選りすぐった結婚のおすすめ節約術を、新着順に表示しています。

<<  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  >>

投稿者:あみあみ
持ち込んで・・・

結婚式は 二人で新婚旅行をかねて 鹿児島の与論島で挙げました。帰宅してたら 知り合いの店でお披露目かねてのパーティーを開くにあたり、オードブルに使えそうな野菜類を店側に提供した。父が漁師をしているので魚ももちろん提供した。飲み物も友人知人からの提供により、店側からの請求は ほぼ貸切料だけにちかい状態となりました。友人からも おいしいパーティーだったと言われ、私達より食事がメインになった様なパーティーになりました。でも喜んでもらえてよかったし予算も抑えられたのでラッキーでした。会場探しの時も人脈ってとても大事だなあと痛感しました この節約術のURL

投稿者:ききべろ
★卓上のお花たち★

結婚式は何かとお金がかかるもの。
特に、普段なじみのないお花にかかる費用にびっくりしました。
でも、けちると華やかさがなくなり安っぽい会場に・・・
そこで私は、各テーブルに1つ花瓶などに入ったお花を飾り、その周りを花びらで敷き詰めました。
もちろんメインも・・・
使うお花にもよるかもしれませんが、これでお花の本数が減り、かつ、ボリュームも出てよかったです。
写真映りもなかなかでしたよ!!(>▽<)


この節約術のURL

投稿者:みっきぃ
美容着付け代節約

美容着付けって高いでしょ。
ドレスの着付けなら素人でもできます。
衣装屋さんに教えてと頼むと教えてもらえますので、この際友達に着付けを頼みました。

美容代も高いです。
何が高いって出張費がかなりかかるので、当日の朝美容室に行き、メイクセットしてもらってから式場に入るとコレだけで5万強浮きます。
メイク直しぐらいなら自分で出来ますので。

「このピンをとればダウンスタイルに変えられる」とようにはじめにセットを頼んでおけば、お色直しで髪形を変えたい方もOKですね。 この節約術のURL

投稿者:みっきぃ
衣装屋さんと仲良くなると

衣装屋さんに何度も足を運び、衣装屋さんよ親しくなると、
小物をもう2セットただでつけてもらうことが出来ました。
2次会にドレスを着ていく場合も、衣装代+1万5千円で言われてましたが、それもサービス!

ドレスの引き取りは、式場でと言われていたのに、二次会の関係で、翌日自宅まで取りに来てくださいました。

何度も足を運んで、仲良くなるってとても得ですし、こちらも信用できるので、すごく嬉しかったです。 この節約術のURL

投稿者:みっきぃ
両親の花束贈呈を一石二鳥に

両親に渡す花束は、贈呈のときまで隠れていることが多いです。
私らは両親贈呈用の花をアレンジバスケットにしてもらい、高砂席の装花の横に置いてもらいました。

そうすることで、高砂席の花代もカット!
でも華やかさはアップします。

使うなら無駄なくですね。

「高砂席の花を集めて、贈呈」も考えましたが、見栄え落ちするし、スポンジにさしている花をまとめるのは難しいと、花屋さんが言われていたのでバスケットにして正解でした。 この節約術のURL

投稿者:ごましお
司会はムードメーカーに!

プロの司会を頼むとかなりの金額になってしまうので、私は夫との共通の友人に頼みました!
その友人はいつでも仲間内のムードメーカーで笑顔を絶やさない人、その上周りに気を使えて、カラオケが大好きで…まぁ言ってしまえば目立ちたがりなのですが(笑)
でもやはり適役でしたね!目立ちたがりなので緊張は全くしてなくて、時折ジョークも交えての進行で皆を笑わせてくれました!
もちろんお礼にと彼が欲しがっていたテレビを贈りましたが、やはりプロの方に頼む金額よりははるかに安く済んだので、本当に助かりました〜!
アットホームな雰囲気で親族にもゲストにも評判が良かったです! この節約術のURL

投稿者:天使の卵
ガーデンウエディング

二人とも学生でお金がなかったので、ホテルなどで結婚式を挙げるなんてとても無理!!
そこで、そこで古い洋館のお庭を使っての結婚式プランにしました。
ちょうど観光地でもあったので、当日、観光客で訪れていた人たちからの祝福も受けたことがとても印象に残っています。
学生だからこそできた、(社会人だと上司の方々の目もあるので…)
その当時自分たちのできる限りの式ができたと思っています。 この節約術のURL

投稿者:ろびん
前撮りは最小限でOK!

写真やビデオをプロに頼むと、かなりの金額になります。
私も悩んだのですが、結果、
「前撮りは最低限に、当日はゲストの写真を中心に、が正解!」
でした。
成人式や卒業式の写真を頻繁に見返したり飾ったりしている人なら
別ですが、しまいこんであまり見ないという人なら、これで十分。
前撮りや当日追っかけフォトのような、本人の自己満足写真は、
結婚直後にしかあまり見ることがありません。
でも、当日の写真は、新郎新婦が退席している時のゲストの様子や
その場では気付かなかった友人の涙や笑顔など、後で見ても
いつまでも楽しめ、式の思い出をよみがえらせてくれます。
ビデオは…正直、いつ見るのでしょう?と、私は思います・・・ この節約術のURL

<<  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話