みなさんから寄せられた結婚の節約術を、新着順に表示しています。

<<  265  266  267  268  269  270  271  272  273  274  >>

投稿者:あや
余分な人は呼ばない

沢山の人を呼ぶとお金がかかるのは当たり前。
厳選した親しい友人のみを呼ぶ、会社の人は呼ばないなど、
どこまでの人を呼ぶのかよく考えるといいと思う。 この節約術のURL

投稿者:POLO
宛名書きは自筆で

子どもの頃、嫌々ながら10年以上書道教室に通っていたのが、ここにきて役に立つなんて(笑)招待状の筆耕料って高いですよね・・・。

筆耕のプロのような格調高い文字を書くのは難しいけれど、毛筆で宛名書きできるだけでずいぶん助かるとカレに重宝がられました。 この節約術のURL

投稿者:おかなお
人前結婚式で&仏滅の真夏に

真夏の仏滅は安いし人前結婚式ではおばさんの謡で入場パンフレットも友達の手作りと安く上げました この節約術のURL

投稿者:オママ
宛名書き

親戚の叔母が書道の先生をしてたので宛名書きをお願いしました。
節約できることはすべて節約してドレスや料理にお金をまわしました。 この節約術のURL

わたしたちは、那須のペンションの小さな教会でホントに小さな小さな結婚式を挙げました。披露宴もなしで、ペンションの食堂でみんなでお食事会。それだけでも安くすんだんですが、その教会は写真もビデオもとりほうだい。教会での撮影を禁止しているところが多い中、参列者みんなでカメラやビデオを撮影。
そのデータをすべてもらい、自分たちで気に入った写真を選び出し、編集、インターネットでアルバムを作ってくれるところへ依頼しました。素人の撮影・編集でもまかまか素敵な写真集が出来上がりました。ほんとに「ドレス代」くらいで、式から写真集まで出来上がりました。 この節約術のURL

投稿者:ななさん
何でも声をかけるべき!

自分たちでオリジナルのプロフィールを作ろうと思っていました。担当者に相談してみると、席次表に印刷できるものがオプションであると教えてくれました。一部100円ということでしたが、担当者が業者に連絡してサービスでつけてくれることになりました。また、事前に披露宴のメニューを試食できるフェアがあったのですが、当日は参加できず残念だったと担当者に話すと、後日二人だけのために試食を準備してくれました。 この節約術のURL

投稿者:mami
司会者費用の節約

司会を弟にやってもらい、8万円の節約をしました。 この節約術のURL

投稿者:のんたっく
削れるところは全部削る!!

席札はもちろん、招待状、プロフィール表を全部自分で手作り。
専用の紙はかわいいのを購入して、自宅のパソコンとプリンタで刷りました。
型にはまった感じにせず、席札には一人ひとりに新郎新婦から一言コメントをそれぞれ入れたし、プロフィール表には、自分達のこと以外に新郎新婦から見た出席者さんの印象や説明を一人ひとり行ったので、とっても好評でした。
あと、招待状の筆耕も業者に頼むとうっかり高くなってしまうので、パソコンで書きました。
今の時代、「筆じゃないとね!!」って言う人はもう少ないと思うので、パソコンで十分だと思います。
この節約術のURL

<<  265  266  267  268  269  270  271  272  273  274  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話