選りすぐった結婚のおすすめ節約術を、新着順に表示しています。

<<  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  >>

ドレスや小物、ビデオ撮影などお金をかけたいところがあったので削れるところは削りました。
まず装花ですが、人があまり見ないところにまでたくさん飾る必要は無いので、担当者任せにせずに何度か打ち合わせをして、みすぼらしくない程度まで減らしました。
夫がデザイン関係の仕事をしているので、席札、メニュー、席次表などの印刷物、ウェルカムボードなんかも手作りのものにしました。
披露宴の際に手作りしたものを発表したりなんかして、作った夫も満足そうでした。
これだけでもウン十万円節約になるので、浮いたお金はお金をかけたいところに回して、予算内でとても良い式をあげることができました。 この節約術のURL

投稿者:naomi1650
お見送りギフトの節約☆

お見送りギフトとして、
全員分のクッキーを焼きました☆
もちろんたくさんご協力頂いたスタッフの分も感謝を込めて☆
作っているときは、
私なんでこんなことするって言っちゃったんだろーーーーとかなり泣きが入ってましたが、
結果的に喜んでもらえたし、料理上手なお嫁さんというイメージもついて、
一石何鳥にもなりましたー☆
がんばってよかったです☆ この節約術のURL

投稿者:ふくちゃん
削りに削った結婚式

 結婚式には、あんなにお金がかかるとは思っていなかった若かりし頃。その当時婚約者だった主人には貯金も無く、また私は自分の両親にはお金を出させたくないという変な(?)意地があったので、削れるところは削っていこうとがんばりました。
 そこで私が節約とは…
・式の招待状は自分で作成→当時はネットの環境も無くテンプレートや素材も知らなかったので、文章作成のアプリで自分で作成、和風柄の便箋やはがきを一人でがんばって作成。
・式の衣装の節約→衣装は、新婦である私は?白無垢?自分の振袖のみでした。振袖は実母に作ってもらったので(和裁士)それを着たかったため。ウェディングドレスは…省いちゃいました。
・引き出物や付属品の用意→式場で頼むことが出来たのですが、頼むと割高…じゃぁ自分で用意しよう!とこれまた一人で動いてました。
・キャンドルサービスなどの見直し→キャンドルサービスはドレスを着ないので省き、その間余興で楽しんでもらいました。
 とにかく、自分で用意できるものは自分で用意。省けるところは徹底的に省いた式になりました。しかし、花束贈呈だけは係りの人に「これだけは省いてはダメです!!」と叱られちゃいました。
 当時の主人は仕事で忙しく、私もまた寿退社予定でしたが、挙式の一週間前まで働いていましたので、準備などで一人で忙しくして挙式後には寝込んでしまいました(笑)ほどほどの節約が、いいですね。 この節約術のURL

短大で服飾関係を学び、自分で服なんかを作ってました。
自分の結婚式で手作りのドレスを着るのが夢でした。
短大のファッションショーでも作ったのがあるのですが、それとは別に一から作りました。
材料費は先生や友人がプレゼントしてくれたので、0円です☆
ついでにベールも作りました。
ウエルカムボードやドール、席札なんかも全部、作れるものは作りましたねー。
作るのは好きだから苦じゃなかったし、みんなにも好評で、お金もかなり抑えられたし一石二鳥でした♪ この節約術のURL

 私たちの場合は、お互い式には無関心で「両家の両親が納得してくれる」ことがベストだと考えていました。
 仕事も忙しく、お金の節約より時間の節約を優先し、できる限りはプランナーや業者の方におねがいしました。
 時間の節約としては、式のみならず、新婚旅行の打ち合わせも式場に併設した旅行会社で「ついでに」を最大限に利用。また、ハネムーンでの割引もあり、たまにプランナーの方もそばで談笑しながら打ち合わせしたり(同じフロアなので旅行会社の方とプランナーの方がお知り合い)、いい雰囲気で打ち合わせができました。

 お金の節約はとても大事だと思いますが、時間の節約は彼の機嫌を損ねることもなく、その分、仲良くできます。

この節約術のURL

投稿者:パン
やればできる!

印刷物はもちろん全て自分で。宛名も。ウエルカムボードにサンキューギフトも調達から梱包も自分で。これで20万近く下げられました。さらに、友だち・親戚・知り合いをふる動員して、使える割引を使いまくりました。(紹介割引・ホテル会員割引・知り合い割引・クーポン割引・セット割引・時期割引)おかげでドレスは二人分で30万浮き、ホテルでの挙式・披露宴でしたが豪華さは全くレベルダウンせず、約100万ほど浮きました。探すのも作業するのも自分でやればできます。カタログやネットで包装されているものは良く見えますが、自分でも大抵できます。手間がかかるので嫌になるだけ。人がやるのはほとんど手間賃だとつくづく感じました。 この節約術のURL

投稿者:クッコリータ
元プロ同士でおしゃれの節約!

独身の時はヘアサロン、ネイルサロン、百貨店の化粧品売り場とお洒落に時間とお金をかけれましたが、結婚してからはなかなか投資が出来なくなりました。そこで同じ悩みを持つ元スペシャリストの友達で集まってそれぞれの特技でお互いをサポートしトータルビューティをしています。私は元メイクアップアーティストなので、眉のトリミングやトレンドメイクをレクチャー。他に元ネイリストが「爪のケアカラーやジェル」、元美容師が「ヘアカット、カラー」等で技術のしあいっこをしていつでも現場復帰が出来るよう腕を落とさないようにしながら美容代を節約しています! この節約術のURL

披露宴は有名ホテル。見た目は本当に豪華にしたかったのでどこで削れるか苦心しました。まず衣装。ホテルではウエディングドレスと和装〔色内掛け〕で45万円!!ここは抑えようと大阪本町でウェディングドレスを3万円で貸してくれる貸衣装屋さんを見つけました。ですがホテル用の豪華のドレスに乏しく、地元で見つけた泉佐野市ウェディングベルで貸衣装10万円のドレスをゲット。ワンショルダーのリボンずくしの素敵なドレスでわたしのあとに3件のキャンセル待ちが入ったくらいの人気のドレスを持ち込み料金も一部負担してくれた上で貸していただきました。もちろんだんな様のタキシードも!!タキシードは5万円くらいだったと思いますが、ここからがすごい。ふつう、ホテルでドレスなどを借りてさらに二次会場所へ移動するときにさらに持ち出し料として数万から10万円くらい費用が発生しますが、この貸衣装屋さんは一日貸しますというだけの条件でOK。費用は掛かりませんでした。結局、ホテルでは打ちかけとだんな様の着物を借りたのですがそれでも10万以上浮きました。
あと、もちろん、写真屋さんもビデオ撮影も外部から持込。ホテルはあわせると30万円以上します。ここでも10万円以上浮きます。
あとは各テーブルに置くお花。ランクをCランクにして安くした分、二人の写真をフォトフレームに入れてお花の横に置き、貧相に見えないように工夫しました。フォトフレームは今も新居に飾って大活躍していますよ。 この節約術のURL

<<  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話