投稿者:スタン
節約術そのイチ

まずは式場選び、季節、時期などにより、どこの式場もキャンペーンをおこなっており、場合によっては半額近いところもあります。
探すためには、各雑誌、実際式場の見学などetc

式場が確定したら。人数・披露宴の内容などで総額費用の見積もりを
良く確認する。

特に節約できるのは、食事5000くらいの差であれば、そんなに大きな食事内容の差は、無いと思われ、招待客からも不満足の声もあがりません。

次に引き出物・引き菓子・どこ式場でも持ち込み可のところが増えてきていると思います。引き菓子は難しい場合もありますが、引きで物これが一番コストがかかります。持ち込み料金は1個350円くらいから、なにも全て式場でまかなわなければいけないわけではありません。

衣装・引き出物その他全て、都民共済・県民共済に加入していると式場はもとより全てが格安で購入・借りることができますのでまずは共済の結婚情報センターに確認してください。

座席表・席札・メニューなどは自分で作成、花も持ち込み可ナオところがありますので、手作りでできるところはなるべく手作りでおこなうこと。

あとは、来客者一人当たりの単価が概ねでますので、人数の調整をしてください、少なくても最低料金はかかりますので、70〜80名以上くらいが損益分岐店だと思います。

最後に税金、サービス料などかなり出費がかさみますので考慮して総額を積算してください。

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話