みなさんから寄せられた結婚の節約術を、新着順に表示しています。

<<  105  106  107  108  109  110  111  112  113  114  >>

投稿者:ふっかちゃ
毎日が節約

結婚式ではペーパーアイテムは全て手作りにしました。席次表・メニュー表は無地のものを選び(安いから)自分で考えた挿絵を入れたり、私たちの写真を入れました。ブーケは義母が花の講師であるため作ってもらいました。ドレスはウェディングとカラーに二着を着ました。出来ることは全て手作りにしたのでかなり節約できました。すべて手作りにして大変な思いをしたので思い出にもなりました。節約したお金でハネムーンは豪華にしました。
新婚生活では毎月家計簿をつけ毎月の出費を把握できるようにしています。毎月の食費は15000円と決めています。調理にも節約を意識して、圧力釜など短時間で調理できるようなものを利用し、あまり長時間ガスをつかわないようにしています。お米は実家からもらっているのでかなり助かっています。買い物は特売の日に大量に買うようにしています。菓子類は二人ともあまり食べないので買っていません。なのでそれだけでもかなり節約できています。休みの日は釣に行ったり買い物に行ったりしているだけなのであまりお金が減ることがありません。冬はストーブ・暖房だと暖かいけど高くついてしまうので、コタツですごしました。電気代が暖房より安かったです。この節約のおかげで新車を一括で購入することも出来ました。これからもつねに節約を意識して何が起きても困らず慌てないようにしておきたいと思います。 この節約術のURL

お花を習っていた私は、自分でブーケを作ってみたいという
希望があった。本番用は、プロにお願いした。自分の
希望するブーケは、7万円弱。写真の前撮りのときには
自分で手作りして、同じようなブーケを2万円ちょっとで
作った。

あとは、アルバムを我慢。当日は、チャペルでの挙式風景だけ
プロにお願いして、5万円のアルバムを注文。
披露宴は、カメラ好きの友人にお願いして、たくさんの写真をとって
もらい、自分で、アルバムを作った。
披露宴の分まで立派なアルバムを注文すると、20万はしたので
良い節約になったと思う。友人に撮って貰った写真は、自然な
表情をしていて、かえって良かったかな?と思っている。
私の場合、アルバムにこだわったわけでなく、写真を
残したかっただけだったから、満足! この節約術のURL

投稿者:ぷーきゅー
調べて作って節約!!

全て手作りにしたいと思っていましたが、レストランウェディング以外の式場だと何かにつけて持ち込み料が発生します。

そこで、持ち込み料が発生する物としない物に分けてリストアップし、発生しない物でも作った方が材料費などで割高にならないか検討しました。その上でお得な物だけ手作りにしてあとは選んだ式場の中でのお得なプランを選びました。

ワタシの場合は、招待状の宛名書き、席札、メニュー表、ウェルカムボード、ドラジェ、ドラジェを入れるカゴは自分の手作りにしました。その他、ウェルカムベアーは姉妹に作ってもらい、ブーケは知人に作ってもらい、ドレスの手袋は以前買った白のドレス用手袋を着用し、かなり節約になりました。

紙類・衣装小物が思いの外かかると思いました。お花やお料理はお客様のことを考えセーブしませんでしたが、椅子にかけるカバーはお客様が座ったら見えないのでいらなかったかな?と思いました。 この節約術のURL

投稿者:さいさい
髪留めは友人の手作り!

友人が、ブリザーブドフラワーで髪飾りを作ってくれました。結婚式場は、いろいろな小物を勧めてくるので、断るのに難儀しますが、「友人の手作り」という言葉は結構有効です。 この節約術のURL

投稿者:すばちゃん
手作りたくさん!

ウェルカムボード・座席札・招待状を全て二人で手作りし、披露宴で流す曲も全て決めました。業者に頼むよりは、随分節約できたのではないかと思います。 この節約術のURL

同じ系列の式場で使える、友人紹介カードを友人からもらい、ウェディングケーキが無料になりました。
友人には、ディズニリゾートのペアチケットが式場からいき、お互いに得々でした。 この節約術のURL

ビデオや写真などは、何かと専門職の方に頼むと高くつくというか、高いので、自分の姉妹に頼みました。多少のブレや位置の配置等に問題が出てきますが、なかなか素人風のいい味がでててそれなりによかったです。

しかし、いい写真もほしいということで、式に浮かした分を前撮りにしっかり使いプロの方に撮っていただきました。 この節約術のURL

投稿者:ピロシキノフ
何でも自作、研究、オークション

私の場合結婚してもやりたいことが山ほどあって、でも抑えなきゃいけない!でも抑えられない!でした。
結婚すると生活のため使えるお金がどうしても制限されてしまうのでそこで考えたのが、ほしいものは、1、自分で作れないか考える(たとえば棚、自作PC)。機能や性能を徹底研究!そして同じ機能を持つ一番安いメーカーを底値で買う(たとえばTV)!実際のお店とオークションやネット価格を比べてみる。

こうして私の場合店頭価格より安く買えることが多いです。

これをしてよかったこととしては商品の知識がつくので店頭に行っていろいろ聞ける!そして店員を困らせて楽しむ。
ネットの相場は店舗より低いのでそれを話すとその値段にしてくれる(店舗のほうが安心なので、店舗で同じ値段ならそれがベスト)
ということ

悪い点は知識をつけるてめに時間がかかる。
興味がないものにこれをやるのは非常につらい

ということです。


だんなの出費になんやんでいる人なんてこの方法がうってつけだと思いますが この節約術のURL

<<  105  106  107  108  109  110  111  112  113  114  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話