みなさんから寄せられた結婚の節約術を、新着順に表示しています。

<<  200  201  202  203  204  205  206  207  208  209  >>

投稿者:こむらが絵里
とにかくけちった!!

ペーパーアイテムはもちろん、DVDの録画や写真も友人にたのみました。また、自作の自己紹介ビデオも作りました。花火やお花もほとんど無し!!シンプルでしたが、自作アイテムが高評価でした!!! この節約術のURL

投稿者:だんごちゃん
削れないなら!!

招待状や座札など出来ることがなくなった後は、どう支払うかです。
私の式場では、クレジットカードが使えました。
利用限度額があったので、2枚に分けました。
残金は現金にしました。
(細かく分けて払ってお金がないと思われたくなかったので・・)
後日、カードのポイントで商品券をもらいました。
どこのカードを使うかも調べました。 この節約術のURL

投稿者:ベビ
とにかく交渉!!

私達は知り合って半年のスピード婚。なので貯金をする間もなく、家も購入したのでとにかくお金がありませんでした。でもやはり親には晴れ姿を見せたかったし、けじめとしてお式は人並みにやりたい。ドレスだって着たい。でも親にも負担をかけたくないということで、とにかく式場の方と「お金がないので、ギリギリのところまで自分達でやりたい」と最初から交渉しました。最初のこの交渉が一番大事なポイントです。
ちょうど割引プランがあったので、その中から削れるところはとことん削り、席次表、メニューなどはもちろん手作り。式をした人でないと分からないけれど、こういうこまごましたものに結構お金がかかることに驚きました。メニューは一枚一枚表紙に私が花の絵を描いたものを配り、ブーケはドレスに合わせて手作りをし、引き出物も持ち込み。しまいには司会を兄に頼み、ビデオや写真も知り合いに頼んでとってもらいました。だってお式と披露宴で別料金だし、10万もだして撮ってもらっても何度もは見返さないですし、友人がとってくれたものの方が逆に面白映像が撮れていたりして、結構楽しめました。よくあるキャンドルサービスなどは頼まず、その代わりに各テーブルを回り記念写真を撮ってもらいながら一人一人に挨拶をしていきました。結婚式って、なかなか皆と話す時間がもてないので、きちんとしたお式の形式をとりながらも、手作り感のある感じに仕上げました。とにかくただプラン通りに任せるのではなく、本当に自分達が必要なものが何かを考え、交渉していくと結構安くてもきちんとしたものが作れます。よく式場の方は、「他の皆さんはやられてますよ〜。」って言ってましたが、そんなの関係ないって感じでオリジナルプランを最後まで通しました。(笑)でもこのおかげでその分新婚旅行や家具にお金が使えて本当に大満足でした。来てくれた友人達からも手作り感があって堅苦しくなく、楽しかったといわれ本当に良かったです。
この節約術のURL

ウェルカムボードは義母が作って妹にメッセージを書いてもらって作り、ウェルカムベアーは徹夜で手作りしました。売っているもののようにきれいにはできなかったですが、オリジナルのものが出来て記念に残るもののなりました。 この節約術のURL

投稿者:蘭丸
シルバーパワー!

『和』の結婚式にこだわった私は、招待状の封筒の宛名書きを
地元のシルバー人材センターの筆耕担当のお年寄りの方に書いていただきました。
とてもきれいな字だし毛筆のぬくもりが伝わってきて、かなり満足のいく招待状になりました。そしてなによりも値段です。一般の筆耕さんに依頼するよりも、半額近い値段で書いてもらえましたよ! この節約術のURL

投稿者:Sくん
節約術

自分の身内だけで結婚式をすればどうでしょうか? この節約術のURL

投稿者:てんこ
とにかく節約

まず、基盤となるプランから安いものを中心として選びました。
予算は特には決まっていなかったけれど、通常の結婚式の規模とは違って
少人数の式になる予定だったので、数が少ない中でも無駄がなく、且つ出席してくれる
みんなに満足してもらえるように、食事などみんなで楽しむべきところは
出来るだけ削らない代わりに、お色直しの回数を一回にしたり(洋装のみで和装は無し)
招待状の単価も低いものにする、食事のメニュー表は自分たちで手作りするなど
自分達で出来るものは極力用意するようにしました。

結果、新郎新婦併せて計54名の式だったのですが
かかった費用は130万前後。
お祝いでほとんど元が取れたのでほとんど赤字にはなりませんでした。


結婚式は一生に一度のもの....
そういう気持ちが最初はとても強くて色々なオプションをつけたかったのですが
冷静に考えてみたら、参加者のみんなと一緒にいる時間を少しでも長くするためには
お色直しを一回にして、みんなに温かい料理を楽しんでもらえた事が一番良かったと
思っています。
実際、参加してくれた人たちはみんな、その後別の結婚式に出席しても
『やっぱりあなた達の結婚式が一番アットホームで楽しかった。』と褒めてもらえます。 この節約術のURL

投稿者:福耳太郎
披露宴の節約

仲人を頼みませんでした。。仲人へのお礼や、仲人席の生花などの費用が節約できました。
お色直しは一回だけにしました。貸衣装代の節約になりました。
キャンドルサービスをしなかったので、蝋燭代の節約になりました。その代わりに、お菓子を持って各テーブルを廻りました。 この節約術のURL

<<  200  201  202  203  204  205  206  207  208  209  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話