーケもちこみ

式場の方が非常に親切でなるべくコストを抑えるように協力してくれました。ブーケも近くの花屋さんにたのんで出費をおさえました。席札やメニューももちろん自分で作成したり、プチギフトも自分達で袋につめたり。ビデオもプロに頼めば数万円するので、パソコンに入ってるソフトで写真をつなぎ上映しました。大変だったけど楽しい思い出です。

この節約術のURL

プロのカメラマンに頼むと写真ってとても高い。少しでも節約したいので親戚や友人にたくさん撮ってもらうという方法もありますが、やはり素人ゆえに心配です。そこでお勧めなのが、気の許せる友人や親戚にカメラ撮影の練習をしてもらうお願いをする方法です。

ブライダルフェアに行くとチャペルでの模擬挙式や模擬披露宴があります。式場選びのためだけではなく、式場決定後も自分が選んだ式場で行われるイベントを利用し、撮影練習してもらいます。できればカップルで来てもらうようにお願いして、将来ゴールインすれば、自分たちが幸せのかけ橋にもなってしまうかも。(もちろんお昼代や交通費くらいは友人に渡しますので完全無料ではないのですが。)
この節約術のURL

バブルの頃の結婚式だったので、ホテルでの派手な披露宴が主流でした。そのせいか、節約というより逆流したくてやったような感じでしたが、結果節約できました。夫婦で外資系に勤めていたので、先輩達の例にも影響されたと思います。

披露宴は仏滅の日 
  ホテルによりかなり安くできる

仲人はたてない
  必要ないと感じたから。以後お中元お歳暮の心配もないです。
  出会いや生い立ちは、司会者に最初に説明してもらえばよいこと  です。

指輪の交換はなし
  もともとシンプルな指輪が好きではなかった。その分、婚約指輪  のダイヤは奮発してもらいました。

花束贈呈なし
  両親も嫌がっていたので、プランにのせられることはないです。
  母は「札束贈呈にしてくれ!」と言ってました。


この節約術のURL

招待状や席次表をインターネットの無料テンプレートをダウンロードして自作しました。
あとは席札も自分でデザインして手作りしました。
ブーケは100円均一で造花を買ってきて自分で作ってみました。
あとは、ベールやアクセサリーなどの小物をネットオークションで安く落札し、節約しました!!
これでかなり節約できましたよ。
頼んで作ってもらうと10万〜すると思います。
あとは、両親へのプレゼントも手作りしました!名前入りのポエムです。
参考になれば嬉しいです! この節約術のURL

投稿者:ぽっち
自作&持ち込み

生い立ちの映像を、パソコンにもともとついている
ソフトで作成!!
音楽も思い出の曲だったので持っていたものだったし、
かかったのは、DVDーROM代のみ。
作るのは大変だったけど、なかなか感動的な作品になりました。

ドレスのアクセサリーのレンタルはかなりの高額。
ウェディングドレスの時は、持っていた真珠のネックレスと
イヤリングをつけました。
カクテルドレスの時は、アクセサリー付きのドレスを選択。
これで、十数万は節約できました。
この節約術のURL

二次会の設定を頼めるような友人が近くにいなかったので、
二次会は自分たちで設定しました。

披露宴はホテルで行いましたが、二次会は同じホテルの
別の部屋を利用して行いました。料金も割引してくれた上に、

・打ち合わせがしやすい。(披露宴の打ち合わせのついでに)
・移動が楽。(招待客も、新郎・新婦も)
・ウェルカムボードなどが転用できる。
・披露宴から二次会までの時間的なロスがないので、早く帰らなくて はならない人にもきてもらえる。

などなど様々なメリットがありました。
司会・受付だけは友人にお願いしましたが、大変な役割ではないの
で頼みやすく、また、お礼も少額ですみました。

二次会の招待状はパソコンで自作し、披露宴の受付の際に
配ってもらいました。(ここでも節約)







この節約術のURL

投稿者:ぽてと
節約魂

まず、結婚の前から一緒に住み、同じ通帳に貯金。
生活費と、こづかいは、財布を分け、日々節約。
結婚式は、教会で挙げ、親しい人・職場の人などたくさんの方にきてもらい、お祝いのおかえしは、手作りの写真立てをおくりました。
お金はかけていないけど、とてもあったかい思い出に残る式でした。 この節約術のURL

投稿者:りきまる
早めの決定で節約!

まずは会場を早め(8ヶ月前)に見学。
おいしい料理に納得したので、フレンチレストランに決めました。
そのレストラン提携のドレスショップとお花屋さんを早めに紹介してもらい、自分たちの希望であった、
「あたたかい雰囲気で式・披露宴をおこないたい」ことをお伝えして
早めに当日の装花や衣装、全体の雰囲気をつかみました。
紹介されたお店には、お気に入りの衣装があり、また、提携のお店だったので、持ち込み料などの追加料金もとられませんでした。

イメージを具体的にしたことで、手作りに決めた各種アイテム(席次表・ウェルカムボードなど)も色・柄がすんなり決定でき、時間的余裕があって、ラクでした。

当日はゲストの方にも喜んでいただき、希望どおりの、アットホームなとてもよい一日を過ごすことが出来ました。 この節約術のURL

<<  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話