みなさんから寄せられた結婚の節約術を、新着順に表示しています。

<<  120  121  122  123  124  125  126  127  128  129  >>

投稿者:ゆっこっこ
節約結婚式

予算は少なかった私たちは、まず主人の友達が遠方が多いことを理由に友人達を招待するのをカット。

親族だけにして少人数に。
式はもちろんホテルなどにはせず、さらに式の後の移動もないように教会とレストランが一体となっている式場に決めました。

昼間の式だったので、飲み物は飲み放題にはしませんでした。
さらに明るい時間なのでキャンドルサービスはせず、レストランのパンを配ってテーブルを回るときの費用をカット。

お色直しはなくウェディングドレス一着のみ。
おかげで立ったり座ったり忙しくすることなく、ゆっくり食事にもありつけましたし、写真撮影もゆっくりと♪

音楽ももちろん自分達でMDを製作したものを流してもらいました。
後々自分達のドライブのときのBGMになりました♪

引き出物はロールケーキにしたので、プチギフトはティーパック。
式の一ヶ月前くらいから母と一緒にせっせと100均の袋につめて準備。

席札などのペーパーアイテムは父が作成してくれたので、面白エピソードなども載っていて親戚中大うけでした☆

節約したため予算していたより小額で出来、貯金も残ったし何より記憶にも残る楽しい結婚式になりました☆ この節約術のURL

投稿者:かず
値切る

とにかく会場で値切れるか交渉する。
あわよくば特典としてこれを使ってくださいと、
オプションが無料になることがある。 この節約術のURL

投稿者:こでまり
婚姻届の節約技

婚姻届を出した時点で新居が決まっているなら、新居最寄りの
役所で婚姻届と転居or転入届と新しい戸籍謄本や住民票の
請求書、切手を貼って住所やあて名を書いた封筒も添付しておけば
新しい戸籍謄本と住民票が作成され次第、郵送してくれる。
これで役所に行く手間が減る。

婚姻届は全国どこの自治体でも受け付けてくれるから使える技。

ただし、転入・転居の手続きは平日昼間に限る自治体が多いので
夜間や休日の入籍の場合はできない。
事前に必要な書類や通数の確認はしっかりしておく必要はある。
事前に提出予定の役所に問い合わせておくとよい。

特に夫婦どちらの本籍地でもなく、新しい本籍地でもない自治体に
新居を構える場合、書類が多くなるので要注意。 この節約術のURL

ゼクシィを見ると様々な外注の業者が掲載されています。
カメラマン、司会者、引き出物のカタログギフト(持ち込み料負担)、オープニング、エンディングムービー、など。

式場によって持ち込み料が様々ですが、私のあげた式場は引き出物以外は持ち込み料をとらない会場だったので、上記全て持ち込みました


ペーパーアイテムはもちろんすべて自分で手作り。
席次表は面倒だったので、なしにして「もぎり」といって
受付の人が列席者に「あなたはAテーブルです」「Bテーブルです」
とテーブル名だけ書いた用紙を渡し、そのテーブルまでいってもらいます。
テーブルには席札があるので自分、もしくはウェイターの方に席を
探してもらって座ってもらう、という方法をとりました。

あと、ドレスのインナーやティアラ、ヴェールなどは、すでに結婚式をあげている友人に持っていないか確認。
持っていれば借ります。
ヴェールや手袋もネットで買った方が半額ぐらいで買えますよ。

外注業者を調べたり、それぞれに連絡をとったり、かなり大変だったけどその苦労も忘れられない思い出になるし、お金も浮くしで一石二鳥です!



この節約術のURL

パソコンのプリンタを使っての手作り。
あとは頑張って一つ一つメッセージをつけたペーパーアイテムをつくりました。
手間暇はかかるけど わすれられない思い出と節約になりました。 この節約術のURL

投稿者:タコママ
できるだけ手作りで!!

結婚式の日時は仏滅で30万ほど費用を浮かし、招待状や席札、メニューなども自分たちでやりたいと言ってパソコンを駆使して作りました!!
ネックレスやクラウン、リングピロー、披露宴でのブーケなどは手先の器用な友達に依頼。
持つべきものは友達です!! この節約術のURL

席札やメニュー、席次表など自分で作る。
新郎新婦のプロフィール、思い出の写真のスライドショーなどもパソコンソフトを活用して手作り。
あと、ビデオなども友人に頼んだり、いろいろとオプションがあるので、本当に必要なのかを見極めて、これだけはとか、優先順位を決めて計画を立てると良いのでは・・ この節約術のURL

結婚式は生花代が高かったので、ブーケは自分で作りました!
頼むと最低3万程かかるものが、5000円以下で出来ました。
トス用ブーケも手作りしたので、ブーケトスした際も喜ばれました☆

お色直しの時はアームブーケを手作りし、自分で装飾した籠にお菓子を入れ、配りました。(新郎はビールサーブ)
各テーブルも回れて、楽しむことができました!

ヘッドドレスは会場ではなく、他のお店で探しました。
ドレス・ドレスの色味を写真で撮ったので、別で手配しても全く違和感ありませんでした。

ペーパーアイテムは名前を間違えると大変失礼になるので、会場に頼みました。
ゲストの方々にお礼の気持ちをこめて、料理もアップグレードしました。

お金を出してもいい所としめる所のメリハリが大事だと思います☆ この節約術のURL

<<  120  121  122  123  124  125  126  127  128  129  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話