選りすぐった結婚のおすすめ節約術を、新着順に表示しています。

<<  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  >>

ウェルカムボードを作成。
前撮りした写真を写真店で引き伸ばし、店じまい直前で値引きされていた額縁&ブリザーブドフラワーを購入。
名前と日付をワードに打ち込んでプリントアウトし、写真の下部分に貼って、写真と名前&日付の周りにはブリザーブドフラワーをペタペタ貼った。3000円くらいだったかな。
オーダーすると、1万〜2万はしてしまうので、楽しく作業ができなおかつ思い出にも残った。
この節約術のURL

21歳で結婚。
結婚式費用でお金を使い新婚旅行まではお金をかけられず、海外なんてとても無理・・

なので実家の車を借りて、東京から神戸までドライブし一泊。

ユニバーサルスタジオに行き、大阪でたこ焼き食べて、
日本海をドライブしながら富山の漁港で一泊。

さらにおばあちゃんに会いに新潟に行き、そこで一泊。

再び東京へ帰宅。

3泊4日で、色々周れてのドライブ旅行。

ラブラブな2人ならドライブ中も話はつきなくて、想い出に残りました。

一人での節約よりも、2人で一緒にやる節約の方がずっと楽しいですね。

結婚して10年。

今では家族で激安スーパーに行って、あれこれ計算して話し合いながら、節約を楽しんでます。 この節約術のURL

投稿者:てるあやりん
フォトアルバムを自分でデザイン♪

結婚式の準備の話し合いで時間がかかる事の一つとして「写真・ビデオ」だと思いますが、写真を撮ってもらいフォトアルバムとして製本してもらうだけで10万円ぐらいかかってしまうと聞いてビックリ!

私たちの場合は、写真を準備〜2次会までとたっぷり撮ってもらって、データをCDにしてもらいました。

そして、ゆっくり時間のある時にインターネットで探した製本をしてくれるサイト上で自分で写真を選び、レイアウト。
もちろん本の大きさ、ページ数、背景の色、仕上げ方などフルオーダーできるので、出来上がりが到着した時には本当に感動しました。
それを3冊頼み、両家の両親にプレゼントしました。

費用も全部で2万円以下!!!

これは節約にもなり、大切な思い出をハンドメイドで作った感もあり非常に満足しています。 この節約術のURL

投稿者:佐竹侑子
比べる事が大切。

式場は、絶対に4〜5個の式場を見学して見積もりを出してもらう事が大切。
その時に、大体同じ内容の式の設定で見積もりをだしてもらう事。

そして、式場をしぼったら、それぞれの式場で料金の違う箇所は絶対にあるので、他の式場の見積もり書を提示しながら『○○はこれくらいの値段だったのですが。。。同じくらいの値段になりませんか?』など交渉する。
式場は、お客さんを逃したくないので、値引きしてくれる時もあります。

そして、私は安く自分のしたい式ができる式場で挙げる事ができました!!

この節約術のURL

投稿者:nene
アルバムは手作り!

アルバムを自分たちで作りました。
プロのカメラマンに撮ってもらった写真のデータと
参列者がくれた写真のデータから、
自分たちの好きな写真を選び、プリントアウトして、
買ってきた台紙に貼り付けてできあがり☆
写真を選んで構成を考えるのは大変でしたけど、
そんなしょっちゅう見るものではないし、
このデジタル化社会においては、紙を見るより
パソコンやデジタルフォトフレームで見る方が多いし。
アルバムはちょっと手を加えたり枚数を増やすと、
どんどん高くなると聞いたことがあったので、
これでだいぶ節約になったと思います。 この節約術のURL

席札はもちろんのこと、座席表も手作りにしました。
あとは、生花がとても高いので、ゴージャスな感じではなく、ほんわりと小さな生花でもかわいらしく見せれる花を選びました。(さすがに造花にはしませんでした)
あと、招待状の宛名書きも自分で書きました。
意外に失敗しないもので、手作り感があると褒められました♪

料理はどのコースでもおいしかったので(レストランウェディングでしたので)
料理は安めに設定し、その分、ワインの種類を増やしました!
結婚式でこんなにおいしいワインを飲んだのは初めて!と、旦那側のおばさんから言われました(ご高齢なのにワインに詳しい方のようでした) この節約術のURL

投稿者:はるにん!
固定支出の見直しで結婚費用UP!

これは元手の結婚費用をどう節約して使うかというのではなく、
日常生活を見直すことで元手を増やすテクニックです!!

その方法とは、ずばり「家計の固定支出の見直し」です。

固定支出とは、生活する上で必要な定額経費のこと。
例えば、家賃・インターネット料金・携帯料金・保険などのことです。

節約というと、食費や光熱費・ガス料金等の、毎月変動する支出のムダを省くというイメージがありますが、固定支出の見直しのほうが、実は断然額が大きくて節約になるんです!!

インターネットの契約先(プロバイダなど)、健康保険(国民保険で十分な所を知らずに過剰加入していませんか?)などをひとつひとつ見直してみると、毎月数千〜ムダが多ければ1万円くらい浮かせることが可能ですよ!

それは結婚資金と比べたら些細なお金かもしれません。
でも、例えば月8千円浮かせられたとして×12ヶ月=9万6千円
と考えると、一度の見直しで結婚プランをちょっと贅沢に出来るかも知れないんです。

さらに結婚式が終わってからもその浮いたお金はまた別の資金のために積み立てておけます!!

結婚は特別なものですが、節約方法が特別である必要はありません。もし良ければ、自分の生活を見直すことから始めてみてはいかがでしょうか?

この節約術のURL

私の結婚式での節約は、ウェルカムボードやペーパーアイテムの手作りです。さらに、参加したブライダルフェアで行われたビンゴゲームで、リングピローを頂きました!!

料理や引き出物は費用を削ることはできない。照明や演出料金は決まっているし…
何を削れるかを考えると、招待状や席次表、席札などは手作りにすることでした。
私の場合は、招待状と席次表は市販されている同じ柄の物を使い、パソコンで作りました。自分の好きなキャラクターをワンポイントとして使い、オリジナルの物が完成し、二人とも満足度は大きかったし、思い返した時もじーんときます。
席札は画用紙と和紙(表面)で作った為、こちらはかなり節約になりましたが、デザインにはこだわったのでゲストもびっくりするような席札となり、手作りが多かった為、費用は少ないけれど心のこもったおもてなしをすることができました。

ウェルカムボードは、大きすぎると新居で飾る所もないので、玄関先に飾れるような大きさ、デザインにしたので、今は玄関に飾っています。
これは、写真立てに紙粘土をくっつけて色、ニスを塗りました。100均で揃う材料なので、かなりコストの削減になりました。

式の日が迫ってくると何かと忙しくなり、手間だとか面倒に感じやすくなるかもしれません。なので、リングピローやウェルカムボードなど、ゲストの人数が分かる前でも作れる物は早めに作ることをおすすめします。 この節約術のURL

<<  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話