選りすぐった結婚のおすすめ節約術を、新着順に表示しています。

<<  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  >>

カメラとVTR(DVD)をそれぞれ知人にお願いしました。腕がそれなりによさそうな方にお願いしたので、結構満足の行く結果でした。また、あらかじめ両家の家族・親族などに余裕があったら写真・VTRを撮っておいてくれるようお願いしたので、いろいろな角度からの映像・画像をゲット出来ました。知人へのお礼計¥50,000程度を差し引いても2〜30万円位節約できたのではないかと思います。 この節約術のURL

座席表に二人の略歴や写真を入れて列席者に配ったり、席札、メニューはもちろん、席にひとりひとりへの手作りメッセージをおいて置く、流す音楽の編集・二人の写真のスライドを作りPC持参で当日はスクリーンだけレンタル、お色直しでキャンドルサービスの代わりに大箱で買ってきたお菓子を小さくラッピングして配る、写真係りは新婦の兄・司会は新郎の知り合いのプロの方に格安でお願いし、空いた時間に列席者に気軽にみてもらえるように二人の生まれた日の新聞を取り寄せる、、、等極力抑えるところは抑えてその代わり会場を京都・嵐山で有名な旅館で行い、料理とお酒にお金をかけました。 この節約術のURL

式場選びの第一条件は、駅近。そのため近隣の式場をネットで事前チェック。安価で雰囲気もそこそことの評価だったホテルを下見に行き、持ち込み費用不要、1日1組という点も気に入り申し込み。40名で80万程度。プランには白ドレス1点のみだったので、またまたネットにて、格安の色ドレスレンタルできる所をリサーチ。結局8400円!で色ドレス(小物一式込み)レンタル。テーブルと会場装花はプランに含まれていたので、ブーケ2個(白、色ドレス用)と色ドレス用ヘアーパーツ、ブートニア、子供用ブーケ1個と両家祖母へのプレゼント花束2個は近所の花屋にて破格の2万円で注文。
ブーケ、ドレスとも高値の物と比べても全く見劣りせず、本人はもちろんゲストの評判もよく、大満足でした。
某結婚雑誌での式内容と総費用額と比べても半額以下に抑えることができたと思う。
結婚式は一生に一度とはいうけれど、際限なくお金をかける余裕はないのが現実。けれどこの節約プランで自分達にとって最高の結婚式になったので本当に幸せで、大大満足でした。 この節約術のURL

海外挙式を考えていたのですが、出席者の少なさからご祝儀も期待できず、費用については結構考えました。

ウェディングドレスは、たった一回しか着ないのに、レンタル料は20万〜30万円するので、まずはこれを削るしかないと思い、一生懸命ネット検索をしたところ、あるホームページと出会いました。
そこは、ウェディングドレスの委託販売のお店で、先輩花嫁さんから、もう着なくなったウェディングドレスを預かって、ネットで販売し、仲介手数料を除いたお金が、その先輩花嫁さんに入るという仕組みでした。
私は幸いにも、標準的な体形でしたので、ホームページの中から、素敵なドレスを見つけることが出来ました。しかも、良心的な会社だったので、手数料を払えば自宅でドレスの試着もすることができ、納得の上で購入することができました。

そのドレス自体も、元は24万円もするものでしたが、出品者のご厚意で、ヴェール、ティアラ、パニエも付けてくださって、全部で4万円で手に入れることができました。
ウェディングドレスのレンタル会社によっては、何人もの花嫁さんが袖を通していて、ドレスが傷んでしまっているものもあるといいます。今回利用した会社は、ワンオーナー制で、基本的に出品したその方しか着ていないということなので、ドレス自体の傷みもなく、とても新品同様、綺麗なものでした。
標準的な体形の方は、ウェディングドレスの中古販売も選択肢に含めて考えてみるといいと思います。 この節約術のURL

投稿者:あいら
プチギフト

主人は趣味でレゲエのセレクターをしています。
なので主人セレクトのMIX CD を作成。
ラベルなどは、私がデザインして全員に配りました。

年配の方にはレゲエは・・・・なので、
仕事関係・親類には別のものを準備しましたが、
友人からは大好評でした。

コストがCD・パッケージ・ラベル・曲名リストすべてパソコンで作成して、1枚あたり150円でした。
安いのでしょうか。
この節約術のURL

投稿者:ゆかゆか
ビデオ撮影を従弟にお願い

式場の見積りの中で、ビデオ撮影を入れるとプラス10万円以上かかる事がわかり、子連れで出席してもらえる従弟にホームビデオでの撮影をお願いしました!
私たち二人はもちろん、親戚たちのコメントや、式場ではされないアットホームな質問なども積極的に撮ってもらえて大満足です。
撮ってほしいシーンなども事前に気軽に伝えられる為、ビデオ撮影は親しい方にお願いしたほうが良いでしょう。
式場に10万円支払うようなら、親戚や知り合いに豪華な御礼もできるハズです。 この節約術のURL

投稿者:まみんこ
123万円の節約術

節約の三大ポイントは、結納、衣装、自作です。
料理や、ゲストへのおもてなしを考えていたので、自分たちでできることは最大限自分たちで行いました。

1,結納をカット
  30万円カット。
  顔合わせの食事会を行っていたのでカットしました。
2,衣装をカット           
  60万円カット。
  洋装のみにし、新郎衣装を黒のタキシード1点にしました。
  和装は前撮りで行いました。  
3,席札、ウエディングブック、ドラジェなどを自作
  33万円カット。
  席札は、名刺用の紙を購入し、デザインに凝りました。
  席次表、メニュー、プログラム、プロフィールなどを一つにまと  めたウエディングブックセットを購入し、印刷デザインは、    自作しました。
  ドラジェは、詰め合わせを購入し、自分で詰めました。

4,その他
  手数料を入れても持ち込みの方がお得なもの。
  引出物や、ブーケ、ウエルカムボードなど。
  後は、新婦自身で楽器を演奏。

学生時代、式場へ勤めていたことや、ゲストとして参加した事を生かしました。席札やメニュー、席次表、プログラムはかさばり、忘れて帰られるゲストが多いと感じていたので、一つにまとめれるものはまとめた方がいいと思っていました。ゲスト一人ひとりへのメッセージも入れたので、1ヶ月ほど時間を要してしまいましたが、直前の変更にも応えることができたこと、ゲストも喜んでくれたし、30万円もカットできたので、効果効用は大です。
浮いた分は、ゲストへのおもてなしのために、シャンパンとお料理へ持って行きました。結果、友人からは「世紀の結婚」と褒められるほど、評判は尽きません。参考にしたカップルもいくつかあり、職業間違えたかな?と思うぐらい、プランナーぶりを発揮しています。



     この節約術のURL

http://www.wedding-recipe.com/gimon/kekkon/74.php

作れるものは作る、持ち込めるものは外部の業者を検討する!!

だいたい、下記の感じで節約しました。

【自分で作成したもの】
・メニュー/プロフィール付の席次表、名札
席次表の表紙を普通のプリンタ用紙にすると、少し見劣りするので、7種類くらいある色違いの花の絵のメッセージカードを表紙にし、席次やプロフィールを印刷した中紙を閉じ紐でまとめて作成しました。
当日ゲストには、受付で好きな色やデザインの席次表を選んでもらうようにしました。費用は、業者に頼む価格の1/5程でできました。
・ウェイトベア
頭、胴体、手、足におもりを入れて作る簡単なキットを購入し、足裏に刺繍を入れ2、3日で完成しました。完成品の半額くらいの値段ででき、手作り感もあって、両親も喜んでくれてました。
【作成してもらったもの】
・ベール
シンプルなものがよかったので、ドレスの色に合わせたチュールを買って、母親に作ってもらいました。材料費のみなので、数千円でできましたし、以外と簡単に作れます。
・ウェルカムボード
新郎の母親が趣味で押し花をしているので、押し花を使用したウェルカムボードを作成してもらいました。
【その他】
・ブーケ
持ち込み料がかからなかったので、外部の業者さんに発注しました。式場で頼む一番安いブーケ一つの値段で、希望通りのデザインのブーケ2つとブートニア2種類ができました。
・引き出物
持ち込み料を負担してくれる割引のあるカタログギフトの業者さんに発注しました。割引率によっては、カタログのランクを一つ上げることもできました。
・生い立ちビデオをやらない
もともとやるつもりもなかったのですが、スクリーンの使用料やビデオの作成料の節約になりました。その代わりに、受付にお互いの小さい頃からの写真を飾ったり、アルバムを置いて、ゲストに自由に見てもらうようにしました。受付の飾りの代わりにもなって一石二鳥でした。
・飲み放題にしない
飲み物は一番安いプランにし、当日追加分の飲料代を払うようにしました。実際、いろんな種類の飲みものが頼めるし、飲み放題プランにしたときの値段の1/4くらいで済みました。
・料理は一番安いプランに+αで
ゲストに年配が多かったことと、フランス料理しかなかったこと、ウェディングケーキで使用したケーキもデザートの1品になるので、量の少ない一番安いプランにし、2品だけ追加料金を支払いグレードアップしてもらいました。みんな量も味もちょうどよかったと満足しているようでした。プランをグレードアップするよりも全然安く済みました。


特に、ベールは予想以上の節約になりました。
また、人数分用意するものは、一人数百円の違いが、合計数万円の違いになってきますので、「数十万円の中の1万円は小さく見えるけど、目の前の1万円は大きい」という心がけで常に、費用をリストアップして金額とにらめっこしながら準備を進めていきました。 この節約術のURL

<<  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話