選りすぐった結婚のおすすめ節約術を、新着順に表示しています。

<<  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  >>

投稿者:エリ
夏の結婚式

元々彼の誕生日である6月21日に挙式・披露宴を希望していました。いくつか見学に行った式場の中で気に入った式場が、私たちが見学をした一週間後に、6月21日から8月末までの間、サマープランと称したプランを発表。20万円引きになることがわかりました!
気に入っていたこともあり、即決。かなり安くなりました。
また、披露宴中に生演奏を入れたいと思っていましたが、式場に頼むとかなり高くなる…。友人のプロの演奏家とその友人に演奏を頼みました。相場よりも安くなったし、いろいろと無理も聞いてもらって、素晴らしい演奏をしていただけました。 この節約術のURL

やはり出来るところは手作りに限ります。
私は ウェルカムボード ブーケ 髪飾り を作りました。
特にブーケはデパートで売っている造花はべらぼうに高いのですが今は百円均一のものと比べると見た目はほとんど変わらないので百均で十分です。
でも接合している部分が取れやすいので、花と枝の接合部分などを全てボンドで付けてあげると心配なしです。
好きな花を束ねるだけで意外と素敵なものが仕上がります。
”自分には無理だ”と思いがちですが、やってみればカンタンです。
かなりの出費が抑えられるのでオススメです。

ウェルカムボードも今はパソコンでシンプルに作ったもので十分だと思います。

あと、女性はゴージャスなアクセサリーをレンタルするのをすごく勧められ心が惑わされるのですが、母親や自分の持っている真珠のネックレスとピアスなどでも一度ドレスに合わせてみると意外とシンプルで上品になったりします。
さらに母親のを付けてあげたりすると親御さんを喜ばせてあげることもできるし、思い出深い品にもなります。何よりもタダなので無駄な出費が抑えられると思います。

それとドレスの下に着るブライダルインナー。
後から聞いてみれば意外にみんな購入していて、その後使用する機会のないままタンスに眠らせています。
同じような体型の友人に恥ずかしがらずに一度尋ねてみた方が絶対イイです!借りれば節約になります。

逆にちゃんと押さえておかなくてはならないのは、料理 引き出物 自分の納得のいくプロの司会者 そして当日のビデオも絶対にプロにお任せした方がいいです。当日の記憶って当事者は忙しくてほとんど覚えてないので、きちん残しておくのをお勧めします。
この節約術のURL

投稿者:ルイジョンボム
自分で交渉

最近はレストランなんかを借りきって行う結婚式が結構ありますが、
そういうのを売りにしている所は、結婚式専門の式場などに比べれば、安いですが、色々な機材や設備などがそろっているので、それなりの値段がします。
なので、自分の場合にはなどがあり、広さや立地、食事 内装 外装などが気に入ったレストランがあったので、50名ぐらいで3時間貸し切って、料理一人5000円ぐらいでやってもらえませんか?と交渉したら、すんなりOK。そこのレストランの食事は大好きだったので、辺にこったりしないで、いつものメニューを料を少なくして、その分品数を出してくださいとお願いすると、当日これがちゃんとした式場で出てきたら、一人3万円は、とられるなというぐらい、豪華にいい感じにやってもらいました。普通にもう予備の部屋などはあったので、着付けやお色直し、入場の時の曲なんかも問題なくできました。もちろん招待状や席順、席に置くウェルカムレターなんかは手作りです。お店の人にいって、店の飾りつけも友達なんかと勝手にやらせてもらったら、店の人もすんごくいいので、しばらくこのまま使わせてもらいます、と言っていました。
神父は、お決まりの英会話講師がその辺を歩いていたので、3万払うから、やってと言ったら、ノリノリでやってくれて、それらしい服をハンズで買ったら、本物よりも本物っぽくやってくれて、みんないい式だったよ、と言ってくれました。値段をケチるというよりも、お任せで何でも整っている所でやるのが嫌だったので、こんな感じにしましたが、我ながら大成功な式だったと思います。
この節約術のURL

投稿者:かおるん
皆のおかげ

私の母は、今はもう引退しましたが、15年以上花屋で働いていて、アレンジや押し花も習っていました。そして私の趣味は、ビーズでアクセサリーなどを作る事!そこで、思い出に残るだろうと、ブーケ&ブートニアを母と二人で作る事に。母がアートのお花で全体を作り、私は、キラキラの大ぶりのビーズをテグスに通し、しずくのイメージでブーケを飾りました。また、ウェルカムボードは母にデザインを伝えて押し花で作ってもらいました。以前から私の結婚式でブーケを作る事を楽しみにしていた母に、ブーケやウェルカムボード、お色直し用の生花のブーケ&髪飾り等を作ってもらえた事は、節約にもなりましたし、何より一生の思い出であり、親孝行の一つになったと思います。あと、自分の好みなどを伝えやすいという点でもよかったと思います。
また、招待状の宛名書きは、小さい頃からかわいがってもらっている叔父が書道の先生なので、お願いしました。
席次表などの印刷はうちにプリンタがなかったので、これまたかわいがってもらっている叔母のを使わせてもらったり…とにかくいろんな人に協力してもらって準備を進める事が出来ました。一生に一度の大イベントに、お世話になった人を巻き込むのも、いい記念になるかもしれませんよ。 この節約術のURL

投稿者:ふっかちゃ
毎日が節約

結婚式ではペーパーアイテムは全て手作りにしました。席次表・メニュー表は無地のものを選び(安いから)自分で考えた挿絵を入れたり、私たちの写真を入れました。ブーケは義母が花の講師であるため作ってもらいました。ドレスはウェディングとカラーに二着を着ました。出来ることは全て手作りにしたのでかなり節約できました。すべて手作りにして大変な思いをしたので思い出にもなりました。節約したお金でハネムーンは豪華にしました。
新婚生活では毎月家計簿をつけ毎月の出費を把握できるようにしています。毎月の食費は15000円と決めています。調理にも節約を意識して、圧力釜など短時間で調理できるようなものを利用し、あまり長時間ガスをつかわないようにしています。お米は実家からもらっているのでかなり助かっています。買い物は特売の日に大量に買うようにしています。菓子類は二人ともあまり食べないので買っていません。なのでそれだけでもかなり節約できています。休みの日は釣に行ったり買い物に行ったりしているだけなのであまりお金が減ることがありません。冬はストーブ・暖房だと暖かいけど高くついてしまうので、コタツですごしました。電気代が暖房より安かったです。この節約のおかげで新車を一括で購入することも出来ました。これからもつねに節約を意識して何が起きても困らず慌てないようにしておきたいと思います。 この節約術のURL

お花を習っていた私は、自分でブーケを作ってみたいという
希望があった。本番用は、プロにお願いした。自分の
希望するブーケは、7万円弱。写真の前撮りのときには
自分で手作りして、同じようなブーケを2万円ちょっとで
作った。

あとは、アルバムを我慢。当日は、チャペルでの挙式風景だけ
プロにお願いして、5万円のアルバムを注文。
披露宴は、カメラ好きの友人にお願いして、たくさんの写真をとって
もらい、自分で、アルバムを作った。
披露宴の分まで立派なアルバムを注文すると、20万はしたので
良い節約になったと思う。友人に撮って貰った写真は、自然な
表情をしていて、かえって良かったかな?と思っている。
私の場合、アルバムにこだわったわけでなく、写真を
残したかっただけだったから、満足! この節約術のURL

投稿者:ぷーきゅー
調べて作って節約!!

全て手作りにしたいと思っていましたが、レストランウェディング以外の式場だと何かにつけて持ち込み料が発生します。

そこで、持ち込み料が発生する物としない物に分けてリストアップし、発生しない物でも作った方が材料費などで割高にならないか検討しました。その上でお得な物だけ手作りにしてあとは選んだ式場の中でのお得なプランを選びました。

ワタシの場合は、招待状の宛名書き、席札、メニュー表、ウェルカムボード、ドラジェ、ドラジェを入れるカゴは自分の手作りにしました。その他、ウェルカムベアーは姉妹に作ってもらい、ブーケは知人に作ってもらい、ドレスの手袋は以前買った白のドレス用手袋を着用し、かなり節約になりました。

紙類・衣装小物が思いの外かかると思いました。お花やお料理はお客様のことを考えセーブしませんでしたが、椅子にかけるカバーはお客様が座ったら見えないのでいらなかったかな?と思いました。 この節約術のURL

同じ系列の式場で使える、友人紹介カードを友人からもらい、ウェディングケーキが無料になりました。
友人には、ディズニリゾートのペアチケットが式場からいき、お互いに得々でした。 この節約術のURL

<<  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話