みなさんから寄せられた結婚の節約術を、新着順に表示しています。

<<  134  135  136  137  138  139  140  141  142  143  >>

投稿者:ラスカル君
持ち込み料を考えても。。。

ホテルでの披露宴の引き出物はよく、そこの進物会社などを利用すると安くできるといいますが、自分は全部持ち込みをしました。
自分で招待客にあう内容のものをそれぞれバラバラに購入し、式の当日に自分で持ち込み。
持ち込み料は1品300円くらいとられましたが、かなり安くなりました。
何よりも、自分が納得した引き出物を友達、親戚にそれぞれ贈れたことがうれしかったです!
式のスタイルも一応ひな壇はあるものの、披露宴というよりは宴会スタイル。披露宴と宴会では基本料金も違うようです。 この節約術のURL

ホテルでの式&披露宴でしたが、持ち込み可能な物はほとんど持ち込みました。ゴスペル歌手、ペーパーアイテム、ブーケ、BGMなど、とても良いホテル&スタッフで、快く受け入れてくれました。もちろんホテルの利益の事も考えて儲けさせるところは儲けさせてね。まずはわがままを聞いてくれる所を選び、わがままを言ってみる事ですね この節約術のURL

投稿者:jinkame
アルバム作成!

親戚等に渡さなくてはいけないアルバム。
これを自分達で作るとかなり費用が浮きます。
可愛く工夫して手間をかけて、お礼なども書き込めば気持ちも伝わっていいと思います。 この節約術のURL

投稿者:かっぱ
両親へのプレゼント

結婚式を遠隔地で挙げた関係上、両親へのプレゼントの定番!花は持って帰れないという事でNGでした。そこで何にしようか考えた末、二人の写真を収めた写真立てに決定。
早速、お洒落な店を回り気に入った写真立てを探すが、お眼鏡に叶う物はなし。
そんな時、ふとカメラ量販店に行くと、シンプルで二人のお眼鏡に叶う物発見。値段も千円しないロープライス。これはお買い得と購入し、前撮りで撮ったウエディング姿の写真を収め両親にプレゼントしました。
花より大分減価低減になった上、実家に帰るとその写真立てが置いてあり、一寸嬉しい気分になりまた。
この節約術のURL

投稿者:きのこ
アレンジのできるドレス

ウェディングドレスにベールとケープがついている物を借りました。
式の時はドレス+ベールのみ。
披露宴の時はドレス+ケープのみ。
それぞれに合わせて髪形とアクセサリを替えたら
雰囲気もだいぶ変わってよかったです。
もちろんドレス1着分の値段でした。

ちなみにアクセサリの値段はドレスにセットされてましたが
おまけしてくれて2つ分のアクセサリを借りることができました。 この節約術のURL

投稿者:miki
コネで節約

私も主人が出会ったのが、ホテルの結婚式のサービススタッフのアルバイトでした。
お互い就職の為バイトをやめて,一年間遠距離恋愛を経て結婚しました。
結婚式場も、迷わずアルバイトをしていたホテルで。
担当のスタッフもみんな仲の良い先輩などで、たくさんオプションのサービスや、サプライズイベントををしてくれました。
もともと割安なホテルのパックでしたが、価格以上のサービスに大満足でした。
浮いたお金は新生活の費用にあてました。
この節約術のURL

新婚旅行は絶対にヨーロッパと前から決めていました。結婚後は長い休みはそうそう取れないし、ブランドのバッグだって独身だったころと同じようには買えなくなるかも・・・と思っていたから。でも、披露宴にはすでにかなり費用がかかってるし、お買い物用のお金もできるだけ残しておきたい。そこで、新婚旅行はハネムーンプランなどの高いプランにせず、ちょうど2月だったこともあったので卒業旅行向けにプランニングされたものを探しました。ポイントは?最小催行人数が1〜2名のもの。?行程の前後などに滞在都市が自由に選択できるようになっていること。申し込み人数が1、2名でもなくならないということはもともと他のプランと抱き合わせて催行する予定になっているということで、行程の前後などに滞在都市が自由に選択できるようになっているということは、それ以外の行程が抱き合わせ部分という可能性が高い。申し込んだプランは、「ドイツ、スイスをバス、新幹線で縦断」+「ローマ2日」+自由選択1都市「パリ2日」で添乗員は現地に到着後から、ドイツ、スイスのみ日本語が話せる添乗員(日本人とは限らない)という条件でとってもリーズナブルだったのに、実際、空港に行ってみると、日本人添乗員さんがすでにいて、ローマまではずっと面倒をみてくれました。「ドイツ〜スイス〜ローマ」で日本人添乗員が最初から最後までずっとお世話しますプランと抱き合わせてあった為、ほんとに得しちゃいました。他の方は最初から添乗員付きプランを申し込んでいるので、その分の費用が旅行代金に乗っかっているし、私たちがローマからパリに移動する日が他の方たちにとっては最終日で日本に帰る日。私たち以外は全員日本に帰る方ばかりだったので、すっごくすっごくうらやましがられました。旅行代金が浮いた分でパリにもいけて、エルメスやヴィトンでお買い物もできたし、またいろんなグループが参加しているので、仲良くなったり、人間観察ができたりして、ほんとに満足しています。 この節約術のURL

母が型紙から全て手作りしました。
着たかったドレスがシンプルなマーメイド型だったので、材料費全部で3万ぐらいで完成しました。
時間は1か月ぐらいかかりましたが、記念にもなるし手作りして良かったです。
この節約術のURL

<<  134  135  136  137  138  139  140  141  142  143  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話