みなさんから寄せられた結婚の節約術を、新着順に表示しています。

<<  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  >>

会場に入っている日比谷花壇のブーケは最低でも3万円からで、前撮り、当日、カラーチェンジ用もお願いすると3万×4つで最低でも12万円。押し花などで残す加工代が2万円。
地元の花屋さんでレッスンしてもらいながらブーケ、ブートニアを作成。新郎新婦一緒作成しいい思い出に!造花だけど、とても映えて満足。2種類でレッスン料金含め4万円ですみました。 この節約術のURL

二次会のプチギフトはほんとちょっとしたものでいいと思い、ネットでスーツ型とドレス型とハート型のミニクッキーのプチギフトを購入。価格も150円ぐらいでとても安かった!
結婚式の見送りのときのプチギフトは結婚式場で頼んでしまったけど、ネットで頼めばもっと節約になったなと思いました。持ち込み料がかかってもそっちの方がお得だと思います。 この節約術のURL

投稿者:りお
断る

式場で頼むと凄く高くなるので、アルバムなどすべて一度断る。すると式場の業者の方から値段を下げてくれる。あとは、主人と相談して、利用したりしなかったりしました。
VTRなどは自分たちで作成をして節約しました。 この節約術のURL

投稿者:コメット
装花は安くかわいく!

お料理は良いものにしたかったので、一番削りやすい装花を抑えました。
高砂席の装花の平均は15〜20万円といわれ、グリーンを多く取り入れたナチュラルに可愛い装花にしました。新郎のトレードマークであるブロッコリーをこっそり忍ばせて面白い演出にもなりました。
また、高価なバラは避けガーベラやかすみ草を使用したのも節約できた点だと思います。
高砂席は8万円に収まり、ケーキフラワーはなし、ケーキナイフはリボンのみにしましたが、安っぽくなくお値段も大満足でした。 この節約術のURL

披露宴のエンディングムービーですが、よく当日の式や披露宴の様子を流しますよね。でも、式場にお願いするしかないし、なにより数分の映像だけでかなり高額になります。しかも、基本は新郎新婦しか映らず、ゲストの中に自分が少しでも見切れたらラッキーという感じです。でも、自分が映るととっても嬉しいですよね!
私たち夫婦は、“自己満足にならず、ゲストに楽しんでもらい、感謝を目一杯伝えたい”というのが結婚式のテーマでした。そのため、エンディングムービーは式場にお願いせずに、それぞれのゲストとのこれまでの思い出の写真をスライドのようにしてたくさん盛り込んだものを自作しました。
ウェルカムスペースや会場内も、ゲストとの写真をたーくさん用意しました!

ゲストの方々はニコニコしながら見てくれて、思い出を味わってくれている様子でしたし、友人からも好評でした!

手元にある写真を使った編集だったので、簡単でしたし、会場内に飾った写真の印刷もお祝いでいただいたプリンターをフル活用!(笑)
思いも伝えられて、節約もできてよかったです。 この節約術のURL

投稿者:早坂知景
二次会会場選び

二次会の会場選びに悩みました。どこの会場も会場代がかかってしまい、結構高いのです。そこで私たちは、考え方を変えて、結婚式場を探すのではなく、二次会のできるアミューズメント施設を探しました。
そこは広い空間でダーツやビリヤード、カラオケが一定料金ですべてできる、バーカウンターもあるところだったのですが、店長さんに相談して、そこを貸し切りに。料金も交渉し、料理8品飲み放題付き、3500円にできました。
会費として一人4000円頂戴し、浮いた500円で超豪華なビンゴ大会をして大盛り上がり。貸し切りなので、店内BGM変更で式を盛り上げ、バンド演奏もOK.おまけに新郎新婦控室や、子供連れの方のためにはカラオケルームを使えてお母さんも安心。
あくまでアミューズメント料金しか取られないので、人数分の料金しか取られないのでキャンセルがでても損はなし。
こうして私たちは、タダで最高に盛り上がる80名の二次会を行いました。
たぶん一番安い方法です。 この節約術のURL

結婚と同時期に引っ越しとかお金があっても足りないからしない方が良いですよ!
じゃなくて、我が家では紙モノは殆ど席札、人前式用の記入する紙、ウェルカムボード。
エクステなんて何万もするのなんか馬鹿らしいと、部分ウィッグのロングに針金内蔵の蔦を巻きつけて造花を盛りつけて装着!肩までの髪が腰までのラプンツェルヘアに!
手作りのベールは雑に円切って三分の一らへんで折って縫ってと1時間で終わり!
ブーケも造花で製作して、お色直しのステッキブーケも余分に1つ製作して、不器用なので式の間も針金が指に痛い…
普段、家事も料理も苦手だし不器用な自分でしたがこれで普通に注文するよりも半分以下の材料費のみですみました! この節約術のURL

結婚式場でハネムーンプレゼントというキャンペーンをやっていて、ハネムーンに安く行けるというものだったのですが、ハネムーンはまだ行くか決めていなかったので、そのキャンペーンの費用10万円くらいを式と披露宴の費用から引いてもらうことにしました。かなり気持ち的にはお得感がありました。このキャンペーンを行っている式場は結構多いようですし、しょっちゅうやっているみたいです。 この節約術のURL

<<  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話