みなさんから寄せられた結婚の節約術を、新着順に表示しています。

<<  130  131  132  133  134  135  136  137  138  139  >>

http://www.wedding-recipe.com/gimon/kekkon/74.php

作れるものは作る、持ち込めるものは外部の業者を検討する!!

だいたい、下記の感じで節約しました。

【自分で作成したもの】
・メニュー/プロフィール付の席次表、名札
席次表の表紙を普通のプリンタ用紙にすると、少し見劣りするので、7種類くらいある色違いの花の絵のメッセージカードを表紙にし、席次やプロフィールを印刷した中紙を閉じ紐でまとめて作成しました。
当日ゲストには、受付で好きな色やデザインの席次表を選んでもらうようにしました。費用は、業者に頼む価格の1/5程でできました。
・ウェイトベア
頭、胴体、手、足におもりを入れて作る簡単なキットを購入し、足裏に刺繍を入れ2、3日で完成しました。完成品の半額くらいの値段ででき、手作り感もあって、両親も喜んでくれてました。
【作成してもらったもの】
・ベール
シンプルなものがよかったので、ドレスの色に合わせたチュールを買って、母親に作ってもらいました。材料費のみなので、数千円でできましたし、以外と簡単に作れます。
・ウェルカムボード
新郎の母親が趣味で押し花をしているので、押し花を使用したウェルカムボードを作成してもらいました。
【その他】
・ブーケ
持ち込み料がかからなかったので、外部の業者さんに発注しました。式場で頼む一番安いブーケ一つの値段で、希望通りのデザインのブーケ2つとブートニア2種類ができました。
・引き出物
持ち込み料を負担してくれる割引のあるカタログギフトの業者さんに発注しました。割引率によっては、カタログのランクを一つ上げることもできました。
・生い立ちビデオをやらない
もともとやるつもりもなかったのですが、スクリーンの使用料やビデオの作成料の節約になりました。その代わりに、受付にお互いの小さい頃からの写真を飾ったり、アルバムを置いて、ゲストに自由に見てもらうようにしました。受付の飾りの代わりにもなって一石二鳥でした。
・飲み放題にしない
飲み物は一番安いプランにし、当日追加分の飲料代を払うようにしました。実際、いろんな種類の飲みものが頼めるし、飲み放題プランにしたときの値段の1/4くらいで済みました。
・料理は一番安いプランに+αで
ゲストに年配が多かったことと、フランス料理しかなかったこと、ウェディングケーキで使用したケーキもデザートの1品になるので、量の少ない一番安いプランにし、2品だけ追加料金を支払いグレードアップしてもらいました。みんな量も味もちょうどよかったと満足しているようでした。プランをグレードアップするよりも全然安く済みました。


特に、ベールは予想以上の節約になりました。
また、人数分用意するものは、一人数百円の違いが、合計数万円の違いになってきますので、「数十万円の中の1万円は小さく見えるけど、目の前の1万円は大きい」という心がけで常に、費用をリストアップして金額とにらめっこしながら準備を進めていきました。 この節約術のURL

投稿者:まる
引き出物

引き出物は持ち込み料がかかっても
式場で選ぶものより安く済む場合もあります。
私はネットで商品を探して交渉し、
熨斗など包装もきれいにしていただいたし
事前に自分たちで作ったメッセージカードも
中に入れていただくことができ
ゲストの皆さまにとても喜ばれました。

式場で引き出物を選ぼうとすると
どこかで見たことがあるような物ばかりで
見ただけで大体の値段がバレてしまいますが
品質やデザインの良い物でも
あまりメジャーでないメーカーの物だと
簡単に値段の検討も付きづらいので
そういう点でも良かったと思います。
結果10万ほど予算が浮いたと思います。 この節約術のURL

投稿者:みやざん
20代前半で結婚して・・・

20代前半で結婚した私達は、お金がないこともあって、ブライダルフェアの模擬挙式モデルを本番代わりにするつもりでした(両家の両親とごく親しい友人に来てもらいました)。
結局、4回も模擬挙式モデルをやってから(4回とも両親には来てもらいました)、入籍しました。
しかし、これらのモデル経験と持ち前の倹約的性格を活かして、「どうにかして豪華な結婚式を格安で挙げられないか?」と考え、遂に通常見積り350万円の結婚式を150万円という半額以下の料金で挙げることができました(200万円の節約です)。 この節約術のURL

投稿者:ブライトマン
メニュー表は自分で作成

メニュー表はパソコンで無料のテンプレートをダウンロードして作りました。会社のお昼時間にこそこそっとカラーコピーをして、節約しました。列席者の人も、その場はメニューを見ていたものの、その場しか見ていないようだったので、節約してよかったです!! この節約術のURL

新郎のスーツを、新婦の衣装と同じ貸衣装屋さんで借りると、もっとも安い物でも5万円程度になることがわかりました。一生に一度のこととはいえ、まったく手元に残らないものにそれだけ支払うのもどうかと思ったので、どうせならとイージー・オーダーで三つ揃えのスーツを買いました。
生地と形をうまく選べば、披露宴用のスーツには充分で、かつ仕事の場面でも使えるものになりました。家族・親族の評判もそれなりで、写真写りもそこそこでした。
新婦の衣装は難しいかもしれませんが、新郎の衣装なら、買ってしまったほうがいいと思います。でも、もちろん吊しのスーツはなんですから、イージー・オーダーにしておいたら、それなりに選べていいものになりますし、長い目で見たら節約になります。
仕事で着るたびに式のことを思い出して、それはそれでいいものです。 この節約術のURL

とにかく挙式、披露宴を豪華に日本でやらないことです。
特に目新しさも何もない策ですが・・・。

私たちの場合は、挙式と海外旅行はしたかったのと、とにかく面倒で無駄にお金のかかることはやりたくなかったので、挙式と新婚旅行を兼ねて、海外挙式にしてしまいました。

友達を呼ぶとパーティーをやったりして余計にお金がかかりますし、
友達には、「身内だけで海外挙式をやるのよ〜」と言っておけば済むことで、楽でした。ご祝儀もあまり期待はできませんでしたが、ご祝儀返しや引き出物に頭を悩ませることもなかったです。
家族だけ同行させた場合には、親の経済状態にもよりますが、親がお金を足してくれたりして、私たちの場合はいいことづくめでした。

友達の多い人、会社関係の人を呼ばなければならない・・・など、人間関係が大変な方にはお勧めできませんが、人間関係の淡白なマイペースカップルにはお勧めです。 この節約術のURL

投稿者:RYONJI
式場と新婚旅行

式場で流す映像や音楽は自分で編集する予定です。
カメラマンも複数の友人に持ち回りでお願いします。

また旅行関係の仕事であるため、会社の福利厚生を利用して
新婚旅行に出かける予定です。 この節約術のURL

投稿者:だん
自分で出来る事は…

何でもホテルにお願いすると、本当にお金が掛かってしまいます。
招待状も席札もメニューも自分で作り、招待状のあて名は友達に書いてもらいました。
ブーケも本番はホテルに頼みましたが、写真の前撮りはホテル以外の花やさんにお願いしました。
司会もホテルで頼むより、ネットで探しました。
色々で15万円は安く出来たと思います。 この節約術のURL

<<  130  131  132  133  134  135  136  137  138  139  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話