席札、メニュー、ウェルカムボード、自分で作れるものは全て作成!
一度しか使わないようなもの(特にレンタルできない衣装、新郎手袋、シャツ、新婦ドレス用下着、靴など)はできる限りまわりから借りました。
また、披露宴にかかる費用は本当にそこまでお金を掛ける必要があるものなのかどうか、プランナーの方によく伺い、こちらが節約したい旨を最初に伝えてよく理解してもらうとプランナーの方も協力してくれてよいアドバイスをくれます。
それから、遠方の親戚用の宿泊などは、会社の福利厚生を利用して割安で予約!普段あまり気にする事のない福利厚生ですが、調べてみると以外と色々なお得があるものです。
あとは支払いは全てカードで!直接の節約には繋がらないもののポイントがついて後々商品券やマイルに変えられます。
ちりも積もれば山となる…小さな節約でもそれを重ねる事で私はかなりの節約となりました。ゲストの方に関わる事(お料理やサービルなど)はケチらず、自分に関わるところ(衣装や演出など)は節約!これで、私達の場合、来て頂いた方が予想する総額と実際にかかった総額は200万円以上差がありました。ゲストには「お金かかってるんだろうなぁ〜」と見えても見えないところで節約、お金を掛けずに満足な結婚式ができました!

節約術一覧おすすめ節約術節約術投稿

本当にあった結婚式の話