みなさんから寄せられた結婚の節約術を、新着順に表示しています。

<<  257  258  259  260  261  262  263  264  265  266  >>

メニュー表は一枚300円といわれ、びっくり!!かわいいフォントなどをダウンロードして百均の画用紙で作りました!結構かわいかったです。
また、ウェルカムボードも百均で別料金500円のもので作りました。結婚式後は、それに5つ釘をつけて、鍵をかけるボードに変身!かなり重宝しています。 この節約術のURL

式場でお任せするとどのくらいかかるのか聞いてみるととんでもない値段が・・・。
「自分達でできることはやってみよう!」と席札、案内状、席順、自分達のプロフィールカード、ウエルカムボード、ウエルカムベア、リングピローは自分達で作って持ち込みました。
そのほかに県でやってる保険に入っているとウエディングドレスをとても安い値段で借りられるので保険に入りました。
ケーキは知り合いの人がその式場で作っていたので安く作ってもらうことができトータルで何もしないで式をあげるよりも100万くらいは安くなったと思います。
この節約術のURL

投稿者:あやちゃん
ケーキは手つくり

ウェデングケーキをシュガークラフトで母と一緒に手つくりしました。記念にもなり、節約にもなりました。珍しいのか、ゲストへの評判もよかったですよ。 この節約術のURL

とにかく、来賓の方へ食事や、引き出物に満足して頂きたく、節約しました。
ウェルカムボード、メニュー、席札、席辞表、リングピローなど作れる物は作り、
ブーケ、アクセサリーは知人から、借りました。
ドレスもなるべく安いお店でレンタルしたり。
花の数もさみしくならない程度に最低限に。

おかげで随分と安く済みました。

決して、来賓の方の食事などでケチってはいけないと実感しました。 この節約術のURL

投稿者:30女
ヤフオクで節約!

いまどき珍しい仏前式にした私たち。当然、衣装は和装と考えたのですが、レンタルすると白無垢、色打掛ともに15万円は下らない。そこで、いっそのことヤフオクで購入しようと思い立ちました。オークションとは名ばかりで、基本的に最初に相手方が提示した金額で落札。白無垢、綿帽子、掛下、掛下帯、長襦袢、色打掛、箱せこ、草履、すべて混みで10万円を切りました。デザインもなかなかいいものをチョイスできたので満足☆着用後は収納場所に困るかな?と考えていたのですが、知り合いの美容士さんが「花嫁さんつくる練習したいから」と言って引き取ってくれました。お礼に1回のカット代が無料に。もういいことずくめでした。 この節約術のURL

私たちの場合は、親族だけで挙式披露宴を、それから友人や仕事でお世話になっている方たちをお招きして結婚パーティを開きました。
その中でウェディングケーキというのは、ひとつが5-6万円するものですから2回用意するのは大変なのと、みんながケーキをカットするので記憶に残りにくいもの・・・
そこで私たちは、富山県の風習である大きな鯛のかまぼこをカットすることにしました。これならどんなに高い特注品でも3万円。100名で少しずつ食べるなら1万2000円程度のものでもかなりの大きさになりますし、いらしてくださるゲストの方もびっくりしてくれますよ。 この節約術のURL

席札、席札たて、は自分で作成。プチギフトも大型スーパーで買ってきたお菓子を自分で袋詰めして節約。色打掛けは母の友人に借り、ブーケや髪飾りの生花は主人の友人が作成、印刷物は私の友人の作成で全部で50万程浮きました。一度きりなので頼めたり、貸してもらえる物は借りたりして節約を。あと、私たちはプラン利用したのですが内容はくどいくらい確認して。担当者と詳細な打ち合わせを!プランに含まれないものが結構あるので必ず確認。内覧会に参加してプランに含まれているもののランクを見るのも参考になります。 この節約術のURL

ドレスを何着も着ていたら、衣装代がかかってしまうので、最初から一着しか着ないと決めて、着まわしのできるドレスを探しました。お色直しをしなくてよかったので、ゲストとの時間を十分楽しめて一石二鳥でした。 この節約術のURL

<<  257  258  259  260  261  262  263  264  265  266  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話