みなさんから寄せられた結婚の節約術を、新着順に表示しています。

<<  118  119  120  121  122  123  124  125  126  127  >>

短大で服飾関係を学び、自分で服なんかを作ってました。
自分の結婚式で手作りのドレスを着るのが夢でした。
短大のファッションショーでも作ったのがあるのですが、それとは別に一から作りました。
材料費は先生や友人がプレゼントしてくれたので、0円です☆
ついでにベールも作りました。
ウエルカムボードやドール、席札なんかも全部、作れるものは作りましたねー。
作るのは好きだから苦じゃなかったし、みんなにも好評で、お金もかなり抑えられたし一石二鳥でした♪ この節約術のURL

 私たちの場合は、お互い式には無関心で「両家の両親が納得してくれる」ことがベストだと考えていました。
 仕事も忙しく、お金の節約より時間の節約を優先し、できる限りはプランナーや業者の方におねがいしました。
 時間の節約としては、式のみならず、新婚旅行の打ち合わせも式場に併設した旅行会社で「ついでに」を最大限に利用。また、ハネムーンでの割引もあり、たまにプランナーの方もそばで談笑しながら打ち合わせしたり(同じフロアなので旅行会社の方とプランナーの方がお知り合い)、いい雰囲気で打ち合わせができました。

 お金の節約はとても大事だと思いますが、時間の節約は彼の機嫌を損ねることもなく、その分、仲良くできます。

この節約術のURL

投稿者:パフ
大学で結婚式!

大学のオープンキャンパスが出会いということもあり、大学のホールを貸し切り、挙式。披露宴のような二次会のようなパーティーは二階の海が一望できる学食で行い、大幅にコストダウン。会場の設置、進行を努めてくれたホテルに8万円、大学の使用量に1万円程度でした。学食のビュッフェ形式の料理はいくらだったか忘れました。 この節約術のURL

投稿者:パン
やればできる!

印刷物はもちろん全て自分で。宛名も。ウエルカムボードにサンキューギフトも調達から梱包も自分で。これで20万近く下げられました。さらに、友だち・親戚・知り合いをふる動員して、使える割引を使いまくりました。(紹介割引・ホテル会員割引・知り合い割引・クーポン割引・セット割引・時期割引)おかげでドレスは二人分で30万浮き、ホテルでの挙式・披露宴でしたが豪華さは全くレベルダウンせず、約100万ほど浮きました。探すのも作業するのも自分でやればできます。カタログやネットで包装されているものは良く見えますが、自分でも大抵できます。手間がかかるので嫌になるだけ。人がやるのはほとんど手間賃だとつくづく感じました。 この節約術のURL

披露宴の案内状
席次表 席札 ウェルカムボード 
プログラム はすべてPCで作り

引き出物の手配、手提げ袋、なども
安く仕入れて経費を浮かせましたが、
浮いた分を、式場の予算だと引き出物のレベルを
カタログ2000円分しか用意できなかったものを
3000円コースにアップすることができました。

あとは、新婚旅行のお土産代にしました♪


この節約術のURL

結婚式でいっぱいいっぱいだったので二次会は幹事さんにお願いしました。

その間に二人で席札やメニュー表を作り予算を節約したり、二次会の

送迎品も昔懐かしの駄菓子を詰めてサンキューカードを作りました。

結婚式準備はかなり忙しいので幹事さんに任せて大正解でした。

この節約術のURL

投稿者:クッコリータ
元プロ同士でおしゃれの節約!

独身の時はヘアサロン、ネイルサロン、百貨店の化粧品売り場とお洒落に時間とお金をかけれましたが、結婚してからはなかなか投資が出来なくなりました。そこで同じ悩みを持つ元スペシャリストの友達で集まってそれぞれの特技でお互いをサポートしトータルビューティをしています。私は元メイクアップアーティストなので、眉のトリミングやトレンドメイクをレクチャー。他に元ネイリストが「爪のケアカラーやジェル」、元美容師が「ヘアカット、カラー」等で技術のしあいっこをしていつでも現場復帰が出来るよう腕を落とさないようにしながら美容代を節約しています! この節約術のURL

投稿者:マーボ
ナイフ装花

ケーキ入刀のときのナイフにつける花は花なしにするとどうなるか聞いたところ無料でリボンをつけてくれるということだったのでリボンにしました。
当日なんの遜色もなく十分だったと思います。
きっと花つけない場合なんて聞かなきゃ教えてくれなかったと思います。 この節約術のURL

<<  118  119  120  121  122  123  124  125  126  127  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話