みなさんから寄せられた結婚の節約術を、新着順に表示しています。

<<  97  98  99  100  101  102  103  104  105  106  >>

投稿者:chihottchi
オリジナルウェディング

母校(立教大学)の学生食堂で披露宴をしました。
一般の結婚式場とは違い、会場で指定の業者がいなく、全て自分達で決める事ができました。
司会者、装花の業者や、引出物、衣装の持ち込み等、通常では持込み料がかかる会場がほとんどですが、そういったものも全て0円。
そのため、引出物はインターネットで最安値で買えるサイトをさがし、今治タオルセット通常3150円のところを2350円で購入しました。
また、ペーパー類(招待状、席次表、席札、メニュー表)全て手作りだったため、手の込んだものにできた上にペーパー類全部で3万円程に収まりました。
ウェルカムボード、ウェディングベール、アクセサリー、親へのプレゼント(プリザーブドフラワーのアレンジ)これらを手作りしたため、来場者の方にはとてもよろこんでいただけました。
挙式、披露宴に50人程招待しましたが、140万円でとても質の高い式を行う事ができました。
きっと結婚式場ではこうはいかなかったと思います。
自分達の手で作ったオリジナルウェディングをする事ができ、本当にいい思い出になりました。 この節約術のURL

投稿者:mj46
結婚祝いはリクエスト!

友人たちが「結婚祝い名に欲しい?」と聞いてくれたので、お言葉に甘えて「布団乾燥機」「コーヒーミル」「防水時計」等、個別に振り分け、本当に必要なものをかぶることなく、贈ってもらえた♪
結婚当初は本当に貧乏だったので、すごく助かりました!
リクエストしないと、やたらとペアの食器をもらうことになりますよ!!! この節約術のURL


5月末の挙式でしたが、結納準備の冬くらいから高額のものは底値で買うようにしていました。式の経費でチマチマと節約するより効果的です。
1. 買おうかどうかと迷っていたエンゲージリングは、年末に下見をしてジュエリーショップの初売りで購入しました。2割引くらいだったと思いますが、もともとが高額なものなのでかなり安く感じました。
2.ハネムーンはいくつかの候補地からグアムに決定。5月の連休明けから雨期になる直前の6月はオフシーズンながら気候もよく、お得なのが決め手に。ハネムーン用のパック旅行がハイシーズンの6割くらいの価格なるので、予定よりランクアップして最高級ホテルでリッチに過ごしました。
3.家電・家具の購入は2月から3月上旬の一番売れる時期から少し遅らせ、処分セール+決算価格から、更にまとめ買いで値引き交渉を。3000円相当のカタログギフトプレゼントもありラッキーでした。 この節約術のURL

投稿者:ひろこ
21年前のブーケ

ブーケは21年前に母が使用したブーケを使用し、
ブートニアも父のものを使用しました。
ブーケってお金もかかるので、節約になりました。
また、披露宴の時に紹介してもらい、ゲストからも喜ばれ、
よい思い出にもなりました。 この節約術のURL

投稿者:asami
アルバム

写真は友人のカメラマンに撮ってもらい、データだけもらって
インターネットでアルバムを作れるサイトで自分で作りました。
友人カメラマンの写真だけでなく、別の友人が撮った写真や招待状を作っている最中の写真などなどいろんな写真を入れられたし、写真の配置なども自分で考えれるのでとても楽しく、満足出来るアルバムになりました♪
もちろん節約も☆ この節約術のURL

会場を決める際に、まずいろいろ見て回って見積もりを出してもらって、その際にお金がないことを伝えるといいですよ!!
そして、どうしてもここで結婚式をしたい度をアピール!!私は、会場をほめたり、友達の結婚式で来て、ここが良かったなどと言って最終的にお金の話になったときにほかで行った見積もりの金額を少し話すと値段を下げたりしてくれますよ。それで私は挙式代も半額になったし、みんなのフリードリンク代が一人500円になったし、キャンドルサービスも無料で入れてくれたし料理も一人当たり5000円位、割り引いてくれました。挙式の後のガーデンで行う時のドリンクは披露宴とは別だったけど、それも無料で出してもらったしエンディングロール生い立ちのビデオなども無料で入れてくれました。しかもウェルカムボードに使った二人の大きなポスターも無料で作ってくれて、貧乏だったけどケチケチせずに料理のランクもかなりあげれたし来てくれた方には、かなり満足してもらえました。 この節約術のURL

貸衣装でドレスを借りると20-30万かかりますが、白のチヤィナドレスを自分で着ると着付け代いらなかったです。披露宴がおわったら、着たまま2次会へ、すぐいけました。ドレス借りると20-30万、チャイナドレス買っても4-5万もしないですよ。これとても安上がり、印象ものこります。ぜひおすすめですよ。 この節約術のURL

ペーパーアイテムを会場に頼むと、最低でも1人分で1000円かかるため、最初の段階で作ることを決め、見積りから省いてもらいました。
自分でいろいろなウェディング関係のHPを見て勉強し、ほぼ手作りのペーパーアイテムを作りました。自分で作ることで、席次表にデコレーションをしたりとオリジナリティーも出せました。パソコンとプリンターがあれば、他の方たちのサイトなどで勉強でき、ほどんどのものが作れることが分かり、とにかく手作りできそうなものは徹底して作るように頑張りました。ゲストの方々にも好評でした。
この節約術のURL

<<  97  98  99  100  101  102  103  104  105  106  >>

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話